この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

UNDERCOVERISM Less but Better. (e-MOOK) 大型本 – 2010/1/16


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,468


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 大型本: 80ページ
  • 出版社: 宝島社 (2010/1/16)
  • ISBN-10: 4796676260
  • ISBN-13: 978-4796676267
  • 発売日: 2010/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 29.8 x 23.8 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 892,317位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 内藤ホライゾン 投稿日 2010/1/18
形式: 大型本
アンダーカバー初のムック本です。
内容は

・GRACE 子羊たちのララバイ のフォト集
・10SSコレクションメンズショーの全ルック。
・10SSコレクションの150アイテムの紹介。
・ムック本限定アイテムの紹介などなど

付録は
・ショルダーバッグ
縦32.5
横38
マチ11
ショルダー86 cm
の大きさで、中国製。マジックテープで口を閉じれるようになっています。
この手のムック本に良くあるチープな作りで、期待はしない方が良いです。

・特製ポスター
GRACE 子羊たちのララバイ のフォトから一枚です。
大きさは本誌、四冊分くらいです。

正直なところ、予想以上に文字量が少なく、
もっとコレクションや服作り関してのデザイナーや関係者からのメッセージが欲しかったです。
ZOZO出店に関するインタビュー記事も内容が少なすぎて、不満です。
このあたりはデザイナー本人のブログにて補完して欲しいとのメッセージなのでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふとん 投稿日 2010/1/20
形式: 大型本 Amazonで購入
実は僕自身はUNDERCOVERの服自体にあまり興味は無いのですが、デザイナーである高橋 盾氏の幻想的な写真集「GRACE」は以前から気になっていました。
しかし値段が15,000円以上とお高い。それがこの値段で見られるなら、と購入。
本誌のGRACEは「子羊たちのララバイ」という副題がついているように、メンズの服を使った新作です。
この新作だけで全体の1/3ほどを占めており、写真集としても見ごたえのあるものになっています。
わざわざ俳優の浅野忠信氏を起用するあたりに、単なるオマケ目当てのカタログブックにはしない、というブランド側の良心を見ました。それにしても浅野さん、いい味出してるなあ^^;

残り2/3はピッティで発表されたメンズ春夏の新作シュート、カタログ及び対談集というところですね。
オマケのためまるで期待していなかったざっくりとした感じのショルダーバッグは、A4の本も入る大きさでマチも広く、マジックテープで簡単に閉じられることもあり意外に使えます。
近所へのお出かけならこれで充分かもしれません。

自分的には満足できる内容のものでした。
今はUNDERCOVERの服は買わなくとも、アクセくらいは買ってみようか、という気になっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ピート 投稿日 2010/4/5
形式: 大型本
あれほどネット販売、通販など一般的には当たり前に行っている販売方法を頑に断って来たブランド「アンダーカバー」
いわゆる、ブランドとは距離を置く(強いポリシーを持つ)ブランドがまさかのMOOK販売!
同時期に大手通販サイトzozoでの販売開始!

色々憶測が呼んでいるブランドだが、どうやら経済的な理由が大きいようだ、販路を広げてより多くの人へ届けたい
昔からのファンはどう思うだろうか?
デザイナー高橋盾氏の反骨精神も年と共に消えて行く
自分の周りではこのMOOKで大きく2つに分かれた

1つは買いやすさを求め喜ぶ者

もう1つは
MOOKの内容の薄さ(コレクションをただ写真で陳列するというオリジナルとはほど遠い作り)、おまけのバックの粗悪さ
過去このブランドが一番否定したことである行為!
嫌気をさしブランドから離れるもの

ここ数シーズン勢いが落ちてきているのはいなめない、ファンをもう一度掴む為に何かしらの策略が必要だ
ファンの一人としてこのブランドに期待している
APEのようにだらだらとMOOKを続け、お金儲けの手段として割り切るのもいい
ただ、ギャルソン方向を目指したいなら(あと10年は続くブ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック