数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Two & Three Part Inventions & Sinfonias CD, Import


価格: ¥ 1,832 通常配送無料 詳細
通常4~6週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 826より 中古品の出品:5¥ 480より

デジタルミュージックストア
読書に最適なクラシック25曲入り100円コンピレーションほか、 クラシックの名盤も取り揃えたクラシックストアはこちら。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア をチェック。


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Two & Three Part Inventions & Sinfonias + Bach: Goldberg Variations, Bwv 988 (1955) + Goldberg Variations (1981 Version)
合計価格: ¥ 3,844

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 作曲: Johann Sebastian Bach
  • CD (2006/6/13)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B000F5FPZA
  • EAN: 0828767876627
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 490,592位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. Invention No. 1 in C Major, BWV 772
2. Sinfonia No. 1 in C Major, BWV 787
3. Invention No. 2 in C minor, BWV 773
4. Sinfonia No. 2 in C minor, BWV 788
5. Invention No. 5 in E-flat Major, BVW 776
6. Sinfonia No. 5 in E-flat Major, BWV 791
7. Invention No. 14 in B-flat Major, BWV 785
8. Sinfonia No. 14 in B-flat Major, BWV 800
9. Invention No. 11 in G minor, BWV 782
10. Sinfonia No. 11 in G minor, BWV 797
11. Invention No. 10 in G Major, BVW 781
12. Sinfonia No. 10 in G Major, BWV 796
13. Invention No. 15 in B minor, BWV 786
14. Sinfonia No. 15 in B minor, BWV 801
15. Invention No. 7 in E minor, BWV 778
16. Sinfonia No. 7 in E minor, BWV 793
17. Invention No. 6 in E Major, BWV 777
18. Sinfonia No. 6 in E Major, BWV 792
19. Invention No. 13 in A minor, BWV 784
20. Sinfonia No. 13 in A minor, BWV 799
全36曲を見る

商品の説明

Amazonレビュー

This new reissue of Glenn Gould's recording of Bach's Inventions enshrines one of his finest ventures into the work of the composer with whom Gould is indelibly identified. In the hands of most other keyboard artists these miniatures sound like student exercises, but Gould gives each one an individual profile, finding more to savor. As always with Gould, you'll notice details and secondary accompaniments often buried in a welter of notes. But you'll also find charm, as in the Sixth Invention; introspection, as in several of the Sinfonias, and lightening finger work, each note precisely articulated. The net result is a vivacity and listenability not always associated with these pieces. Gould's reading of the Sinfonia No. 9, played with spare beauty, is, like so much else here, very special for the intimacy it evokes. Fillers include some previously unreleased Sinfonias and unedited takes from the recording sessions that illustrate the pianist's perfectionism. Perhaps best of all, the remastered sound is much better than that on previous issues of the disc. --Dan Davis

Product Description


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/2
形式: CD
1964年3月18・19日録音。1→2→5→14→11→10→15→7→6→13→12→3→4→8→9の順に演奏されている。これは言ってみればハ長調・ハ短調で始まり、ヘ長調・ヘ短調で終わるという試みである。

演奏の前にグールドがこだわったのはピアノである。デビュー以前からグールドが愛用していたのはシムコー湖畔の別荘にあった1895年ボストン製のチッカリングだった。このチッカリングというピアノはハープシコードに限りなく近い触感と即時性を持ち、キーの沈みとアフタータッチとの間に微妙な均衡があったと言われている。この『触感』にグールドは生涯こだわる。1955年1月にデビューした時はニューヨークでスタインウェイCD174に惚れていた。グールドはCD174にあの『触感』を蘇らせようと鍵盤の表面をざらざらにしキーの沈みを浅くした。苦労して作ったこのピアノは1957年3月運送業者のミスで破損、1960年地元トロントのイートン・オーディトリアムに置いてあった1938年製のCD318に到達する。このピアノが本作に用いられているピアノである。

このレコーディングは実は1963年9月18日にスタートしたのだが、グールドがその『触感』が気に入らずピアノの調整を続け、6ヶ月後の1964年3月18・19日録音となったのだ。

これほどのこだわりを
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anonymous4 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2011/10/29
形式: CD
ギシギシいうイス、変な音を立てるピアノアクション、知らない人が夜中に聴いたらトイレに行けなくなる鼻歌・・・ 
語り尽くされていますが、名盤です。
また国内盤 よりずっとお得です。

インヴェンションがただの練習曲ではないことを、世界に知らしめた演奏です。
特に三声は平均律にも劣らない傑作ぞろいです。
二声は、形式上の制限から、さすがのバッハでもそれほど傑作ばかりとはいえないので、平均律の「前奏曲とフーガ」のように、同番号の二声と三声を一組に並べ、独特の順番にしたグールドの判断は良いと思います。
(インヴェンションとシンフォニアの評価が低
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/2/19
形式: CD
1964年3月18・19日録音。1→2→5→14→11→10→15→7→6→13→12→3→4→8→9の順に演奏されている。これは言ってみればハ長調・ハ短調で始まり、ヘ長調・ヘ短調で終わるという試みである。

演奏の前にグールドがこだわったのはピアノである。デビュー以前からグールドが愛用していたのはシムコー湖畔の別荘にあった1895年ボストン製のチッカリングだった。このチッカリングというピアノはハープシコードに限りなく近い触感と即時性を持ち、キーの沈みとアフタータッチとの間に微妙な均衡があったと言われている。この『触感』にグールドは生涯こだわる。1955年1月にデビューした時はニューヨークでスタインウェイCD174に惚れていた。グールドはCD174にあの『触感』を蘇らせようと鍵盤の表面をざらざらにしキーの沈みを浅くした。苦労して作ったこのピアノは1957年3月運送業者のミスで破損、1960年地元トロントのイートン・オーディトリアムに置いてあった1938年製のCD318に到達する。このピアノが本作に用いられているピアノである。

このレコーディングは実は1963年9月18日にスタートしたのだが、グールドがその『触感』が気に入らずピアノの調整を続け、6ヶ月後の1964年3月18・19日録音となったのだ。

これほどのこだわりを
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: CD Amazonで購入
前々から欲しかった一枚で満足です。
が、新品のはずなのに、ケースには傷が・・・これは本当に新品でしょうか?まあ、あまり細かい事は気にしないし、返品も面倒なのでそのまま受け取ることにしましたが、ちょっと納得いきません。
安いからしかたがないのかなあ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック