数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Transformation (Stravinsky/Scarlatti/Brahms/Ravel) CD, Import


価格: ¥ 1,585 通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:17¥ 1,154より 中古品の出品:4¥ 1,085より

【最大55%OFF】ミュージック 冬のセール (2015/1/5まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大55%OFF!国内盤バーゲン【輸入盤】どれでも3点で10%OFF【NOT NOW MUSIC 輸入盤セール】【ALL991円】売れ筋輸入盤ミュージックブルーレイ&DVDセール 最大70%OFF (2015/1/29まで)| ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。


Amazon の ユジャ・ワン ストア

ミュージック

ユジャ・ワンのアルバムの画像

写真

ユジャ・ワン点の画像

動画

Yuja Wang plays and discusses her new recording
ユジャ・ワンのAmazonアーティストストア
13 点のアルバム, 20点の写真, 動画、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Transformation (Stravinsky/Scarlatti/Brahms/Ravel) + Fantasia + Sonatas & Etudes
合計価格: ¥ 5,918

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/4/13)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Deutsche Grammophon
  • 収録時間: 58 分
  • ASIN: B0035F0MTG
  • EAN: 0028947787952
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 33,478位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. Danse russe
2. Chez Pétrouchka
3. La semaine grasse
4. Scarlatti: Sonata in E, K 380
5. Brahms: Variations on a Theme by Paganini, op. 35
6. Scarlatti: Sonata in f minor, K 466
7. Ravel: la Valse (Poème Choréographique)

商品の説明

内容紹介

The young pianist Yuja Wang has already made quite a name for herself in a very limited period of time. Her debut recording on Deutsche Grammophon was a critical and popular success and even earned Yuja a Grammy® nomination. On the heels of this impressive debut, Yuja returns with Transformation which categorically demonstrates that she is a young master of the Steinway. This all-new recital highlights Yuja's penchant for piecing together high concept programs the public adores with no shortage of technical brilliance. This exciting program includes some of the most electrifying and demanding works in the solo piano repertoire.

Product Description

The young pianist Yuja Wang has already made quite a name for herself in a very limited period of time. Her debut recording on Deutsche Grammophon was a critical and popular success and even earned Yuja a Grammyョ nomination. On the heels of this impressive debut, Yuja returns with Transformation which categorically demonstrates that she is a young master of the Steinway. This all-new recital highlights Yuja's penchant for piecing together high concept programs the public adores with no shortage of technical brilliance. This exciting program includes some of the most electrifying and demanding works in the solo piano repertoire.

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 グルだ、あるゲリッチ 投稿日 2011/3/28
形式: CD
【魅せられました】
 はじめのペトルーシカから終曲のラ・ヴァルスまで一気に聴きいて息をつく暇もありませんでした。
あっという間の出来事でした。一音一音に惹かれます。ポリーニのペトルーシカと聴き比べて、全く違う
表現だということはわかりますが、でも優劣はわかりません。ポリーニは和音の響きが多彩で美しく、
ワンさんは一つ一つのタッチが粒立ち輝くようです。どちらも好きです。

【アルバムの構成がストーリー】
 ペトルーシカ、スカルラッティーに続いて、パガニーニの主題による変奏曲が27曲が(・・・私にとってちょと苦手な曲ですが、ワンさんがぐいぐい引っ張ってくれて見解が少し変わりました)こんなにおもしろい曲だとは知りませんでした。続いてスカルラッティー。終曲がラ・ヴァルス。これは締めくくりにふさわしく華やかで気分の高揚を喚起しながら終わります。どこを聞いても心が熱くなりますが、前半と後半に配置されたスカルティーが過熱を防いでくれています。

【ワンさんの音楽性】
 私なりに想像してみました。彼女ほど指の回るピアニストはそんなにいないでしょう。でも、演奏は決して速くないのです。ポリーニのペトルーシカと比べると、同じかやや遅め。軽やかなタッチ、ときに鋭く、ときにソフトに。回る指を駆使しして表現の幅
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kmax トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/5/23
形式: CD Amazonで購入
北京発米国経由、驚異の超新星ユジャ・ワンの二作目。スタインウェイ・ピアノ独奏による全5曲33トラック、演奏時間58分25秒。収録作品はストラヴィンスキーとラヴェルが管弦楽版からの、スカルラッティがチェンバロ曲からのピアノ編曲で、ブラームスはパガニーニの主題による変奏曲という捻った選曲。このコンセプトはアルバムタイトル(Transformation=変容)に重ねられ、またブックレットにはさらなる深読みを誘うキーワードが添えられる。

昨年発売のデビュー作は彼女の卓越した技巧を印象づける選曲で、演奏も驚くべきものだったが、個人的な好みと相容れなかった。にもかかわらず本作を予約購入したのは、TVで放映されたヴェルビエ音楽祭での演奏に惹かれたため。ビジュアル面もさることながら、柔軟な四肢を駆使した変幻自在の表現、特にペダルに頼らないレガートには強い印象を受けた。流石はゲイリー・グラフマンの門下生である。

収録作はどれも魅力的。冒頭の「ペトルーシュカからの三楽章」はきわめつけの難曲だが、ワンの指はまるでウォームアップのように軽やかに動く。スカルラッティにもポゴレリチとは別の煌めきがある。そして圧巻は、掉尾を飾るラヴェル作「ラ・ヴァルス」。冒頭、暗い森の下生えのようにうごめく音の連なりが不安げな舞曲に形を変え、やがて巨大な打ち上げ花火のように炸裂する様
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer トップ500レビュアー 投稿日 2012/6/24
形式: CD Amazonで購入
前アルバム「ソナタ&エチュード」でも感じたことだが、彼女は難曲であっても見事なまでに譜面通りに正確無比な演奏を行える技量を持っている。
前アルバムでは正確無比さは感じられたが、ユジャ・ワンの演奏を聴く理由は何かという点があまり明確でなかった。
上手なことは認めるが、それ以上の彼女ならではの何か、があまり感じられなかった。

本アルバムは前アルバムよりもマイナーな曲を集めているが、おかげで逆に彼女の求める演奏がどのようなものなのか見極めるのに良い作りになっている。

怒涛のように並ぶ音符を正確無比の技量で刻み上げながら、音の輝きで美しさを放つ。
確かに演奏に演奏者特有の譜面読みによる「間」や「癖」を求める人には向かないと思う。

しかし、彼女は初めからそういう方向性を目指してはいないのであろう。
パッとしない曲すら輝く音で煌かせる。それが彼女の演奏である。

このアルバムを一聴して気に入ったなら彼女のファンになれると思う。
これまでの演奏家とは趣を異にするが、私は結構好きである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yuko 投稿日 2013/6/24
形式: CD Amazonで購入
・・・・買いました。
なので実際は、もっと迫力があります。

ラ・ヴァルス・・・音が噴き出してくるような感覚を覚えました。
とにかく複数でで弾いているのでは・・・と思うほど。

CDなのに、聞き終わるといつも拍手をしている自分がいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック