Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
A Theory of Freedom: From the Psychology to the Politics of Agency
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

A Theory of Freedom: From the Psychology to the Politics of Agency [ペーパーバック]

Philip Pettit


出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー --  
ペーパーバック --  

商品の説明

内容紹介

In this short yet ambitious work, Philip Pettit offers a single, unified, and overarching theory of freedom. A puzzling topic, freedom extends from the individual and the metaphysical (i.e. free will) to the social and the political, yet a theory connecting these two realms has yet to be devised. In an elegant, accessible manner, Pettit presents a survey of available theories of freedom, then develops his own--one that manages to straddle the personal and political spheres. The view he develops--which includes the seemingly paradoxical notion that we are free to the extent that we are capable of being held responsible--will make this pioneering book highly important to a wide range of philosophers.

登録情報


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
We saw in the Introduction that the language of freedom applies on the side of agency - the principal focus in this book - and on the side of the environment where agency is exercised. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
ARRAY(0xb5cd6c24)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック