Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
The Politics of Cultural Capital: China's Quest for a Nobel Prize in Literature
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

The Politics of Cultural Capital: China's Quest for a Nobel Prize in Literature [ペーパーバック]

Julia Lovell

価格: ¥ 3,830 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー --  
ペーパーバック ¥ 3,830  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


商品の説明

内容紹介

In the 1980s, China's politicians, writers, and academics began to raise an increasingly urgent question: why had a Chinese writer never won a Nobel Prize for literature? Promoted to the level of official policy issue and national complex, Nobel anxiety generated articles, conferences, and official delegations to Sweden. Exiled writer Gao Xingjian's win in 2000 failed to satisfactorily end the matter, and the controversy surrounding the Nobel committee's choice has continued to simmer. Julia Lovell's comprehensive study of China's obsession spans the twentieth century and taps directly into the key themes of modern Chinese culture: national identity, international status, and the relationship between intellectuals and politics. The intellectual preoccupation with the Nobel literature prize expresses tensions inherent in China's move toward a global culture after the collapse of the Confucian world-view at the start of the twentieth century, and particularly since China's re-entry into the world economy in the post-Mao era. Attitudes toward the prize reveal the same contradictory mix of admiration, resentment, and anxiety that intellectuals and writers have long felt toward Western values as they struggled to shape a modern Chinese identity. In short, the Nobel complex reveals the pressure points in an intellectual community not entirely sure of itself. Making use of extensive original research, including interviews with leading contemporary Chinese authors and critics, "The Politics of Cultural Capital" is a comprehensive, up-to-date treatment of an issue that cuts to the heart of modern and contemporary Chinese thought and culture. It will be essential reading for scholars of modern Chinese literature and culture, globalization, post-colonialism, and comparative and world literature.

著者について

Julia Lovell is research fellow in Chinese literature and history at Queen's College, Cambridge.

登録情報

  • ペーパーバック: 248ページ
  • 出版社: Univ of Hawaii Pr (2006/04)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0824830180
  • ISBN-13: 978-0824830182
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 1.6 x 15.1 x 22.2 cm
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック