Amazon Kindleでは、 The Long Tail をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
The Long Tail: Why the Future of Business is Selling Less of More
 
 
1分以内にKindleで The Long Tail をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

The Long Tail: Why the Future of Business is Selling Less of More [ハードカバー]

Chris Anderson
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,163 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 537 (20%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品には新版があります:
The Long Tail (Smartercomics) The Long Tail (Smartercomics)
現在お取り扱いできません

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容紹介

What happens when the bottlenecks that stand between supply and demand in our culture go away and everything becomes available to everyone?

"The Long Tail" is a powerful new force in our economy: the rise of the niche. As the cost of reaching consumers drops dramatically, our markets are shifting from a one-size-fits-all model of mass appeal to one of unlimited variety for unique tastes. From supermarket shelves to advertising agencies, the ability to offer vast choice is changing everything, and causing us to rethink where our markets lie and how to get to them. Unlimited selection is revealing truths about what consumers want and how they want to get it, from DVDs at Netflix to songs on iTunes to advertising on Google.

However, this is not just a virtue of online marketplaces; it is an example of an entirely new economic model for business, one that is just beginning to show its power. After a century of obsessing over the few products at the head of the demand curve, the new economics of distribution allow us to turn our focus to the many more products in the tail, which collectively can create a new market as big as the one we already know.

The Long Tail is really about the economics of abundance. New efficiencies in distribution, manufacturing, and marketing are essentially resetting the definition of what's commercially viable across the board. If the 20th century was about hits, the 21st will be equally about niches.

レビュー

"The Long Tail has helped to reinterpret our world" The Times "A smart, timely and oddly inspiring book" Time Out "Snappily argued and thought-provoking" New Yorker --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

登録情報

  • ハードカバー: 256ページ
  • 出版社: Hyperion (2006/7/11)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 1401302378
  • ISBN-13: 978-1401302375
  • 発売日: 2006/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 6.3 x 9.1 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 163,328位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By voodootalk 殿堂入りレビュアー トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:ペーパーバック
オリジナルは2006年リリース。邦訳・アップデートは2009年7月20日リリース。アップデート前の初版は2006年9月の刊行だったが、アップデートでは全体の加筆修正、及び新たにマーケティングに関する15章と補遺が加わっている。

結論から言うとこの本は経済学・IT双方の面で画期的な一冊だ。筆者クリス・アンダーソンはネイチャー誌→サイエンス誌→英エコノミスト誌→ワイアード誌(ちなみに2001年)と渡り歩いてきた人物なのだが、特に経済学の素養が非常にあるのを読んでいて感じた。そして現在の経済学において欠落している部分、つまり『ロングテール』と『フリー』を詳細に検証し論じてきた。その行動と論旨は、実体経済を見もしないで頭の中だけで考えている現在のシカゴ派やミルトン・フリードマンの対極にいる。まさしく編集者らしく正しく市場を見ていると思う。

クリス・アンダーソンがここで書いているとおり、ロングテール市場には消費者・集積者・生産者という3つのタイプの人がいる。そして『蟻はメガホンを手に入れた』状態なのだと思う。この状況はこれからますます『フリー』になるのだろう。この人の出す本はこれからも決して見逃すことができない。そう思った。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:ペーパーバック
・市場は金持ち相手だけのものではない。ネットの登場で、競争は市場の完全制覇まで終わらない。20対80の法則で押さえられてない市場で、今や争奪戦が繰り広ろげられている。

・ネットが需要側と供給側の距離を縮めた結果、市場が大きく拡大した。今やパーフェクトな市場占有も可能となる時代になった。

・今まで、非効率と見放されてきた低所得者市場、遠隔地や開発途上国でさえもネットが繋がれば販売が可能となった。まさにユビキタスな市場の拡大である。

・この本は20対80の法則のような過去の概念では捉えられない市場開拓がすでにネットを通じて実現していることを述べている。

・我々の頭も「2.0」に切り替えが必要である。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:ハードカバー
「ウェブ進化論」でも紹介されていたロングテールと言う言葉を、2004年秋に送り出したクリス・アンダーソンの本。英語は平易だが、Netflix やアメリカの現在の音楽シーンを知らない人間には、知らない会社やミュージシャンも出てきてついていけない箇所もある(私には知らない言葉が多かったが、本筋にはあまり関係ないので読み飛ばせばよい)。

2割の商品数で8割の売上を稼ぐ従来のメガヒット路線から、ニッチなところで数をこなす新しい市場への転換を説明。在庫管理費用がかからず、ネットで消費者に直接認知させる方法が発達し、経済の仕組みの構造変化が起きていることを、易しく説いている。

シアーズ・ローバックが、19世紀の終わりに農民向けのカタログ販売から出発した会社で、発送商品の在庫管理の効率化では最先端をいっていたことや、1920年頃にアメリカの都市部の人口が農村部の人口を上回る構造変化に対応して、都市部のスーパーマーケットに業態転換した歴史は、興味深い。

超新星爆発からのニュートリノを日本のカミオカンデが検知した話から、超新星の観測にアマチュア天文家が必要な状況を説明し、興味を引きながら読ませる腕は、さすが技術誌の編集をやっていた人らしい。

ロングテール現象を見つけただけでなく、その意味を解き明かしている。英語の易しさと分量からいって、大学生くらいからさらっと読めるお勧めの本だ。
このレビューは参考になりましたか?
この商品のレビューをもっとご覧になりますか?
これらのレビューは参考になりましたか?   ご意見はクチコミでお聞かせください。
ARRAY(0xa6e1281c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック