Amazon Kindleでは、 The Glass Castle: A Memoir をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 2,770
  • 参考価格: ¥ 2,838
  • OFF: ¥ 68 (2%)
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
The Glass Castle: A Memoi... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The Glass Castle: A Memoir (英語) 図書館 – 2008/5/9


15個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,181
図書館, 2008/5/9
¥ 2,770
¥ 2,770
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 864
CD, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 2,441


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容紹介

Jeannette Walls grew up with parents whose ideals and stubborn nonconformity were both their curse and their salvation. Rex and Rose Mary Walls had four children. In the beginning, they lived like nomads, moving among Southwest desert towns, camping in the mountains. Rex was a charismatic, brilliant man who, when sober, captured his children’s imagination, teaching them physics, geology, and above all, how to embrace life fearlessly. Rose Mary, who painted and wrote and couldn’t stand the responsibility of providing for her family, called herself an “excitement addict.” Cooking a meal that would be consumed in fifteen minutes had no appeal when she could make a painting that might last forever.

Later, when the money ran out, or the romance of the wandering life faded, the Walls retreated to the dismal West Virginia mining town—and the family—Rex Walls had done everything he could to escape. He drank. He stole the grocery money and disappeared for days. As the dysfunction of the family escalated, Jeannette and her brother and sisters had to fend for themselves, supporting one another as they weathered their parents’ betrayals and, finally, found the resources and will to leave home.

What is so astonishing about Jeannette Walls is not just that she had the guts and tenacity and intelligence to get out, but that she describes her parents with such deep affection and generosity. Hers is a story of triumph against all odds, but also a tender, moving tale of unconditional love in a family that despite its profound flaws gave her the fiery determination to carve out a successful life on her own terms.

For two decades, Jeannette Walls hid her roots. Now she tells her own story. A regular contributor to MSNBC.com, she lives in New York and Long Island and is married to the writer John Taylor. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

レビュー

"Walls has joined the company of writers such as Mary Karr and Frank McCourt who have been able to transform their sad memories into fine art." -- People

The Glass Castle is nothing short of spectacular." -- Entertainment Weekly

Memoirs are our modern fairy tales.... The autobiographer is faced with the daunting challenge of attempting to understand, forgive, and even love the witch.... Readers will marvel at the intelligence and resilience of the Walls kids." -- Francine Prose, The New York Times Book Review, front page --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 図書館: 288ページ
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 1435271416
  • ISBN-13: 978-1435271418
  • 発売日: 2008/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 2.5 x 13.3 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 んでる 投稿日 2006/2/20
形式: ハードカバー
作者は、MSNBCのゴシップコラムニスト。ブリトニー・スピアーズからマイケル・ジャクソンまで、有名人がファンに知られたくない秘密を暴く。だが皮肉なことに、彼女自身には、二十年以上隠してきた秘密があった。パークアベニューの瀟洒なアパートに住む彼女の両親は、セントラルパークのベンチで夜を過ごすホームレスだった。

物語は、三歳の彼女の記憶から穏やかな生活を手に入れる現在に至る四十年にわたる自伝。一ページとしてあたりまえで予想通りの展開は、ない。これがフィクションであったら、もしかしたら、ページを繰る手が止まらなくなるのかもしれない。だが、これがある女性の成長の過程だとおもうと、胸が苦しくなって、何度もページをめくれなくなった。

日本人にはまったく知られていないアメリカの姿が克明に、そして明瞭で美しい英語で書きつくされている。何度もわいてくる涙を飲み込んだとたん、とつぜん発作のように爆笑させられた。読みはじめて少しのあいだ、この本は本人じゃなくて、彼女の夫(作家)が書いたんじゃないか?と何度も疑ってしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Lotus VINE メンバー 投稿日 2007/1/30
形式: ペーパーバック
とてもよかったです。感動しました。
お奨めします。

これほどまでに過酷な環境で育つ筆者はじめ兄弟姉妹たち。

父親は、頭がよく、子ども達に想像性を与え、哲学も語るカリスマ性のある人ですが、
お酒を飲むとどうしようもないのです。
何日も家に帰ってこないし、仕事は長続きしないし、喧嘩もするし、
子ども達の貯めていたお小遣いも持って行ってしまいます。

母親は、画家であり、作家であり、自由な精神の持ち主であり、教師の資格も持っています。
しかし、子ども達をきちんと養うという責任感がまったくありません。
父親同様、教師の職についても長続きしません。

途中、あまりの環境に憤りさえ感じていた私ですが、
最後の頃になると、家族というものをじっくりと考えさせられ、泣きました。

私は、
子ども達にクリスマスプレゼントを買ってやれない父親が、
それぞれに星を1つずつプレゼントするところが好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サラSarah 投稿日 2006/11/5
形式: ペーパーバック
圧倒的な生命力を感じる本です。

著者は、MSNBCへのコントリビューターとして活躍しているJeannette Walls。彼女の自叙伝です。

圧倒的な「現実」の話。「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、実際の「人生」というのは小説なんかよりよっぽどタフなんだな・・・と思う。

とにかく、貧しくて、全く頼りにならない両親。子供のを世話をしないだけではなく、挙句の果てには「子供がためたお金」までお酒に使ってしまう父。

何から何まで、全てを自分達で成し遂げる著者を含めた子供たちのたくましいこと!!といったらない。

この本の素晴らしいところは、「どん底」の生活をしているにもかかわらず、そこにいつもウィットがあるところ。著者を含めた子供たちの「知性」。

あまりにも無責任で勝手な親達への怒りは読者である私のほうが、著者よりも強いのかもしれない。彼女自身と両親にはそれでもなお、「家族としての絆」があり、そこには必然と「愛」があるのだからまたやるせない。

どんな境遇にいても、「強くたくましく」生きることの大切さを教えてくれる素晴らしい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 エンドム 投稿日 2009/2/2
形式: ペーパーバック
空港の売店で最初のページを立ち読みした時から
作品の世界に引き込まれた。
飛行機に乗るとすぐに読みはじめ、ホノルルから東京そして千歳空港へと
夢中で読んでしまった。
魅力的で非現実的で反社会的な親達の言動
4人の子供達は、貧困、空腹の中で同世代から排除されながら成長する。
極貧の生活の中に
宝物のようなエピソードが輝く。
父親からプレゼントとして夜空の星をもらったこと。
移動の途中で砂漠での野宿したこと。

それにしてもこんなに無責任な親はいないよねーとあきれながらも
両親の知的でウィットにとんだ言葉
自分をそのままで肯定する考え方
に読みながら泣き笑い。

読み終わったあと 胸にジーンと残る
久々に読んだ素晴らしい本。
これは読まなくちゃ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック