この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Theかぼちゃワインsequel コミック – 2006/10/15


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 979


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 219ページ
  • 出版社: 青林堂 (2006/10/15)
  • ISBN-10: 4792603978
  • ISBN-13: 978-4792603977
  • 発売日: 2006/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 wani 投稿日 2013/4/8
形式: コミック Amazonで購入
マンガではなく、旧作をTVで見ていたときは時は、自分が小学生の時でした。その当時、内容はよく覚えていませんでしたが、小さくても強い男に、彼女にするならエルちゃんみたいな、一途で背の高い女性をとおぼろながらに思っていました。そして自分は、大人になり今現在結婚していますが、その時の思いは今もあります。最近、あらためて、アニメ、コミックを見ました。とても純粋に感動しました。とても良い作品だと思いました。自分は男性なので特に、エルちゃんの一途さがとても純粋でかわいらしく思いました。良い音楽、TV、マンガ、などは、自分や、人間にとって凄い影響があるものだと思います。この作品のみなさんの悪い評価を前から見ていたのでずっと読むのをやめようと思っていたのですが、この度、購入して読みました。とても悲しい気持ちになりました。春助に、男一匹を名乗るからには、約束は守り、男らしく寛大な心で彼女を受け入れる器量、がほしかったなと思います。男だからこそ二人で家業も継いでほしかったと思いました。マンガに文句をいっても仕方ないですが、この本は読まない事をおすすめします。とても後悔しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 フェルセティ 投稿日 2007/3/17
形式: コミック
ラブコメの王道と言われた古きアニメ「Theかぼちゃワイン」の原作漫画のおまけ編。

時代が進み、ヒロインのエルは当時よりも少しばかり賢く(大人思考に)なっているが、性格と行動パターンは当時と同じく純情なまま。

例によって、事件発生→誤解→誤解を解く→更に愛が深まるというお決まりの展開なのは、恋愛が進行する上での現実の姿だろうからまあ良いのだが、問題はラスト。

最終話で、原作では学生ゆえに先送りになっていた「結婚」の話が、現実の物として持ち上がり、展開は一気に進むのだが・・・

ヒーローの春助が、エル(正確には彼女の友人)の策略に気づいて、小規模な破局を迎え、そのままエンドとなってしまう。

まあ、二人らしい展開と言えばそうなのだが。

ただ個人的には。

これが最終話(になるであろう)である以上、春助には最後に1段階成長してもらって、騙されて与えられた幸せでも許容するくらいの寛容さが身についた男にして、そのまま「ゴールイン」してほしかった。

それでこそ、常日頃から春助が言う「男」の度量なんじゃないかと(私個人は)思うわけであり、それができなかったゆえに、不完全燃焼なエンドになっている思うのだが。

...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 名無し 投稿日 2013/3/26
形式: コミック
はっきり言って、最終話で墓穴を掘っただけの駄作。作者は絵は凄いのに話の作り方が雑すぎるのでは?
ある意味、友達にも彼女(エル)にも恵まれない春助が可哀想だと思うのは私だけでしょうか?
下らない嘘のためによってたかって追い詰められる姿は読んでいて気持ちのいいものではありませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 パンプキンワイン。 投稿日 2007/7/30
形式: コミック
エルちゃんとシュンスケ君の顔が全然かわいくありません。
大人になったからというのもあるかも知れませんがもう少しどうにか
ならなかったのでしょうか・・
結婚できなかったのは残念ですが、あんな策略で結婚して欲しくないと個人的に
思いました。続編が出てもまたあと少しのところで結婚できそうになるけど結局は
結婚することはないような気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック