Amazon Kindleでは、 The Technological Unemployment and Structural Unemploymen... をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The Technological Unemployment and Structural Unemployment Debates (Contributions in Economics and Economic History) (英語) ハードカバー – 1996/7/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 15,182 ¥ 88,183



商品の説明

レビュー

?Economists have generally been optimistic about the effects of technological change, but occasionally fears have arisen that it will cause significant, perhaps enduring, unemployment. In this book Woirol...focuses on two periods in which the optimism was challenged--the late 1920s and 1930s, when economists grappled with "technological unemployment," and the 1960s, when they debated the importance of "structural unemployment." Woirol makes a solid contribution to the history of economic thought and provides an evenhanded, concise (though encyclopedic and well-documented), readable, ...chronological survey of both the theoretical and empirical literature.... A useful addition to graduate and research collections in labor economics or the history of economic thought.?-Choice

著者について

GREGORY R. WOIROL is Professor of Economics and holder of the Richard and Billie Deihl Distinguished Chair at Whittier College.

登録情報

  • ハードカバー: 208ページ
  • 出版社: Praeger Pub; New.版 (1996/7/30)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0313298920
  • ISBN-13: 978-0313298929
  • 発売日: 1996/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 1.4 x 23.4 cm
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
Pre-twentieth-century discussions of the relation between technological change and employment were crucial in defining the issues and influencing the course of the 1930s and 1960s debates. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック