TEAC A-H01-S Reference 01... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 26,800
通常配送無料 詳細
発売元: Webshop 三宅屋
カートに入れる
¥ 28,990
+ 関東への配送料無料
発売元: ディーライズ
カートに入れる
¥ 31,300
+ 関東への配送料無料
発売元: EDIONネットショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • TEAC A-H01-S Reference 01 USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

TEAC A-H01-S Reference 01 USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー


価格: ¥ 27,066 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 26,800より 中古品の出品:1¥ 37,509より
シルバー
  • 高音質プリメイン/ステレオパワーアンプ。
  • 小さくても高い拡張性、豊富な入出力端子。
  • BurrBrown 5102 D/Aコンバーター内蔵で、様々なデジタル音源に対応。
  • USBケーブル1本でフルデジタル接続。
  • フルサイズ・アンプに匹敵する高性能パーツの採用。
もっと見る

マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

よく一緒に購入されている商品

TEAC A-H01-S Reference 01 USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー + audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302 + audio-technica GOLD LINK Fine スピーカーケーブル 3.0m AT567S/3.0
合計価格: ¥ 29,996

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

色: シルバー


製品の特徴:
色: シルバー
  • メーカー型番:A-H01-S
詳しい仕様を見る

商品の情報

色: シルバー
詳細情報
USBポート数1
カラーシルバー
  
登録情報
商品パッケージの寸法21.5 x 21.5 x 5.5 cm ; 1.5 Kg
発送重量2.6 Kg
メーカー型番A-H01-S
ASINB005YV919Q
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/10/24
Amazon ベストセラー商品ランキング 家電・カメラ - 15,713位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 

商品の説明

色: シルバー

商品紹介

高品位のUSB D/Aコンバーターとプリアンプ及びICEpowerRクラスDアンプを統合したホームオーディオの新しいソリューションです。一般的なプリメインアンプ、パワーアンプとして優れたオーディオ性能を発揮するだけでなく、PCオーディオという新しい世界へユーザーを誘います。・コンパクトなボディーに凝縮された高性能・高出力アンプ。・省電力時代にマッチした高効率なクラスDアンプ。・小さくても高い拡張性、豊富な入出力端子。・BurrBrown 5102 D/Aコンバーター内蔵で、様々なデジタル音源に対応。・USBケーブル1本でフルデジタル接続。・フルサイズ・アンプに匹敵する高性能パーツの採用。・静粛性を追求したファンレス設計。・入力信号をより忠実に増幅するHCOM方式を採用。・MECC フィードバックループの採用で、さらに忠実な音。

Amazonより


パソコンをオーディオに変えるプリメインアンプ
   デスクトップから、昨日とは違う音。これからはパソコンもオーディオになる。
 『A-H01』は、高品位のUSB D/Aコンバーターとプリアンプ及びICEpower(R)クラスDアンプを統合したホームオーディオの新しいソリューション。
   一般的なプリメインアンプ、パワーアンプとして優れたオーディオ性能を発揮するだけでなく、PCオーディオという新しい世界へユーザーを誘うことができる。

コンパクトなボディーに凝縮された高性能・高出力アンプ
   プリメインアンプとしての心臓部、アンプ回路にはデンマークBang & Olufsen ICEpower社製 50ASX2を採用。
   40W + 40W の高出力ながら高効率な変換性能により、フルサイズ・アンプに迫る実力をここまで小さくした。


省電力時代にマッチした高効率なクラスDアンプ
   従来機(出力:45W+45W)では85W程度の消費電力を必要としていたのに対し、34Wの消費電力に留めている。

小さくても高い拡張性、豊富な入出力端子
   USB端子に加え、2種類のデジタル入力端子と2つのアナログ入力端子を備え、
   スピーカー端子にはAWG8/バナナプラグ接続にも対応しており、サブウーファー用のプリアウト端子も装備。PCオーディオ環境に求められる拡張性を確保してある。


BurrBrown 5102 D/Aコンバーター内蔵
   PCオーディオにとって最も重要なD/Aコンバーターには、CD音質を超えるハイサンプリング・デジタルオーディオ・データにも対応可能なBurr Brown PCM5102を採用。


USBケーブル1本でフルデジタル接続
   USBケーブルで接続するだけで、パソコン内の様々なオーディオソースをフルデジタル転送。
   接続とドライバーセットアップを済ませれば、いつもの音楽プレーヤーが高品位のオーディオ機器に変貌。
   最大24bit/192kHzのCDフォーマットを大きく超えるオーディオソースを転送可能、ジッターノイズを抑えるアシンクロナス・モードにも対応している。


フルサイズ・アンプに匹敵する高性能パーツの採用
   モータードライブ式のボリュームノブやフロントパネルにはアルミを採用。本格的なフルサイズ・アンプでも採用されている部品を採用。


静粛性を追求したファンレス設計
   高性能と小型化という、熱対策とは相反する目的を達成するために、回路設計と筐体設計の双方から熱源となりうる部品の慎重な選択と効率的な配置を行い、冷却ファンを必要としない高性能小型アンプを実現。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

42 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tinyman 投稿日 2013/9/8
色: シルバー Amazonで購入
音は素直な感じで、特に変な色付けはない感じです。
ヘッドホン出力はイマイチと言われますが、ノイズも無く、十分な性能だと思います。
(ゼンハイザーのHD595(50Ω)使用だからなのかもですが。)
スピーカーはトールボーイ型のYAMAHAのNS-10MMFを使用していますが、駆動に苦しさは感じません。

使っていて思うのは、光入力がもう一つ欲しいことでしょうか。
PS3とPCは光で出力したいので、不足感が否めません。

USB入力はドライバがバグ多いのか相性が悪いのか、
PCがよくブルースクリーンになるので早々に使用するのをやめました。

ひとつ気になったのは、ヘッドホン出力使用時でもスピーカーが少し鳴ること。
イヤホンを繋いでボリュームを半分(12時位置)くらいにすると、
蚊が鳴く程度でスピーカー(6Ω84dB)からも音が鳴っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 skierbasser 投稿日 2013/7/21
色: シルバー Amazonで購入
このTEACのアンプA-H01の操作が驚くほどシンプルです。
いじれるところは、電源、ソース選択(USB/同軸/光/LINE1/2)、ボリュームの3つしかありません。
トーンコントロールも左右のバランスもありません。PCオーディオアンプとしてはPC側で設定できるので必要ないわけですがかなり思い切ったアンプですね。
何十年ぶりのオーディオなので比較するアンプも無いのでアンプそのものの音の違いなどはわかりません。

マイナスポイントは、PCとUSB接続するにはTEACサイトからUSBドライバーをインストールするのですが、私のPC環境(Windows7 x64)では使えないわけではありませんがイマイチなドライバーでした。
・CPU負荷が高い
・スリープ復帰後、音が出なくなる(USB セレクティブサスペンドは無効にしてます)
 ヘタするとドライバー自体無くなってる
たぶん、環境依存なのでしょうが、私の場合そうでした。

光ケーブルでの接続に変えたところ、全く問題無くなりました。今は光でPCと接続して快適に使っています。

実際にスピーカーやアンプを購入してセットアップした顛末をブログで取り上げましたので、よろしかったらプロフィールページからいらしてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 thomastik 投稿日 2013/4/15
色: シルバー Amazonで購入
本体に高級感を感じる事はあまりないですが、音はDTMのインターフェイスの様に脚色が少なく正確性があると思います。
私は美容室のBGM用にJBLのControl One Proをつないでいますが、相性もよくいやらしさがありません。
疲れない音だと思う組み合わせでお薦めしたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 azure 投稿日 2013/1/23
色: シルバー
そこそこ音の良かったPC内蔵サウンドカードからの音源の置き換えとして購入しました。わたし的には大好きな音が出てくれています。使っているスピーカー(TEACの先代のS300)との相性もいいようです。

音を表現する言い方としては変だと思いますが、すごくシャープな音が出ます。別の言葉だと、クリアでヌケがよい、になるでしょうか。恐らくは空間的にも時間的にも周波数的にも本来出すべき音以外が出ていないから、こういう印象になるのかなと想像しています。

わたしは、音楽の音楽たる要素はソースに入っているものだという考えですので、再生する側はそれを極力ストレートに表現してくれればそれでOKです。ですので、このアンプの音は大好きです。

リモコンの反応、電源ON時のノイズなど、使う人によっては問題になりそうな項目も確かにありますが、わたしの使用方法では全く問題はありません。

まだサンプルだけですが24bit/96kHzのいわゆるハイレゾ音源も再生してみました。すごい音が出る、という感じではありませんでしたが、非常にしっとりとした心地の良い音が出て来てました。同じソースをCDクオリティでサンプリングしたデータを聞くと、音がなんだかゴツゴツしてる?と感じられるぐらいの違いがありました。

これはハマると危ないかもしれませんね。(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中山 安雄 投稿日 2014/3/31
色: シルバー Amazonで購入
今から20年前のシステムコンポを使用しておりましたが、このシステムに変更して省スペースになり、また、音も素晴らしいと感じております。デジタル音源が再生できるので非常に良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー