Symphony #6 / Romeo & Jul... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Symphony #6 / Romeo & Juliet CD, Import

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,334 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 1,097より 中古品の出品:11¥ 666より
Music商品とスピーカーがセットでお得
CD・音楽DVDなどとBluetoothスピーカーがセットでお得
CDや音楽DVDなど音楽商品とセットで買うとUEの防水・耐衝撃・高音質Bluetoothスピーカーが10%OFF。6/2まで。 セール会場はこちら

Prime Music Prime Music


Amazon の Gergiev ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


登録情報

  • オーケストラ: Kirov Opera Orchestra
  • 指揮: Valery Gergiev
  • 作曲: Pyotr Il'yich Tchaikovsky
  • CD (2000/1/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Philips
  • ASIN: B000031X7X
  • EAN: 0028945658025
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 308,507位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
20:20
アルバムのみ
2
30
7:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
3
30
8:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
11:35
アルバムのみ
5
30
21:07
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

Time it was that to make Tchaikovsky a whipping boy for the worst excesses of romanticism, an emblem of "hysteria" and bathetic self-indulgence, became critically fashionable. But with this composer, the court of popular opinion has proved more far-sighted than the critics. The power of his finest scores--in the hands of a truly sympathetic interpreter--remains unforgettably gripping, and nowhere more so than in the symphony he premièred just days before his controversial death. Valery Gergiev taps into the theatrical sensibility evidenced by his dynamic Kirov Opera recordings of Mazeppa, Iolanta and Pique Dame to shape a psychological drama of devastating intensity in his account of the nihilistic Pathitique. He fires up the Kirov orchestra to a fevered pitch of inspiration, summoning a great luxuriance of sound and colouristic detail, from brass chorales as rousing as Judgement Day and imaginatively sprung wind solos to the composer's trademark roulades, dispatched with thrilling ensemble. The use of vacuum tube equipment for the recording results in a warm sonic focus, with particularly full-bodied bass, giving the score's blackest moments a vividly frightening presence. Gergiev stresses Tchaikovsky's most provocative shocks (you can hear his own gasps on occasion if you listen closely enough), as in the explosive rupture of the pppppp in the middle of the first movement. But in addition to dramatic savvy, he grasps Tchaikovsky's radical new concept of the symphonic journey, with its reversal of Beethoven's affirmative model through the adagio finale's valedictory plunge back into silence (Mahler would follow a similar pattern in his Ninth). Also included is a bracing, epic, and thoroughly convincing performance of the Romeo and Juliet Fantasy-Overture showing the Kirov band in terrific ensemble. Stereotypes of Tchaikovsky's music as expressing the "Russian soul" notwithstanding, Gergiev's spectacular, impassioned interpretations give us a composer that is universally moving. --Thomas May


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 織工 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/20
形式: CD
ゲルギエフの音楽は、どの曲をとっても「明解」な解釈と「明確」な音づくりのアプローチがあるように思う。

まず、明確な音づくりに関してはこの6番(マリインスキー劇場管弦楽団)がその典型。弱音部は情感をもってゆっくりと奏で、強音部は速度を増してメカニックに疾走する。全体にリズミックで切れ味がよいが、前者ではフレージングをやや長めにとり、後者ではザックリと短く鋭く刻む。

そのコントラストにははじめは驚くが、一般に凡長に繰り返されると逆に興ざめとなる場合もある。しかし、彼の演奏でそれがマンネリ化せず鼻につかないのは、手兵たるこのオーケストラの各パートの使い方が絶妙だからだ。

全体として低弦のぶ厚い音響(実に心地よい響きだ)を強調しつつ金管(音がクリアで巧い)が効果的にこれに被さる。その場合、意外にも金管をやたらと大きく前面に出すのではなく、よく切れるカッターのように亀裂的に用いる。弦楽器と木管楽器のハーモニーも文句なく美しい。そこが真骨頂といえるだろう。

顔が<濃厚>系(失礼!)なので、音楽もそうかと言うと、実は別の感想を抱く。明解な頭脳的解釈とでも言うべきか、全体構成がくっきりとしており、リスナーの期待を裏切らない。シャイーなどに共通する感度の良さが身上。そのうえで、音のテクスチャーがよ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
吸い込まれるように全楽章をぶっつづけで聴いてしまいました。私にとって衝撃の一枚です。天変地異が起こりそうなくらいの圧倒的な迫力。
特に、金管が素晴らしく鳴り響いています。これぞ、ロシアの音。
軟弱な演奏に辟易されている方には特にお薦めです。骨太の一枚!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ゲルギエフ指揮キーロフ・マリインスキー歌劇場管による演奏で、チャイコフスキーの
悲愴と幻想序曲「ロメオとジュリエット」がおさめられたCDで、1995年7月の録音です。
演奏時間は以下のとおり。
交響曲第6番「悲愴」
 第1楽章20:15
 第2楽章07:33
 第3楽章08:27
 第4楽章11:39
幻想序曲「ロメオとジュリエット」20:51
最初から最後まで「ゲルギエフ節」全開の演奏です。最も特徴的なのは、悲愴における
アゴーギクです。まるで人間の息づかいのような揺れ動くような絶妙なフレージングで
オーケストラを歌わせています。「わざとらしさ」が感じられないわけでもありませんが、
ここまで徹底的に、自信を持ってやられると、それはそれで説得力があるように感じて
しまうから不思議です。
オーケストラはかなりの馬力があります。トロンボーンは腹の底からブリブリ響かせて
いますし、トランペットもロシアンスタイル全開、パーカッションはズシンと打ち込んで
きます。弦はエキセントリックになる数歩手前で見事に弾いています。なお、「爆演」と
いうレビューもあるようですが、曲が壊れるような無節操な力の入れ方はしていないと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック