Symphony 2: London Sympho... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Symphony 2: London Symphony (Orig 1913 Version) Import

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,440 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,455より 中古品の出品:4¥ 972より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Richard Hickox ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


登録情報

  • 指揮: Richard Hickox
  • 作曲: George Butterworth, Ralph Vaughan Williams
  • CD (2001/5/22)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Chandos
  • ASIN: B00005B54X
  • EAN: 0095115990223
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 621,139位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
6:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
15:07
アルバムのみ
3
30
16:16
アルバムのみ
4
30
11:05
アルバムのみ
5
30
18:50
アルバムのみ

商品の説明

商品の説明

London Symphony Orchestra - Richard Hickox, direction

Amazonレビュー

Penned between 1911 and 1913 and first heard in May 1914, Vaughan Williams's A London Symphony was dedicated to the memory of George Butterworth (whose ravishing 1913 idyll The Banks of Green Willow opens proceedings here). It's this original version that Richard Hickox and the LSO champion so eloquently on this sumptuous-sounding Chandos issue--and a very different beast it is from VW's final revision of 1933. For starters, there's more than a quarter-of-an-hour of extra material, much of it genuinely inspired and brimful of wondrous poetry. VW's scoring, too, was never more colourful and it's surely not too fanciful to detect many a foreshadowing of Holst's The Planets in particular. More significantly, the work takes on a darker, tragic dimension (nowhere more potently perhaps than in the slow movement) and there's an astonishing passage in the expanded epilogue that even anticipates the opening movement of the 1921 Pastoral Symphony. In hindsight, VW made all the right decisions (the scherzo's second half, haunting though it is, pales next to the shuddering intensity of the revised coda) but no one should miss the opportunity to experience his original thoughts in all their epic sweep and tingling vitality. Utterly compulsive listening then and a "must buy" if ever there was one. --Andrew Achenbach

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2009/11/27
形式: CD
ヴォーン・ウィリアムズ(Ralph Vaughan Williams 1872 - 1958 )の交響曲第2番「ロンドン交響曲」(1913年原典版)と同じイギリスの作曲家、ジョージ・バタワース(George Sainton Kaye Butterworth 1885 ' 1916 )の「青柳の堤」を収録。ヒコックス指揮ロンドン交響楽団の演奏、2000年の録音。

1913年に一度完成したヴォーン・ウィリアムズの最高傑作として知られる「ロンドン交響曲」には、オリジナル版の他に、1918年版、1920年版、1930年版の3つの改訂稿がある。現在ではほとんど1930年版によって演奏・録音が行われる。オリジナル版は最近になって復刻されたもので、当盤が「世界初録音」となる。

ヴォーン・ウィリアムズに交響曲の作曲を薦めた人物がジョージ・バタワースである。「ロンドン交響曲」は完成後にバタワーズの死を悼み、彼に捧げられた作品。このアルバムには、そのバタワーズの田園叙事詩とでも言える佳作「青柳の堤」が収録されている。これは、1915年に「ロンドン交響曲」が初演されたおり、一緒に演奏された作品でもある。

「ロンドン交響曲」初演後の改訂のポイントは曲の単純化にある。経緯はブルックナーやラフマニノフの第2交響曲に似ている。ヴォーン・ウィリアム
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック