Symphony 1940 / Symphony ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Symphony 1940 / Symphony 2 / Serenade CD, Import


価格: ¥ 2,421 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,504より 中古品の出品:1¥ 3,614より

プライムラジオ開始 プライムラジオ開始


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 指揮: Vernon Handley
  • 作曲: Edgar Bainton, Hubert Clifford, John Gough
  • CD (1999/10/19)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Chandos
  • ASIN: B00001T6KJ
  • EAN: 0095115975725
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,488,610位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
1:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
0:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
1:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
2:29
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
3:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
1:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
8
30
2:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
9
30
2:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
10
30
0:35
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
11
30
3:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
12
30
1:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
13
30
2:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
14
30
10:21
アルバムのみ
15
30
7:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
16
30
15:44
アルバムのみ
17
30
9:31
アルバムのみ

商品の説明

商品の説明

CHA 9757; CHANDOS - Inghilterra;

Amazonレビュー

The strand that connects all three composers on this characteristically bold Chandos release is Australia. Hubert Clifford (1904-59) and his good friend John Gough (1903-51) hail from Victoria and Tasmania respectively (and both, spookily enough, ended up in London working for the BBC),whereas Englishman Edgar Bainton (1880-1956) emigrated to Sydney in 1934 to take up the directorship of the New South Wales State Conservatory. Of the two large-scale symphonies so eloquently realised here by Vernon Handley and the BBC Philharmonic, Bainton's second of 1939-40 is perhaps the more striking. Some 27 minutes in duration, it's cast in a single movement made up of a dozen sections. Fortunately, the symphonic argument is easily grasped, and Bainton's unfailingly evocative and imaginative scoring falls most gratefully on the ear. Clifford's Symphony 1940 is impressive too, though its bitter-sweet lyricism and unashamedly epic demeanour unavoidably prompt comparisons with Walton's masterly first symphony of a few years previous (next to which it seems like pretty small fry). Gough's miniature Serenade (written in 1931 for Clifford's wedding) forms a toothsome bonne bouche between the two main courses. Terrific Chandos sound complements the outstandingly sympathetic music-making. --Andrew Achenbach

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック