この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Sym 41: Jupiter / Clarinet & Bassoon Ctos Import, Original recording remastered

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 3,995より 中古品の出品:5¥ 545より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 指揮: Thomas Beecham
  • 作曲: Wolfgang Amadeus Mozart
  • CD (2001/7/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B00005NW09
  • EAN: 0724356760127
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 295,325位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
8:41
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
9:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
5:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
6:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
13:39
アルバムのみ
6
30
8:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
8:44
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
7:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
6:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
4:36
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

Sir Thomas Beecham was always known as a dedicated, even pioneering, exponent of Mozart's music. These recordings were made toward the end of Beecham's life, in 1957, '58, and '59 (he died in 1961), by which time he had become inclined to introduce certain "improvements" into Mozart's scores. For example, in the "Jupiter" Symphony, which he had recorded twice before, he added instruments in salient passages, changed registers, and muted the strings only at the end of the slow movement. More surprising here, however, is the absence of Beecham's famous imaginativeness. The performances are predominantly on the slow side: stately, deliberate, stolid. The symphony is rather cool, prosaic, and foursquare, with a lot of accents. The Minuet is not only slow, but lethargic and a bit coarse; the Finale loud and aggressive, though the counterpoint is clear.

The soloists in the concertos are the orchestra's principal players, whom Beecham always liked to showcase. In the great, late Clarinet Concerto, Jack Brymer's tone is mellow and beautiful, his playing easy and smooth as butter, but also a little stiff and lacking in poetry. The slow movement is extremely slow, but he sustains both breath and tone without strain. The Finale is best: lively, humorous, and varied. The much earlier Bassoon Concerto is less sophisticated, especially in its orchestration, but it is a charming, vibrant work. Gwydion Brooke revels in its sprightliness and virtuosity and uses his own brilliant cadenzas. The slow movement is simple and lovely; the Finale is a set of variations. Beecham accompanies with meticulous care, and there's a sense of spontaneous collaboration between soloists and orchestra. --Edith Eisler

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/4/13
形式: CD
イギリスの名物準男爵、トーマス・ビーチャムは、潤沢な私財で3つほどオーケストラを作り、そのうちの2つは今日でもロンドンの重要なオーケストラとして活動を続けている。
彼自身優れたオーケストラのトレーナーというわけではなかったが、どこか人を惹きつけるカリスマ的な魅力があったようだ。
彼が作った3つ目のオーケストラであるロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と録音したこのモーツァルトの作品集は、そんなビーチャムの力量を良く示す好録音といえる。

交響曲No.41は、初っ端からビーチャムがオーケストラを焚きつけてボルテージの高い演奏を実現している。トレーナー型の指揮者であれば、音色を厳しく吟味して慎重に音を重ねるが、ここでのビーチャムは委細構わず「ぶちかませ」としか指示していないのではないだろうか。全てのパートが自分から競り合うように豪快に鳴る。また、もっと豪快に鳴るようにビーチャム自身が手を加えてもいる。原典主義者にはゲテモノな演奏だが、ビーチャムの責任で好き放題オーケストラにやらせつつ、暴走しないように巧みにコントロールしている抜け目のなさが聴きどころであろう。

ジャック・ブライマーをソリストに立てたクラリネット協奏曲は、オーケストラからふわっとした質感を作りだしているが、そこには管理された堅苦しさは微塵もない。ブライマーの独奏
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック