¥ 2,105
  • 参考価格: ¥ 2,177
  • OFF: ¥ 72 (3%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Supertoys Last All Summer Long: And Other Stories of Future Time (英語) ペーパーバック – 2001/6/27


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 2,105
¥ 1,593 ¥ 758


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。



1冊からでも印刷、お届け
オンデマンド印刷技術で注文に応じて印刷、お届けする「プリント・オン・デマンド(POD)」サービス。

商品の説明

商品説明

 「悪いのは税金だ」
   SFWA(アメリカSFファンタジ-作家協会)グランドマスター、ブライアン・オールディスに言わせると、『Supertoys Last All Summer Long』の映画化権を1982年にスタンリー・キューブリックに売ったのは、税金を払うためだったという。本書には、ピノキオ風アンドロイドストーリーおよびその2つの続編、さらに近年発行されたの9つの短編作品が収録されている。「Supertoys」は、キューブリックが映画化を予定していた作品だ。だがご存知のようにキューブリックは亡くなり、その遺志を継ぐべくスティーブン・スピルバーグが映画化権を継承した。

   オールディス自身は、最初の作品はもちろん、続編の「Supertoys When Winter Comes」や「Supertoys in Other Seasons」も、ピノキオのような寓話とは考えていない。本短編集の前書きに、皮肉な真相を告げるような調子で、彼は「私のつくった5歳のアンドロイド、デビッドと、やがて人間になる木でつくった生き物との間に、似たところなど見られないし見たくもない。私はおとぎ話を意識的に書き換えたりはしない」という。しかし頑固でエキセントリックなキューブリックは自分の解釈を押し通し、ついにオールディスは「映画から追い出されてしまった」と記す。

 「Supertoys」の素材となった3つの短編は、本書の35ページを占めているにすぎない。しかし、それは存在と人間であることの意味を問う、悲しみと思索の陰影に満ちた物語であり、イギリスSF界の巨匠、オールドリスの最盛期を、見事に映しだしている。他の収録作品は、魅惑的なもの、心を乱すもの、涙を誘うものなどさまざまだが、本書の魅力が何かを間違えてはいけない。前書きによると、不機嫌極まったキューブリックはオールディスにこんなことを言ったという。
 「君がものを書くときには2つのモードがあるようだ。素晴らしいときと、素晴らしすぎないときと」
   この前書きだけでも、本書を手にとる価値はある。

レビュー

Brian Aldiss is one of the most influential and one of the best SF writers Britain has ever produced Iain Banks --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ペーパーバック: 256ページ
  • 出版社: St. Martin's Griffin; St Martin's Gri.版 (2001/6/27)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0312280610
  • ISBN-13: 978-0312280611
  • 発売日: 2001/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 1.5 x 21.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 8,940位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あお 投稿日 2001/7/5
形式: ペーパーバック
「A.I.」を観て、「甘ったるいソープ・オペラ」とおもった方にはこれをお薦めします。ディヴィット少年の登場する話は正味3話しかなく、しかも超・短編。それも、映画よりもシニカルでぞっとするような痛ましいような…。どちらがいいとかではなく、この話と映画の見つめているものが実は同じでありながら、こうも印象が変わるものかと驚きます。キューブリックが作っていたらもっと原作に近いタッチになっていたのでしょうか?! その他の短編も読みやすく、全体的に質が高い本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 21 件のカスタマーレビュー
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
There's more to this book than "Supertoys" 2001/7/19
投稿者 Shinobi - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
That said, the three Supertoy stories are here, and are quite nice. I think some of the imagery in the three are superior to that of the movie, the first in particular (Monica's response to being allowed to breed is incredible). However, there is much more to this book than just Supertoys.
To start off Aldiss apparently hates humanity, or at the very least human vanity and self-centeredness. He also seems to think that humankind will not grow out of these flaws, instead humanity will become more and more self-centered as time goes on, so be prepared for a future that is at the same time utopia and distopia...
Aldiss's writing style does seem to swing between brilliant and not so good, but there is enough brilliant to make up for the rest. III was particularly grim (the image of what humanity does to the inhabitants of Triton will stick with you), and "A Matter of Mathematics" could possibly be made into a decent screenplay. All told, "Supertoys..." is an incredible collection of eerily plausible sci-fi that just about everyone should read once, if not more. (if just to avoid turning the inhabitants of Jupiter's moon Europa into Campbell's Canned ET)
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Yes, There's More Than "Supertoys", But... 2001/10/3
投稿者 John Kwok - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
Without question, Brian Aldiss is a good writer, capable of writing memorable tales such as his "Supertoys" trilogy. However, this uneven collection doesn't quite rise to the high literary standards I've expected from fellow British science fiction writers J. G. Ballard and Michael Moorcock. Only "III" and "A Matter of Mathematics" are as finely wrought as "Supertoys Last All Summer Long". If you have a taste for robots, you might be better off reading Asimov, though the first "Supertoys" tale is among the finest I have read about androids and robots. And frankly, I didn't find Aldiss' space tales as engrossing as any I have read by Arthut C. Clarke. Still, Aldiss' work deserves a broad readership and those unfamiliar with his oeuvre may find this slender tome an excellent introduction.
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Mythmaking? 2003/6/14
投稿者 D. P. Birkett - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
The first three stories have obvious parallels (which Aldiss apparently denied) with Pinnochio (and also the Tin Man in Wizard of Oz and Pygmalion and seal-wife and fairy-wife legends). Maybe I'm reading too much into this (making me guilty of deconstructionism) but I saw a pattern of recreation of old stories. "Nothing in Life is Ever Enough" tells the story of Shakespeares "Tempest" from Caliban's angle. "The Old Mythology" is what its title suggests; a visitor from a future age is present at events (told with a sharp sense of humor) that precapitulate (if that's a word) Greek and Hebrew creation myths. "Headless" is a version of the sacrificed hero described in Fraser's "Golden Bough." "A Matter of Mathematics" is about Plato's cave. In "Becoming the Full Butterfly" the breaking of a divine law results in the destruction of a world by flooding. "Talking Cubes"= "The Picture of Dorian Grey." "Steppenpferd"=the Temptation of St Anthony (I couldn't make a connection to Hesse's "Steppenwolf").
Most of the stories have down-beat endings. Whenever anybody has a good time they get their come-uppance, so it's a pessimistic view of the future. Even "The Marvels of Utopia" is dystopic - at least it's far from Thomas More. In spite of they're enjoyable because of Aldiss's sheer good writing,excellent jokes, wild imagination and page-turning action.I
22 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
disappointing 2002/7/20
投稿者 "mjdavis11" - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
I bought this book based on the connection to the movie A.I. I am always interested in how a science fiction story or novel has been converted to the screen. I was suprised to find that all the stories except for the cover title were written recently, rather than in the time period of Supertoys, which was 1969. I have read a little Aldiss over the years and find him an OK science fiction writer with novels like Helliconia Summer. I thought the other two Supertoys stories, while written 25 years after the original, did a good job of keeping the tone of the original, they just weren't that interesting. The remaining stories were not enjoyable to me at all and I finally gave up without finishing the book.
21 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
I rarely give 1-star reviews, but this book was horrible 2001/7/17
投稿者 Craig - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
I shelled out [price] for this book because I wanted to read the title story, which inspired the movie “A.I.”, and its two sequels, which formed an outline of how Aldiss wanted the screenplay to evolve. In the three stories, Aldiss poses two good questions: “Can robots feel love?” and “If so, are they human?”, but he never gives us satisfactory answers. Throughout the trilogy, David remains a static, unchanging little boy incapable of articulating or learning from his experiences. The only character the audience can empathize and grow with is the aging, philandering father, who learns nothing in the end except that greed can ruin your life. The worst thing about these stories, though, is that they fail to cover any new ideas that have not already been discussed before, most notably by Isaac Asimov’s far superior “Bicentennial Man”.
The sixteen short stories that follow are much, much worse. Most of them teeter on the edge between dramatic fiction and satire, so that they are neither interesting nor funny. Only “Apogee Again” contains any imaginative ideas and descriptions. Some of the stories, such as “A Whiter Mars” and “Cognitive Ability and the Light Bulb”, are not really stories at all; they are summary descriptions of how society will evolve into a vegetarian, religion-less utopia. Others, such as “Dark Society” and “Steppenpferd”, start out promising but leave the reader with lady-or-the-tiger endings, without any resolution to the conflict.
Please, please don’t waste your money on this collection.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック