この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Suk: Piano Quintet/Quartet Import

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 6,027より 中古品の出品:6¥ 1,499より


Amazon の The Nash Ensemble ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (2004/7/13)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Hyperion UK
  • ASIN: B00026W64A
  • EAN: 0034571174488
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 621,937位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

Music runs in the family of Josef Suk: he studied with Dvorák and married his daughter Ottilie, and his namesake, the well-known violinist/violist/conductor is his grandson. Co-founder of the famous Czech Quartet, he became its second violinist; the Four Pieces are dedicated to its leader, Karel Hoffmann. Although highly respected and frequently performed in his native Czechoslovakia, his music has been unjustly neglected elsewhere---a great pity, for he was an excellent composer. The Quintet and Quartet were written before he turned 20 but already display a distinct personal style (despite some inevitable echoes of Brahms and Dvorák, their respective dedicatees), and a firm sense of structure, with imaginative, far-ranging modulations and masterful pacing and build-ups. The texture includes extensive solos for every instrument, carefully balanced ensembles and forceful unisons; the individual parts are extremely difficult, with much stratospheric writing for the first violin and brilliant passages and massive chords for the piano. The Four Pieces, written in 1900, one of the best groups of character pieces in the repertoire, demand great virtuosity as well as collaborative intimacy. With its soaring melodies, Suk's style is very romantic, ranging from melting lyricism to intense drama, from pleading, yearning, passionate ardor to ironic humor. Tinged with melancholy, these early works presage the heart-breaking lamentation of his late symphonies, notably "Asrael," written after Dvorák's death in 1904 and Ottilie's the following year. The performances of the Nash Ensemble on this recording are splendid. These English musicians exhibit an extraordinary affinity for Suk's idiomatic Czech rhythms and quick, mercurial mood and character changes, playing with eloquence, affection, expressiveness, and an invariably beautiful sound. This fine record, along with this year's celebrations of the centenary of Dvorák's death, should win a sadly underrated composer the recognition he deserves. --Edith Eisler

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2007/9/10
形式: CD
ヨゼフ・スーク(Josef Suk 1874-1935 )はチェコの作曲家である。孫に同姓同名の高名なヴァイオリニストがいるが、こちら作曲家のヨゼフ・スークはドヴォルザークの娘と結婚している。つまり、ヴァイオリニストのヨゼフ・スーク(紛らわしいですね。なぜ同じ名前にしたのでしょう?)はドヴォルザークのひ孫ということになります。

作曲家、ヨゼフ・スークもヴァイオリニストで、弦楽四重奏団に属していた。また作曲についてはドヴォルザークに師事している。特徴は叙情的な旋律の扱いにあり、スラヴ的な郷愁を感じさせます。(ちょうどこのCDのジャケットデザインの様に・・)

当盤はナッシュ・アンンサンブルというイギリスの室内楽奏者たちによって録音されたスークの室内楽曲集で、「ピアノ四重奏曲」、「ヴァイオリンとピアノのための4つの小品」、「ピアノ五重奏曲」の3曲が収録されています。曲想はいかにも古典的で古めかしく、温厚ですが、ナッシュアンサンブルはややアグレシッヴな方向付けを試みており、透明感もあるなかなか好感のある仕上がり。やはり各曲とも緩徐的叙情的な場所が印象に残りやすく、例えばピアノ四重奏曲の2楽章の終結部など美しい。

また「ヴァイオリンとピアノのための4つの小品」は。中にあってやや印象派的な物憂さを醸し出しており、旋律も美しく聴き
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック