この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Stravinsky: L'Oiseau de feu/Le Sacre du printemps/Persephone Box set, Import


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 4,410より 中古品の出品:4¥ 2,038より


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


登録情報

  • オーケストラ: San Francisco Symphony Orchestra, San Francisco Symphony Chorus
  • 指揮: Michael Tilson Thomas
  • 作曲: Igor Stravinsky
  • CD (1999/1/11)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 3
  • フォーマット: Box set, Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B00000IOCZ
  • EAN: 0090266889822
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 449,196位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


ディスク:1
1. L'Oiseau De Feu (The Firebird): Introduction
2. L'Oiseau De Feu (The Firebird): The Enchanted Garden Of Kaschei
3. L'Oiseau De Feu (The Firebird): Apparition Of The Firebird, Followed By Ivan Tsarevitch
4. L'Oiseau De Feu (The Firebird): Dance Of The Firebird
5. L'Oiseau De Feu (The Firebird): Capture Of The Firebird By Ivan Tsarevitch
6. L'Oiseau De Feu (The Firebird): Plea Of The Firebird; Apparition Of The Thirteen Enchanted Princesses
全14曲を見る
ディスク:2
1. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - Introduction
2. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - The Augurs Of Spring; Dances Of The Young Girls
3. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - Ritual Of Abduction
4. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - Spring Rounds
5. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - Ritual Of The Rival Tribes
6. Le Sacre du printemps (The Rite Of Spring): Part 1: Adoration Of The Earth - Procession Of The Sage
全14曲を見る
ディスク:3
1. Persephone: The Abduction Of Persephone
2. Persephone: Persephone In The Underworld
3. Persephone: Persephone Reborn

商品の説明

Amazonレビュー

Here's a Stravinsky set to raise eyebrows. Where is Petrouchka, the standard coupling for Firebird and Rite in collections of the great early Stravinsky ballet scores? Instead, we get the too rarely heard Perséphone, and it's the highlight of the set. Premiered in 1934 to a text by André Gide, Perséphone is a retelling of the Greek fertility myth of the earth's winter death and spring renewal. The tale drew from Stravinsky some of his most delicate and beautiful music in the neoclassical style of the period, a sibling to the ballets Apollo and Orpheus and the cantata Oedipus Rex (it also includes string figures that recall those works).

Stephanie Cosserat, in the title role, is a youthfully persuasive narrator, very different from Vera Zorina's oracular reciter on Stravinsky's own recording. Stuart Neill's tenor is a big plus, and the orchestra and chorus play and sing with involvement. Michael Tilson Thomas brings out the cool tenderness of the score, and the recording, made at a live performance, is truthful. His Firebird is lushly dramatic, and the Rite's barbaric thrust is leavened by some soulful wind playing. Recorded competition in the two ballets is fierce (along with Gergiev's recent Firebird on Philips, there are classic versions by Ansermet, Dorati, Haitink, and others, including the composer) but Perséphone makes this set an attractive proposition. --Dan Davis


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pop 投稿日 2014/7/6
形式: CD
人気曲でもあり名盤、名録音の多いハルサイだが、
数が多すぎ入門者は結局どれから聴けばいいのかわからない迷曲でもある。
かくいう私も多い時で10枚くらいもっていたが満足できるものはなかった。
曲に指揮者のコントロールとオケがついていけていないのだ。
たとえば、ブーレーズの名盤の誉れ高い60年代の録音はつややかで精緻だが、
本曲の持つ蛮性、野卑がまるで足りない。退屈。
ショルティの豪演は、金管の裂けっぷりとキレによる蛮性が他の追随を許さないが、
ミスが目立ち、つややかさがない。打楽器は遠く聞こえる。
近年出たゲルギエフはロシア人だけあって、
土俗の旋律の魔的な魅力が素敵だが
後半バテ気味といった具合に。

しかしいよいよこれが決定版なのではなかろうか?
本盤はわかりやすくいえば、
ブーレーズの精緻でつややかな部分と、
ショルティの野蛮な部分を見事に両立できている。
しかも打楽器の音も近所迷惑なくらい
鮮明で、録音もいい。
さらにアンサンブルが全く乱れない。
これ以上はしばらくでないのではないか?
私はこの曲にそれなりに金をつぎ込んだが、
未聴の方は本盤一択でどうか。
胡散臭いって?
うるせー、黙って聴きやがれ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック