Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Silence
 
 
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


登録情報

  • CD (1993/9/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Soul Note Records
  • ASIN: B00000401B
  • EAN: 0027312117226
  • 他のエディション: LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 224,322位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. Visa
2. Silence
3. Echi
4. My Funny Valentine
5. 'Round About Midnight
6. Conception

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 チェット・ベイカー晩年屈指の傑作 2006/5/31
形式:CD
チャーリー・ヘイデン作「Silence」での、幽冥を漂うかのようなチェット・ベイカーのトランペットに震えました。タイトル通りの静かな曲が、チェットが入ることによってまるで葬送曲のような雰囲気に。彼が亡くなる前年(1987年)の録音だけに尚更です。それを優しく包み込むヘイデンのベースも素晴らしい。エンリコ・ピエラヌンツィのピアノ、ビリー・ヒギンズのドラムも文句なし、Soul Noteレーベルならではの丁寧な作りに感謝したくなる傑作です。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD
CHET BAKERカルテット、いや内容的にはタイトルが表す通りCHARLIE HADENのリーダーアルバムである。

これまで様々なアーティストとのコラボレーションで名作を作り続けてきたCharlie Haden。

ここでもその才能が如何なく発揮されている。

しかしCharlie Hadenのコラボレーション・アルバムというのは何故どれもこんなにも美しく素晴らしいのだろう。

この1987年の作品も素晴らしくQualityが高く、何十年にわたって繰り返し繰り返し味わいたくなる音楽である。

CHARLIE HADENファンはもとより、CHET BAKERファン、ENRICO PIERANUNZIファンも必聴の傑作である。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD|Amazon.co.jpで購入済み
 タイトル曲はまずE・ PIERANUNZIのピアノから始まり終始静謐感あふれる
 メンバーのプレイが泣けるほどに美しい。。
 「ECHI」はエンリコの曲でティエリー・ラングも自身のリーダー作にとりいれている
 これも美しい曲。。「MY FUNNY VALENTINE」は幾度となくチェットが演奏している
 彼の愛奏曲ですね。
 11分を超える「ROUND ABOUT MIDNIFHT」は聴きごたえ十分でそれぞれのプレイを
 しみじみと堪能できる曲に仕上がっています。
 この作品はチェットが亡くなる前の年、1987年に録音されたものです。

 
 CHARLIE HADEN(b)
 CHET BAKER(tp)
 ENRICO PIERANUNZI(p)
 BILLY HIGGINS(ds)

 すばらしいメンバーとの共演、チェットの嬉しそうな顔が浮かびます☆
このレビューは参考になりましたか?
形式:CD
1987年のチャーリー・ヘイデンのリーダーアルバム。ローマでのスタジオ録音。ヘイデンはオーネット・コールマンのコンボやキース・ジャレットのコンボのベース奏者。パーソネルは以下の通り、かなり豪華である。

チャーリー・ヘイデン(b)
チェット・ベイカー(tp,vo)
エンリコ・ピエラヌンツィ(p)
ビリー・ヒギンス(ds)

曲は以下の通り。

1 Visa
2 Silence
3 Echi
4 My Funny Valentine
5 Round About Midnight
6 Conception

1,2はヘイデン色、4〜6はチェット色が濃厚のため、アルバム前半と後半では雰囲気がまったく異なる。1はチャーリー・パーカーが書いた曲。曲調のせいかどうか分からないが、チェットは今一つ乗り切れていない気がする。2はヘイデンが書いた曲。曲名どおり、静謐そのもの。ヘイデンは1982年にチェットのリーダーアルバム『But Not for Me』に参加しており、そのアルバムからはヘイデン参加のシナジー効果による品格や静謐さといったものを感じたが、1,2からもそれを感じる。ただ、大きく違うのは、2が曲調も演奏も重たく暗いことである。4〜
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 silence... 2013/12/25
形式:CD|Amazon.co.jpで購入済み
若々しい「Chet Baker sings」を聴いてから、僕はまるっきりやる気がなくなってしまった。フニャフニャになって毎日を過ごしていた。
受験が一通り終わって、高校生最後の何週間か。多分全部落ちたろうという、でも妙な開放感と。そんな気分で、僕は当時住んでいた街を徘徊していました。
そういえば、ジャズ喫茶とは、どんなところなんだろう、とふと思い、その街に一軒だけあった店はどうかな、と思いまして、3月の生暖かい空気と気分のまま、自転車をこいで行ってみました。

店の周りを3回、入るべきかどうか逡巡してグルグル店の周りをまわってから、意を決して中に入ってみました。

…そこに流れていたのは、AMラジオとおぼしき落語でした。アレ??

店長らしい方が、「あれ、お客さんか〜ちょっと待ってね」と早速ジャズのレコードをかけてくれました。コーヒーと一緒に。
一枚目は、確か一本のバナナの絵がジャケット一杯に描いてあるアルバムでした。ラテンかな、と思いましたが、多分あれは「Milton Banana」のアルバムでしょうね。
あまりその時の気分じゃないな、と思っていたら、次にかかったのが'80sにChetが吹き込んだアルバム。(多分Enjaのやつかな)

強烈に覚えているのが、My
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xad7dc9c0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック