Shadows In The Night (Vin... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,834
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

Shadows In The Night (Vinyl) [12 inch Analog] Limited Edition, Import

5つ星のうち 4.2 40件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,073 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 1,958より 中古品の出品:1¥ 4,816より
Music商品とスピーカーがセットでお得
CD・音楽DVDなどとBluetoothスピーカーがセットでお得
CDや音楽DVDなど音楽商品とセットで買うとUEの防水・耐衝撃・高音質Bluetoothスピーカーが10%OFF。6/2まで。 セール会場はこちら

~アナログレコードストア~
各ジャンルのアナログレコードを販売中。アナログレコードをまとめてチェック。 アナログレコードストア


Amazon の ボブ・ディラン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


よく一緒に購入されている商品

  • Shadows In The Night (Vinyl) [12 inch Analog]
  • +
  • メランコリー・ムード
総額: ¥4,273
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • LP Record (2015/2/3)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Limited Edition, Import
  • レーベル: Columbia
  • ASIN: B00QR7ZM30
  • EAN: 0888750579614
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 80,570位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
2
30
3:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
3
30
2:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
4
30
3:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
5
30
3:38
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
6
30
3:28
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
7
30
3:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
8
30
3:37
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
9
30
3:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 
10
30
3:36
ライブラリで再生 購入: ¥ 257
 

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
2016年4月、Bob Dylanのコンサートに行ってまいりました。
もうすぐ75歳を迎えようとするDylanですが、ステージに凛と立つ姿は、正にバリバリの現役。「カッコいい」の一言です。
同年代の、もう一人のレジェンド Paul McCartneyがオールタイムベスト的なセットリストで、往年のファンを熱狂させているのに対し、Dylanは「今の俺の歌を聴け」とばかりに、最近のアルバム「Tempest(2012)」そして、Frank Sinatraが歌った曲のカバー集「Shadows in the Night(2015年)」を中心とした選曲で、2時間以上のライブを堪能させてくれました。
「いぶし銀」とか「渋い」とか、月並みな表現ですが、今のDylanこそ、この形容がピッタリ当てはまると思います。
2部構成のステージで、スタートから2曲目の「She Belongs to Me」では早くもハーモニカを披露。その哀愁を帯びた響きに、ああ、これがDylanなんだ、と目頭を熱くしたファンは多かったに違いありません。
ハーモニカは、1部ラストの「Tangled Up in Blue」でも演奏され、観客は大歓声を送っていました。
バックは、ギター2人と、スティール・ギター、ベース、ドラムスの5人。演奏面では、Dylanのヴォーカルを決して
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 izmzk トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/3
形式: CD Amazonで購入
ディランの36thアルバムは、かつて音楽業界と映画業界(と政界と裏社会)に君臨した合衆国黄金期の象徴的人物にして、ディランが最も敬愛するシンガーの一人、フランク・シナトラが歌ったトラディショナルポップのスタンダート・ナンバーばかりを演奏したもの。
単なるカバー・アルバムではなく、むしろこれまで多くの人々にカバーされすぎて埋もれてしまった曲の真の魅力を「アンカバー」しようとしたのだとか。

レコーディングはシナトラが愛用したハリウッドのCapitol Studios。選曲も実に渋く、比較的無名な曲が中心。”My Way”、”Fly Me To The Moon”、”New York, New York”、”Come Fly With Me”、”Stranger In The Night”、”Moonlight Serenade”などの名だたる代表曲はあえて外されている。いたるところにディランの深いこだわりが伺えます。

メイン・メンバーは、“Love And Theft”で名演を見せたチャーリー・セクストン(G)、古参のトニー・ガルニエ(B)、”Modern Times”にも参加していたジョージ・レチェリ(Per)、ドニー・ヘロン(Pedal steel guitar)、”Tempest”でアルバムに初起用されたスチュアート・キンボー
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
2015年2月に発表されたボブ・ディラン(Bob Dylan)の最新作は、フランク・シナトラ(Frank Sinatra)が歌ったスタンダードの数々をカヴァーした問題作。もっとも問題作と思っているのは自分だけかもしれないが…。このアルバムの世間での評判の良さに正直驚いている。というのも、全編同じ調子、同じようなバッキングで歌われる各曲や、シナトラに思い入れのない世代の自分にとっては、ディランのロック的な部分が全く見えないアルバムというのは結構辛いのだ。ディランはとにかく「歌いたかった」のだろうが…。

(全編カヴァーという意味で)同じような雰囲気のアルバムとしては「Christmas in the Heart 」があったが、そちらよりも更にグッとくるものが少ない。オリジナル・アルバムはもちろん、ブートレグ・シリーズも全部揃えている位のファンである自分の身にとってもだ。最近のディランはもうギターを持たないし、去年の来日公演でもヴォーカリストとしての立ち位置が主だったので、「歌いたい」というスタンスはなんとなく理解は出来るのだけれど…。2000年以降のディランのオリジナル・アルバムがかなりの傑作揃いだけに、余計に戸惑う。ちなみにジャケット・デザインは過去の作品からするとかなり良い方だ、これでも(笑)。

現在74歳のディラン。今でも精力的にライヴ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ボブ・ディランの「シャドウズ・イン・ザ・ナイト」は非常に、興味深い。
何が興味深いのかというと、このアルバムはボブディラン自身のセレクトによってフランク・シナトラのナンバーを歌った第一弾(第二弾は5月に発売予定)であるが、そのアルバム・ジャケットのデザインとオリジナルを堂々と歌い上げている「Tempest」とは全く異質な歌い方がである。

このアルバムジャケットを見ると誰もが、暗い印象を持つと思う。なぜ、こんなデザインにしたのかと思わざるを得ない。この縦じまのデザインはジャズのトランぺッター、フレディ・ハバードのジャケットを基本にしたものである。その後ろで、何かを企んでいるような様子の白いタキシードを着たボブ・ディランがいる。裏ジャケットを見てみると、何やら怪しい感じである。タキシードを着たボブディランが仮面をつけた女性とどこかのクラブに席をとり、シングル盤を見ている。

まず、この縦じまの印象であるが、これでは、牢獄の中のディランか、或いは、鳥かごの中のディランである。なんらかの制約が彼に与えられているのだろうと思うし、そこで、いったい彼は何を企んでいるのだろうと考えてしまう。このアルバムの制作意図が『カバーされすぎて本質が埋もれた曲のカバーを外し、本質を掘り起こして、新たな命を吹き込む作業(ボブ・ディラン)』だとすると、その制約
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック