Amazon Kindleでは、 ジョジョの奇妙な冒険 第7部 モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
STEEL BALL RUN vol.12R... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

STEEL BALL RUN vol.12―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (12) (ジャンプコミックス) コミック – 2007/5/2


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

¥ 421 通常配送無料 詳細 通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

STEEL BALL RUN vol.12―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (12) (ジャンプコミックス) + STEEL BALL RUN vol.11―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (11) (ジャンプコミックス) + STEEL BALL RUN vol.13―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (13) (ジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,263
ポイントの合計:  39pt (3%)

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 集英社 (2007/5/2)
  • ISBN-10: 4088743628
  • ISBN-13: 978-4088743622
  • 発売日: 2007/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー VINE メンバー 投稿日 2007/5/2
形式: コミック
雑誌では明らかにならなかった、11人組のスタンド使いの名前が出ています。雑誌ではないシーンも加筆されていたと思います、多分。11人組のスタンド以外にも、次のスタンド使いも登場し、ますます面白くなって来ました。是非、ご購買を!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ショイコ 投稿日 2007/5/2
形式: コミック
読んでいない方もいると思うのでなるべくネタバレ無しで。

前巻でジャイロが気が付いた「11人いる」と思われる追跡者。

「泉で手に入れたものは全て日没までに使い切らなくてはいけない」

シュガー・マウンテンが言った「湖畔のルール」。

今巻の見所は、久しぶりともいえる街や人々の描写と、

自身の過去作品へのオマージュなど、ユーモアあふれるある意味お約束もありつつ、

迫る追っ手、迫るリミット、全てを使い切らなければ順番待ち。

ジョジョに2人が追い詰められていくというなかなかスリリングな展開です。

是非ご一読を。

*「11人いる!」って元ネタもあるのでそちらもどうぞ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ケルル 投稿日 2007/5/5
形式: コミック
とても贅沢なページの使い方がされてるマンガです。月刊約60ページでの連載だから可能な大ゴマの連発、迫力、臨場感が半端ないです。時間制限と敵という2つの問題を乗り越えようとする時のジャイロとジョニィの考え方の対比が面白かったです。ホントいいコンビだな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mako VINE メンバー 投稿日 2007/5/5
形式: コミック
銃撃戦の場面に圧倒されました。月並みな比喩ですが「映画を超えているッ!」

そして、ジョニイの究極の選択と、そのあとのジャイロとの「乾杯」に涙しました。

これが「男の世界」なのですね。

ほんとうにすごい作品です。読むひとの価値観を変えるような、すごいエネルギーがある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 よっし〜☆ 投稿日 2007/5/11
形式: コミック
もう言い飽きた表現ですが、今回も素晴らしい内容でした!珍しくゆる〜い展開だなと思っていたシュガーマウンテンの話が、最後には少しジーンとさせられました☆そして、裏切り者であることが大統領にバレつつあるルーシー・スティールが取った思い切った行動…。この巻も迫力の描写と雰囲気出まくりの演出、先の読めない展開でグイグイ引き込まれました!
大袈裟かもしれませんが、このマンガには作者が作品に込めた魂が宿っていると思う!時代を超えて愛される芸術品のような感じの…☆いや、マジで。
次の巻が出るまで何度も読みましょう♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じぇじぇ★リオン トップ500レビュアー 投稿日 2007/5/10
形式: コミック
まるで見る者を吸い込むようなデザイン!
まるで3D映像のような素晴らしい構図!

本編の方も今回も濃すぎる内容です。
全く予想のつかない展開でした!
JOJO第7部はシリーズ最高傑作だと心底から断言できますッ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chrisania 投稿日 2007/8/17
形式: コミック
誰もが驚いた、11巻での刺客。
彼が倒れた後の展開が描かれるこの12巻を読むといつも思うのです。

もしも・・・「彼」がジョニィやジャイロと行動を共にしていたならば・・・
「彼」が人生の全てをかけて望んでいたものはこの12巻でいともあっさりと手に入れられたのに。
一緒に走っていれば・・・

しかしジョニィとジャイロにはそんな感傷を差し挟む間も無い絶体絶命のピンチが。
全ての能力を使い果たした二人はどうやってそれを切り抜けるのか?
そしてその後に交わされた最後の取り引き。手もとに残ったものはこれ!?
ますます深まる男の世界。今の世の中こんなマンガが少なすぎます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 プロシュート 投稿日 2007/5/19
形式: コミック
第七部も気になる展開になってきましたね。今まで(三から六部)のスタンドは最終的にはオラオラ無駄無駄ドラドラアリアリ等々、殴り付けて倒すと言うあまり超能力的ではないキメ技でしたが、七部はスタンドと言っても能力だけを中心に描かれており、波紋に通ずるものがありますね。以前のスタンドの殴り合いもまた見たいのですが、やはり原点回帰という点ではこれが正しいのでしょう。これからの話の流れに期待です♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小鳥 投稿日 2007/5/28
形式: コミック
相変わらずグラマーで有機的なんだよなぁ、ジョジョの絵は。いいよね、こういうの。定規で引いたような冷たく没個性的で味気ない漫画が多い中、相変わらずジョジョの絵は美味しいのである。だからこそ荒木氏は奇妙な漫画家でいられるのだ。あと品があって読者にあまり媚びないよね、不思議な人だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック