数量:1
SEGA THE BEST 街 ~&... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯・応募券・シール・カード・プロダクトコードなどの封入物は付属しない場合があります。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品の個別の状態についての問い合わせは回答できません。管理ラベルは簡単に取れます(商品クリーニング済み)。ゲーム機本体は動作確認・初期化済です(DLソフトは削除されています)。注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。
買取サービス
最高買取価格

¥ 508
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,685
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ディスクメイトonline(配送はヤマト運輸です。メール便はネコポス・DM便に変わります。)
カートに入れる
¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売元: NEXT WAVE
カートに入れる
¥ 2,700
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: n2ストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇

プラットフォーム : Sony PSP
CEROレーティング: 17才以上対象
52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,036 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 664 (25%)
4点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,685より 中古品の出品:26¥ 889より

【ここだけしか手に入らない】Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集
Amazon.co.jpだけでしか手に入らない、限定特典付商品や限定商品の特集。あの人気のタイトルから、周辺機器まで。通常の予約特典にプラスして限定特典を手に入れられるものも。 Amazon.co.jp限定特典、限定商品特集をいますぐチェック。


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇 + Spike The Best 428 ~封鎖された渋谷で~ + 銃声とダイヤモンド
合計価格: ¥ 7,947

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000RJZ9BE
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2007/8/30
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (52件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,668位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

1)98年のセガサターン版発売以降、未だにゲーム誌の読者ランキング上位に位置し、冷めることのない人気を維持し続ける「街 ~運命の交差点~」が、PSPの高品質スペックを活かし、より豪華になって再登場。16:9の画面サイズと、ムービー部分のリマスターサウンド(疑似サラウンド化)で生まれくる没入感は、より深くユーザーを世界観に引き込みます。
2)渋谷を舞台に繰り広げられる8人の主人公の8つのストーリー。物語を読み進めるだけでなく、一人の主人公から他の主人公にストーリーをザッピングさせ、8つの人生を交差させながら運命を変えていく、この体感する感動と興奮は、他の作品では決して味わうことはできない「街」のみに許される面白さです。
3)SS版・PS版には収録されなかった秘蔵シナリオ『サギ山編』と『パトリック・ダンディ編』2本を追加。「街」ファン待望の、初お目見えシナリオが読めるのはプレイステーション・ポータブルだけ!(※秘蔵シナリオはゲーム仕様にはなっておりません。グラフィックとテキストのみの構成で、選択肢、ZAP、TIP等は御座いません。)

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

40 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポポ太郎 投稿日 2011/4/12
オリジナルのセガサターン版が出たのは1998年。
今も尚、実写ゲームとして、ノベルゲームとして頂点に立つ名作だと確信しています。

後発の『428』と比べると、主人公が8人もいて独立した物語が錯綜するためやや煩雑に感じるとか、
一部に強引な展開が目立つとか、終盤が駆け足気味になるとか、完成度は一段落ちます。

『428』が一般受けするに足る話なのに対して、『街』はややマニアックなB級映画的な感があります。

しかし、『街』ほど登場人物が個性的で、人間味あふれるゲームを僕は他に知りません。
『街』ほど身近で、親近感を感じる話で構成されるゲームを他に知りません。
『街』ほど笑いのあるゲームも少ないでしょう。
唯一無二の得難い個性を持ったゲームです。

万人受けするとは思いませんが、好きな人はとことん好きになれると思います。
まだ『街』を未体験な人、『428』でサウンドノベルに目覚めた人は是非チャレンジしてほしい!
PSP版は親切設計でプレイしやすいですからお薦めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
95 人中、79人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 チュン 投稿日 2008/5/22
人は誰でも、「あの時」行動した為に
「不幸」「幸福」を獲得する結果となった事を
後悔したり、悦びに感じたりする事は一度でも経験している事だと思います。

このゲームは、正しい選択をしなければ8人の主人公の運命は先に進まみません。
悪い選択をすれば主人公達にとって後悔する結末を迎えます。
8人とも友人知人でもなく、偶然に巡り合う事もありますが、その何気ない出会いがなければ
現状を打破する事ができない場合もあり、その交差した運命を整えるのがプレイヤーの役目です。
このゲームをし終わった後、今の私があるのは、自分自身が認識していなくても
直接にしろ間接にしろ、影響が及んでいるんだなと思わされました。
何故、続編をすぐに作ってくれなかったのか悔しいものがあります。
何にしろ名作ゲームである事は間違いない出来です。

開発時は、10年前なので服装などは90年半ば辺りのファンションです。どなたかが
昭和っぽい事を書かれていたと思いますが・・・昭和〜平成初期の服装は、原色系の服や
派手な模様の服装が氾濫していたので、そこまで時代を逆行したものではないという事を
付け加えさせていただきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
76 人中、61人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぺん獣 投稿日 2007/11/1
PSPのゲーム 「街」をちょこちょことやっててようやく最後まで終わりました。
8人(+3人)の主人公の渋谷での5日間の話をそれぞれ進めていくゲームで映像と文章を読み進めたまにある分岐を選択することで他の7人に微妙にかかわって結末も変わっていくというシステムのサウンドノベルアドベンチャーゲームです。

もともとかなり前のゲームでセガサターンやプレステ1で出ててゲーム好きのやつからおもろいと聞きPSP版がでたのでやってみたら・・・想像以上の面白さでびびった!

まずもともとの8つのストーリーそれぞれがドラマとして面白い。そして主人公や脇役達のキャラも個性的でいい。演じている役者陣も結構豪華キャストで竜雷太(元ゴリさん),団時朗(元帰ってきたウルトラマン)、若き日の窪塚洋介、松田勝(名Vシネ俳優)、ダンカンとか。笑いあり、アクションあり、ラブあり、そしてホロリともさせられます・・・
なによりゲームの随所に「さあ、このゲームワールドを楽しんでってください」という精神がビンビン感じられるとこに感心した。この「おもてなし精神」は自分で漫画描く時も見習わなければあかんなとあらためて思わされるすごいゲームでした。
「街」・・・堪能しました、そして勉強させられました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 びゅっきー 投稿日 2007/10/10
街はPSP、PS、SS(セガサターン)とあり。
出た順番はSS>PS>PSPですが、ローディング時間はPSP>PS>SSでした。
PSP版は少ししかやってませんが、PSと同等以上のストレスがありました。
PSP版の評価としてはワイド画面であることを考慮にいれても★ひとつ減ってしまうでしょう。

実写が受け付けないとかいう話はわかりますが、他にこういうゲームないんだから玄関口で帰っちゃわないで中まで入ってきたらどうでしょうか?やってみたら結果的におもしろかったといえるゲームだと思いますよ。

ストーリーとしては8つの主人公を気ままに切り替えながらやる斬新なマルチ視点テキストアドベンチャーです。固有名詞などを説明するTipsという機能があるんですが、これがマニアックかつふざけた内容でおもしろいです。
ゲームとしてもシャドウゲイトのようなゲームオーバーになることも楽しみのひとつといった感覚を既存のゲームの中では最もうまく取り込めていると思います。奇想天外で時には設定を無視したとんでもないゲームオーバーが待ち受けています。何度もやり直しすることを考えて作られているのでストレスもありません。

写真の中の演技という新ジャンルはこのゲームが発売された12年ほど前からちっとも前進していません。いまやっても"新しい"ゲームだといえます。他のゲームとも比較したリストを作成しました。興味があればごらんください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー