Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 3,047

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
SAYURI  吉永小百合アルバム
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

SAYURI 吉永小百合アルバム [単行本]

和田誠
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,909 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

SAYURI  吉永小百合アルバム + 吉永小百合プロマイド写真集 永遠の輝き
合計価格: ¥ 6,789

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

1960年代から90年代にかけて、「平凡」「週刊平凡」に掲載された膨大な秘蔵写真のなかから400点厳選。来年1月15日公開の新作主演映画「北の零年」の特写写真も加えた、写真でつづる女優・吉永小百合の軌跡。

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2004/10/28)
  • ISBN-10: 4838714483
  • ISBN-13: 978-4838714483
  • 発売日: 2004/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 18.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 245,157位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 漢前なる大和撫子 2008/4/6
形式:単行本
父の憧れの女性である。出てくるたびに、テレビの前で正座し(笑)少年のように頬染める父を見て育った。端正なお顔立ちと凛とした佇まいの美しい女性である。世の男性は小百合様に大和撫子をみるが、私はこの人を、いい意味で男らしいと思っている。モテる男性が血中女性濃度が高いように、高い血中男性濃度が「理想の女性」を作っている。大好きな女優さんである。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Hoshino,O.
形式:単行本|Amazonで購入
 毎日、胸を締め付けられる思いでページをめくっています。

 ご同輩には、カゴメのラブレとセットで、ため息つきながらじっくりとご覧頂きたい。

 吉永小百合さんのお言葉が、各章のはじめに載っております。短いので、しみじみかみ締めながらお読みください。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 あーあ 買っちゃった 2010/11/4
投稿者 ゲバラ
形式:単行本
私は「サユリスト」ではない。「コマキスト」なのだが。ほんとは「トロツキスト」である。知らない?まあいいけど。構成は和田誠だが表紙の「SAYURI」というタイトルはやめてもらいたい。大和なでしこなんですから小百合さんは。本名である。収録されている写真をざっと見たが私が見た(知っている)早大第二文学部史学科4年の女子大生「吉永小百合」さんを見出すことは出来ない。「スッピン」というのか「素顔」の地味で小柄で目立たない吉永さん。体育の授業で卓球していた吉永さん。不味い文学部の学食でカレーうどんを召し上がっていた吉永さん。オムライスが好物と聞いたことある。「いつも一人の」吉永さん。誰も話かけないんだよな。第二文学部は廃止されたそうだ。私たちの「母校」はもうないんだ。寂しい。お嫁さんもいないし。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 よかった 2014/3/3
投稿者 仲谷 奈美子
形式:単行本|Amazonで購入
とてもきれいな商品でした 大変満足しています ありがとうございました
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック