Would you like to see this page in English? Click here.

中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 914

または
 
   
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Rohan au Louvre
 
その他のイメージを見る
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Rohan au Louvre [ハードカバー]

Hirohiko Araki
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。




商品の説明

内容説明

荒木飛呂彦氏×ルーブル美術館のプロジェクト『Rohan au Louvre』のご案内

2009年にルーブル美術館にて展示公開された原画をまとめた128ページオールカラーの『Rohan au Louvre』が登場。
『ジョジョの奇妙な冒険』第四部に登場する漫画家・岸辺露伴がルーブルを舞台に活躍するファン待望の1冊。

登録情報

  • ハードカバー
  • 出版社: Gallimard (2010/4/29)
  • 言語: フランス語, フランス語, フランス語
  • ISBN-10: 2754803629
  • ISBN-13: 978-2754803625
  • 発売日: 2010/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 26.6 x 18.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 17,786位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
60 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 気まぐれU太
形式:ハードカバー
要するに、フランス語は全くわからなかったわけだがww
簡単な内容としては、岸辺露伴が「この世で一番邪悪な絵」がある事をある女性に聞かされ、その絵を生で見る為にルーブル美術館まで足を運んだのはいいものの、現場で不思議な出来事に遭遇するという荒木飛呂彦先生らしい物語になっています。
現在ウルトラジャンプでも日本語に修正されて連載していますが、こちらの本はフルカラーになっています。
勿論、この先に出る日本語版もフルカラーになるでしょうが、俺のように発売が待てない人はこちらを買ってみるのも手だと思います。
連載中の日本語版と照らし合わせながら読んでみると、そのままより間違いなく倍以上は楽しく読む事が出来ると思います。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本語版待ち 2010/10/10
投稿者 takasan
形式:ハードカバー
全編フランス語です。コレクションで買いました。

ウルトラジャンプで読みましたが、フランス語ができないのであれば、
内容は日本語でないと全くわからないです。

露伴の思い出から始まる一枚の黒い絵に関する外伝。
3話完結で物悲しい美しいストーリーで楽しめました。

たぶんフランス語がわからないと少しも楽しめないと思います。

コレクションではなく、内容理解したいなら
もうすぐ日本語版がでるので、しばらく待った方が良いです。
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Rohan 2010/6/14
投稿者 Sonia Frances
形式:ハードカバー
Araki doesn't usually disappoint and 'Rohan au Louvre' is good but not his greatest work. It should still please his fan base though.

Other books I really like at the moment are:

Godstone - The Kairos Boxes

The Percy Jackson and the Olympians Boxed Set
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 ジョジョ 2013/3/4
投稿者 hanaohanao
形式:ハードカバー
 本書の刊行とルーブルでの企画展が、フランスで日本の漫画が受け入れられている証左であるかどうかはわからん。だってフランス語できないし。ただ、書店で本書を手にとって眺めてみて、今更ながら『ジョジョの奇妙な冒険』の物語と絵とが大幅に進化したことを再認識した。この世で最も黒い絵というコンセプトがとっても気にいった。あらゆる波長の光を完全に吸収できる、吸収率1.0の物体を黒体というらしい。完全な黒体はレーダー波も完全に吸収し探知できなかったりもする。本書の『世界一黒い絵』が認識不能な”裂け目”として、いかに物語を構成し支えていたか。とっても絵も装丁も綺麗で手元に残したくなります。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 3.0 フランス語表記・・ 2012/9/30
投稿者 Amazon Customer
形式:ハードカバー|Amazonで購入
タイムセールで安かったので条件反射的に購入。
届いてから気づきました・・
もちろん自分のミスですが購入される方は注意してください
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック