Amazon Kindleでは、 Rereading German History をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Rereading German History: From Unification to Reunification 1800-1996 (英語) ハードカバー – 1997/11


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 115,041 ¥ 3,063


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

In this text, the author draws together his review essays on the political, economic, cultural and social history of Germany through war and reunification. This book provides a study of how historians - mainly German, American, British, and French - have provided a series of differing and often conflicting readings of the German past in recent years. It also presents a reconsideration of German history in the light of the recent decline and fall of the German Democratic Republic, collapse of the Berlin Wall and the reunification of Germany.

レビュー

'A coherent, if contentious, left-liberal view of modern German history ... it flows easily in a sprightly, jargon-free prose ... illuminated by flashes of academic aggression.' Times Higher Education Supplement"

登録情報

  • ハードカバー: 272ページ
  • 出版社: Routledge (1997/11)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0415158990
  • ISBN-13: 978-0415158992
  • 発売日: 1997/11
  • 商品パッケージの寸法: 23.9 x 16.2 x 2.4 cm
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
書き出し
As German unification proceeded on its apparently inevitable course in 1989/90, and Chancellor Kohl scrambled with indecent haste to write his name into the history books as the second Bismarck, images sprang to mind of that previous unification, over a century and a quarter ago, and the consequences it brought to Europe and the world in the following decades. 最初のページを読む
その他の機能
頻出単語一覧
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック