Renaud Capucon: Le Boeuf ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

Renaud Capucon: Le Boeuf Sur Le Toit CD, Import

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,437 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 730より 中古品の出品:5¥ 622より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の カピュソン(ルノー)&カピュソン(ゴーティエ),メイエ(ポール) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 演奏: Renaud Capucon
  • オーケストラ: Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
  • 指揮: Daniel Harding
  • 作曲: Darius Milhaud, Camille Saint-Saens, Maurice Ravel, Hector Berlioz, Jules Massenet
  • CD (2001/9/20)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Virgin Classics
  • ASIN: B00005IA1V
  • EAN: 0724354548222
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 576,491位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
2
30
5:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
3
30
10:55
アルバムのみ
4
30
10:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
8:14
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
6
30
6:29
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
7
30
8:50
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
14:51
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

Just another disc of flashy French frippery? Actually, no. You may not have heard of violinist Renaud Capuçon but on the basis of this recital CD, he's an A-list player, no question. And it's a well chosen recital, too, combining the popular (Massenet's "Méditation", Saint-Saëns' Introduction et rondo capriccioso) with some slightly more off-beat choices (Berlioz's Rêverie et caprice, Milhaud's Le Boeuf sur le toit in its violin-and-orchestra incarnation). Capuçon plays a Strad that once belonged to the great Fritz Kreisler, and the sound that he makes is ravishing and richly multi-faceted, whether in Saint-Saëns' fiendish Danse macabre or Ravel's gypsy-inspired Tgizane. Perhaps the best is left till last--Milhaud's own arrangement of Boeuf (intended, though never used, as an accompaniment to footage of Charlie Chaplin). Already outrageous in spirit and harmony in its purely orchestral guise, the addition of a fiendish solo part (complete with a manic cadenza by Honegger) seems to have inspired even greater musical malarkey. It's a piece that falls flat on its face if the players aren't up to it, but that's simply not an issue here. Capuçon's brilliance is matched throughout the disc by the playing of the Deutsche Kammerphilharmonie under the inspired leadership of Daniel Harding, and the recording is a fine one. The very thing to brighten the darkest of days. --Harriet Smith


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
弱冠三十歳のフランスの若手ルノー・カプソンの演奏は、あまりにも奏かれ過ぎたがゆえにもはや1%の斬新さの可能性も疑わしい小品につきまとう陳腐さから、奇跡的に免れている。おそらくどれ一つとして、曲の旋律美に、あるいはストラディヴァリウスの美音にまかせて等閑にされたフレーズはない。そしてハーディングとドイツ室内管のコントラストの効いた伴奏は、これらの曲のオーケストラ・パートにこれほどまでに可能性があったのだということを、改めて思い知らせてくれる。これはやはり、ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニストがいわゆる伴奏指揮者を得て気軽に奏いたアンコール・ピースではないのだ。気鋭の二人が、極度の集中力をもって録音した一枚なのである。ここでは諧謔も毒もエロスも頽廃も、全てが徹底している。一曲目の冒頭から、聴き手は彼らの魔力に惹き付けられ、そして最後の『屋根の上の牛』を聴き終えた後、いつまでもその音が耳の中で響いていることだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック