Relayer (Deluxe Version)
 
イメージを拡大
 

Relayer (Deluxe Version)

YES
2008/1/28

¥ 1,500
【無料ダウンロード】Rising Artists ~今、期待のアーティスト~
まだまだ知られていないけれども、優れた個性と音楽性を持ったアーティストたちをAmazonが全面サポートでご紹介する『Rising Artists』企画。 4月号では初めてのアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』をリリースする「ROTH BART BARON」、簡単でわかりやすく、ポップだがありきたりではないロックンロールをかき鳴らす「まちぶせ」の2アーティストをご紹介。まずは楽曲を無料でダウンロードして、気に入ったアーティストのバイオやPVをチェック。Rising Artists ~今、期待のアーティスト~ はこちら。
曲名
収録時間
人気度  
1
The Gates of Delirium (Remastered LP Version)
21:50
2
Sound Chaser (Remastered LP Version)
9:25
3
To Be Over (Remastered LP Version)
9:05
4
Soon (Remastered New Edit)
4:15
5
Sound Chaser (Single Edit)
3:09
6
The Gates of Delirium (Previously Unissued)
21:16

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • オリジナル盤発売日: 2008/1/28
  • 発売日: 2008/1/28
  • レーベル: Rhino/Elektra
  • 著作権: 2005 Rhino Entertainment Company, a Warner Music Group company
  • レーベル指定のメタデータ: 音楽ファイルは個々の購入を識別する固有の識別子がついています。詳しくはこちら
  • 収録時間: 1:09:00
  • ジャンル:
  • ASIN: B009VV5NAQ
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: MP3 アルバム - 17,911位 (MP3 アルバムのベストセラーを見る)

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
52 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD
文句無しの名盤に、ボーナス・トラック3曲が追加収録されています!特に6錯乱の扉(スタジオ・ラン・スルー)はオリジナルより音が生々しく最高です!!そして、購入を考えられている方は高価な日本盤よりこの輸入盤を購入した方が良いでしょう。日本盤は輸入盤を紙ケースで包み、帯と5Pの日本語ライナーを付けただけの輸入盤国内仕様です。英文解説翻訳がどうしても欲しい方以外は500円安いこの輸入盤の方がお薦め!?
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 飽きが来ない名盤 2006/11/25
By PeeWee
形式:CD
私は多分熱心なYesファンではないのでしょう。Yesは25年前から聴き始め、こわれものから始まり危機、究極、サードアルバム、果ては当時の新譜であるビッグ・ジェネレイターまでそれはそれは聞き込んで、今でも一通りCDで購入しましたが、自分ではまずターン・テーブルに載せることはありません。近所のロックバーあたりで流れれば勿論楽しく聞けますが、それらのいわゆるYesの名盤を自発的に聴くことは無くなってしまいました。が、本作だけは別。Yesを聴きたくなったら本作を聴きます。

本作の一曲目は名曲「錯乱の扉」。パトリックのシンセに導かれて幕が開くと、アランの安定したビートの上を各メンバーが楽器をぶつけあう、ストラヴィンスキーあたりの影響も感じさせる、緊張感に満ちた楽曲になっています。派手な前任者のビル・ブラフォードに比べると評価が落ちるアランですが、本作を通して安定したビートで派手なドラミングを披露していて、決して実力的には劣らない、テクニシャンぶりを楽しめると思います。そのアランのドラミングの上でぶつかり合う音の壮観な様は見事の一言だと思います。後半、いわゆる"スーン"の部分は音が飽和した後の緊張の解けた、安らぎに満ちた世界が展開されます。
一転して二曲目は各楽器のソロをフィーチャーした、すごいスピードで展開されるジャズロック。スティーヴのギターソロもパトリック
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD
音質は残念ながら98年のリマスター版に劣ります。
というより98年版が良過ぎます。
このRHINO版もかなり頑張っていて、これまでに発売された「Relayer」の中では突出した音の良さなのですが、それでも98年版にベールを2枚くらい被せた音です。
「Sound Chaser」の冒頭のドラムの乱れ打ちで比較するとよく分かります。
98年版では音抜けが良いため一音一音のタッチの違いやドラムのヘッドの弾力の具合までもが分かりますが、このRHINO版では音がべったりとしており、そこまでのレベルには達していません。
98年版はホワイトが目の前に見えるようですが、このRHINO版は細かい音の羅列でしかありません。
RHINOの関係者は98年版および01年の再発版のどちらも聴いたことがないと思います。
聴いていれば超えるものを作ろうとするはずです。
名アルバムだけに残念です。
98年版の再再発を強く希望します。

しかしこのRHINO版はボーナストラックだけで買いです。
他の方も書いていらっしゃいますが「錯乱の扉」Run-Throughの生々しさは、ファンであればある程、涎ものだと思います。
ミックスを重ねてないため音が良く、ボーカルは、アンダーソンと収録マイクとの距
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 過ぎゆく夏。 2009/6/17
By ボヘミャー 殿堂入りレビュアー トップ50レビュアー
形式:CD
『危機』で頂点を極めて、ビル・ブラッフォードがクリムゾンに去り、
2枚組アルバムで、1面1曲だけでトータル4曲って、誰もやってないということで『海洋地形学の物語』が創られ、
リック・ウェイクマンが去った。
そして創られた『リレイヤー』。ジャケットは、ロジャー・ディーンの力作。素晴らしい。

アルバム1枚で3曲の構成は『危機』と同じ。どの曲も密度が高く充実していて名盤に仕上がっている。
1曲目、2曲目は、『危機』でいえば、「危機」と「シベリアン・カトゥール」にあたる。
いちばん印象的だったのは3曲目の「To be over」。曲の雰囲気としては「同士」に近いが、
このなにかが終わっていくような静かさは、YESの音楽で初めて聴いた。

いつもはドカスカ叩いてばかりのアラン・ホワイトも、
ここではブラシを使ったり、繊細なシンバルワークを聴かせていて好ましい。
過ぎ去っていく夏を肌に感じるような、晩夏を思わせる美しい曲。

タイトル通りに、イエスの『こわれもの』で爆発し『危機』に極まったエネルギーが、
ここにやすらいで、終わっていく。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 ドラムが最高です・・・!
70年代YESの大作主義最終作はRICK WAKEMANに代わるPATRICK... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: camelcollins
5つ星のうち 5.0 絶頂期
イエスは、4枚目のコワレモノから、危機、海洋地底学、そしてリレイヤーが聞き応えのある... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: 澤田明夫
5つ星のうち 5.0 もうすこし認められてほしい傑作
私はリックウエイクマン信者ですが、この作品はさぼり屋のRICKではできなかったと思うのです。アルバムのテーマ性、サウンドオブチェイサーはイエスの最高の演奏です。な... 続きを読む
投稿日: 2012/3/25 投稿者: テニスおやじ
5つ星のうち 3.0 PCでかかりません
... 続きを読む
投稿日: 2012/3/17 投稿者: blackstar
5つ星のうち 5.0 YESの”二作目”の最高傑作
「危機」を聴いた時は、それはそれはとてつもない衝撃を受けた。
紛れも無く最高傑作だろう、そう思った。... 続きを読む
投稿日: 2011/10/24 投稿者: lovemiku
5つ星のうち 4.0 Relayer 1974
"The Gates of Delirium"
"Sound Chaser"
が◎。... 続きを読む
投稿日: 2011/7/6 投稿者: uptail
5つ星のうち 5.0 パトリックモラーツいいですね
Yesはウエイクマンでブレイクしたのだと思いますが、モラーツもいいです。当方は20年くらい前にこわれものを聴いたくらいで、最近のNHKプレミアムライブで最ブレイク... 続きを読む
投稿日: 2011/6/24 投稿者: はじー
5つ星のうち 5.0 パトリック・モラーツ参加の唯一の作品
74年発表の8作目。本作もイエスの作品の中では人気のあるものの一つだろう。その理由はリック・ウェイクマンに代わって加入したパトリック・モラーツの演奏が聞ける唯一の... 続きを読む
投稿日: 2011/4/27 投稿者: おバカの国 寿
5つ星のうち 5.0 即興そして無調。メンバーの演奏能力が最大値を指した傑作
1974年8月〜10月にかけてイギリスのエディー・オフォードのモバイル・イクイプメントにて録音。1974年12月13日リリース。リック・ウェイクマンはこの年の6月... 続きを読む
投稿日: 2010/12/27 投稿者: voodootalk
5つ星のうち 5.0 危機に匹敵する錯乱の扉
イエスの7thアルバム。1974作
この美しいジャケットも素晴らしいが、サウンドの方もじつにいい。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/13 投稿者: 緑川 とうせい
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

この商品を見た後に買っているのは?


関連商品を探す

ARRAY(0xa8f64a14)