この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

RANGEMAN 1 (レンジマン1) コミック – 2006/10/18


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/10/18)
  • ISBN-10: 4091206689
  • ISBN-13: 978-4091206688
  • 発売日: 2006/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シマコロ 投稿日 2006/10/24
形式: コミック
いでじゅうのモリタイシの新作品!

ですが連載で読むとパワー不足が否めませんでした。

さらに漫画自体のジャンルも恋愛なのかギャグなのかピンときません。

しかし単行本で通して読むと伏線や大きな流れがよくわかり

新しい発見もあります。

いでじゅうでも初期はぐだぐだな展開から化けたので

レンジマンも打ち切りにさえ会わなければ大化けする可能性あるので

期待をこめて星4つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サクラニサクラサク 投稿日 2007/3/30
形式: コミック
「いでじゅう」の時からのファンです。
全然モテない主人公・錬児が国民的アイドル・風香のために成り行きで「レンジマン」となり悪と戦うギャグコメディですが、
作者・モリタイシの作品は流行の突っ込み満載のギャグではなく、
シュールな展開と絵柄で笑わせます。

ですが1巻はモリ先生の作品がはじめての人にはイマイチかもしれません。
ヒロイン・風香がまだ脇役に過ぎないからです。

風香が本格的に動き出すのは2巻からで、
1巻が面白いと思えた人は間違いなく2巻以降の2人の掛け合いが楽しく思えるはずです。
コテコテのラブコメとギャグが好きな人には絶対お奨めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 vtwin 投稿日 2010/10/4
形式: コミック
レンジマン。僕はこの漫画ほど何度も読み直したことはないほど、この漫画にハマりました。
ラブコメ好きなら一度は読んでもらいたい、お勧めの本です。しかし連載時は全くの不評の打ち切り作品。
その理由のほとんどは、始まりの酷さにあるといえるでしょう。のっけからキモウザパワー全開の主人公大塚錬児に、読者はドン引きすること請け合い。僕はコミック派ですが、一回たまたま連載時のレンジマンを読んだ時に(錬児が初めて変身しメガネスターと戦う回)、モリタイシどうしちゃったんだ!?とビックリして一時期見切りをつけてました。しかしそんな最悪の出だしだったこの作品、実は最強の作品でした。週刊連載ではネガを払拭できなかったが、コミックでしか読めない今だからこそ読んで欲しい。熱い思いを込めてこの1巻に星一つをつけます。錬児のキモウザ度を分析するという、マゾヒスティックな楽しみ方でもして、物語の設定の要だからガマンして読んでください。2巻からは大丈夫ですから。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 笑む爺 投稿日 2009/12/2
形式: コミック
ラブコメが好きな私的には最近少ないヒット作品です!
まさに少年誌的ラブコメといった感じで
近年無駄に性欲を煽るだけのつまらないラブコメが多い中
エロより、やり取りの中で恋愛の楽しみをみせてくれる
こういう作品には救われます。
モリタイシさんの作品、他にも読んでみたいと思わせられました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 すっぱい次郎 投稿日 2007/10/6
形式: コミック
恋はもどかしくて愚かで馬鹿馬鹿しくも・・・

言葉にするとキリがない。
ただ単に少年漫画としての面白さを求めると火傷する。
「甘酸っぱさ」の所存は人それぞれだからなんとも言えんが
不恰好な青春時代を過ごした人ならきっとこの漫画、
というかモリタイシという人物にやられてしまう。
作者自身が甘酸っぱすぎる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック