アルバムを再生 外出先で再生できるように、iOS または Android 用の無料 Amazon ミュージックアプリを取得
現在、Amazon ミュージックアカウントがこの国に関連付けられていません。プライムミュージックをお楽しみいただくためには、ミュージックライブラリに移動して、アカウントを Amazon.co.jp に転送してください。
  
Purple Rain (1984 Film) がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,350MP3アルバムを購入

Purple Rain (1984 Film) CD, Import, Soundtrack

5つ星のうち 4.9 40件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 841 通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:23¥ 450より 中古品の出品:18¥ 212より

~ミュージック 輸入盤ストア~
各ジャンルの輸入盤を販売中。輸入盤ストアでは、厳選タイトル2点で10%OFFの輸入盤セール実施中。(~2016/3/31) ミュージック 輸入盤ストア


Amazon の プリンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • キャンペーン 対象商品:「PCソフトとまとめ買いで最大2,000円OFF」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。


よく一緒に購入されている商品

  • Purple Rain (1984 Film)
  • +
  • 1999
  • +
  • Around the World in a Day
総額: ¥2,815
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1994/6/17)
  • オリジナル盤発売日: 1984/7/27
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import, Soundtrack
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • 収録時間: 111 分
  • ASIN: B000002L68
  • EAN: 0075992511025
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 16,372位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:40
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
2
30
3:54
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
3
30
5:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
3:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
4:14
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
6
30
5:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
7
30
2:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
4:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
9
30
8:42
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 

商品の説明

Amazonレビュー

   もしかするとプリンス&ザ・レボリューションによる本作がこれから先、あの1984年に巻き起こしたほど革新的に響くことはないだろう(そして「When Doves Cry」のような甘くささやきわくわくさせるナンバーもほかにはなかった)。だが、本作はプリンスのアーティストとしてのキャリアの中でも、そのポップ性を極めた記念碑的作品である。
   同タイトルのヒット映画は、プリンスが映画館の大画面でそうしたナンバーを披露する見本的な内容だった(天井を突き破るかのようなライヴテイクの数曲はミネアポリスのクラブでプレイされた)。「Let's Go Crazy」がどうしてあの変な説教(プリンスを愛さずにはいられない理由のひとつは、彼がいつだっておかしな奴だったからだ)で始まるのかは理解できないが、どういうわけかうれしく思えるのも事実だ。ほかにも本作の聴きどころとしては、性的にきわどい「Darling Nikki」(そのきちがいじみたエンディングも含めて)や、あの賛美歌的なタイトル曲があげられる。本作を聴くと、ザ・レボリューションに在籍したウェンディーとリサに懐かしさを覚えずにはいられない。(Jim Emerson, Amazon.com)


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
まだ聞いていない人は是非聞いて欲しい名盤中の名盤です。溢れんばかりの才能とテクニックを発揮してきたプリンスはこのアルバムが発売されるまではまだ知る人ぞ知るという存在でした。しかしこのアルバムの超大ヒット全米26週連続NO・1と5曲ものシングルヒットで誰にも知らしめしました!!前後のアルバムも強烈にインパクトがあり聞きごたえ十分ですが、万人受けするのはやっぱりこのアルバムにつきます。1のロックンロールからファンク、テクノ、ゴスペル、ソウル、ジャズなど贅沢に取り入れた全く無駄のない最高のアルバムです!!雲の上の存在のようなプリンスがグラミー賞やアメリカンミュージックアワードにも登場してスタンディングオベーションのパフォーマンスも印象的でした。
コメント 19人中19人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD
この『Purple Rain』については、こむずかしいことは語れないし、評論家さんやポップスの歴史家さんのようにはとても語れないです
当時十五歳だった僕はこのアルバムで完全に青春狂わされた(笑)
もういっぺん十五歳になったとしても、もういっぺん狂いたい(笑)
棺桶に入るまでこのアルバムの「When Doves Cry(ビートに抱かれて)」や「I Would Die 4 U」「Purple Rain」を聴くんだと思った。
それくらい、いい香りがしてた

興味がわくのは、いま(2009年)のプリンス(大物ミュージシャンのひとり、として認識されていると思うけれどこの『Purple Rain』をリリースした1984年のような''社会現象'、'台風の目'的存在ではない)だけを知っている世代の人たち(つまり若い人たち)に、このアルバムのサウンドがどう聞こえるだろう?ということ(古くさく聞こえるのかな?)

僕自身はこのアルバムに対する長年の不満はひとつだけ。冒頭の「Let’s Go Crazy」がExtended Version(映画『Purple Rain』で劇中バンド The Revolutionが演奏しているバージョン)でないことだけ。(「Let’s Go Crazy」の真価が聴けるのは、このブギーが一転して
...続きを読む ›
1 コメント 90人中83人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 red-bear VINE メンバー 投稿日 2003/10/4
形式: CD
84年、洋楽ファンならずとも世間にPRINCEありと知らしめた大ヒット・アルバム。
同名の映画のサントラとして発売されたが、やはり先に音があり、溢れ出る才能のあまりトータルコンセプトを執れきれず、後づけで映画を作ってしまったのではないかとさえ疑ってしまう。
これで売れなければおかしいといった潔さと完璧さがある(売れることは悪いことではない)。

本作は、それまで年1枚アルバムを出し続けてきた彼が2年置いて、しかもThe Revolutionというバンドと連名で出した初の共演アルバムでもある。
しかし内容はあくまで前5作に表現されていたプリンスの集大成的なものだ。
プリンスは最初から天才だった。
だが前作までと音楽的なスケール、質ともに桁違いにアップしている。

その2年間、彼に何があったのだろう。
たぶん今まで知らなかった多くの人と出会い、様々な音楽を聴いたのだろう。
そしてバンドのメンバー達と化学反応みたいなものを起こし、自分の天賦の才とキャリアをまとめ上げた。
そうでもなければ、ここまで大衆的でありながら、完璧な音楽は創れたものではない。
それまでの彼になかった(避けてきた?)ジャズ的な要素も加わった。
#5をじっくり聴くと、そのニュアンス
...続きを読む ›
コメント 22人中21人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD
超カッコイイ・ロックンロールLet's go crazyに始まり、最高に美しいバラードPurple rainまで一気にエネルギーとエロティックに満ちた時間が駆け抜けます。1984年度グラミー賞Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal 受賞作品。
コメント 18人中17人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD
前作"1999"の成功をきっかけに、Princeという一人の天才がアメリカの頂点を極めたといっても良い作品"Purple Rain"。この作品は同タイトルの、彼の自伝的映画"Purple Rain"のサウンドトラックとして発売されたものであるが、映画音楽というより、Prince自身のトータルアルバムとして考えても間違いないかと思う。全世界で約1,500万枚の売り上げを誇る、Princeの歴史の中でも最も有名である作品ではあるけれど、意外とこの作品はファン達の中でも賛否両論の強いアルバムでもあり、Princeの代表作と呼んでしまっていいのか?という疑問はあるけれど、名盤という事実は代わりないかと思う。

"1999"より、Princeの作品がエンターテイメント性やビジュアル性を備えた、コマーシャル的な色が濃く見られるようになってきたが、その中でもこの作品は特にそういった色合いが濃い。また、このアルバムに関して言うとファンク的なノリは少なく、全曲がロックテイストに染まっているという事も特徴の一つであるかと思う。但し、その中にもPrinceらしいビートへのこだわりは含まれており、基本はロック的な8ビートではあるものの、2ビート的なノリを感じさせるリズムパターンを構築している。それだけに、ノリやすいスピード感のあるサウンドが、アルバム全体を覆っているようにも思う。ヒット
...続きを読む ›
コメント 6人中6人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック