¥ 2,160
通常配送無料 詳細
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Processingをは... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/22


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,450


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Processingをはじめよう (Make: PROJECTS) + [普及版]ジェネラティブ・アート―Processingによる実践ガイド
両方の価格: ¥ 4,104
ポイントの合計:  124pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

Processingは、イメージ、アニメーション、インタラクティブなグラフィックスをプログラムするためのオープンソースのプログラミング言語です。紙にスケッチするように、すぐに結果が確認できることから、プログラミング入門としても優れています。開発者自らが執筆した本書では、シンプルな図形の描画にはじまり、変形、インタラクティブな動き、関数やオブジェクトを使ったプログラム、さらにArduinoを使ってセンサのデータを可視化する方法まで、わかりやすく順を追って解説します。日本語版ではクイックリファレンスとAndroidプログラミングに関する解説を加えました。Processing2.0対応。

著者について

Casey Reas(ケイシー・リース):UCLA Design Media Arts学科教授、MIT Media Lab卒。リースの開発したソフトウェアは米国、ヨーロッパ、そしてアジアにおける多数の個人またはグループの展覧会にて大きな役割を果たしている。

Ben Fly(ベン・フライ):マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点としているデザイナー、プログラマー、作家。MIT Media Labにて博士号を取得。2005年のアルスエレクトロニカで金賞を受賞したソフトウェア、Processingをケイシー・リースと共に開発している。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 252ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2011/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873115159
  • ISBN-13: 978-4873115153
  • 発売日: 2011/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 15 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 68,339位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 フチコマ 投稿日 2012/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
Processingはプログラムを作るソフトですが、見た目に鮮やかなたくさんの作品(?と呼んでいいのでしょうか)が公式サイトには上がっていて、新しいアートの形を予感させてくれます。

本書はProcessingの作り手による解説書です。

よくある概説書のような退屈なものではなく、まずは触りながら覚えようというコンセプトで書かれているので、いきなり自分で○を壁画するプログラムを書けたりと、とても楽しいです。

さらにポイントは、Processingがとても簡単にプログラムを書けるようになっていること。まったくプログラムなどに触れたことのない私でも、大体のことは分かりました。

自分のやりたいことさえあれば、本書片手に相当なことまでできるのではないかと思います。

本書のステップアップとして、機能の紹介だけではなく、公式サイトで公開されているような見事なものはどうやって作られているか、その解説本のようなものが出て欲しいです。機能は分かったがそして私は何が出来るのか、というところで止まっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2012/4/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
PerfumeのモーションデータがProcessing(とoF)のプログラムとして公開されたように、Processingは映像や音を扱うのに適したツールです。とくに映像のプログラミングは、コンピュータ言語を学ぶのに適した方法だと思います。結果が目でみてわかるので、成功しても失敗しても分かりやすいのです。この本は、単純な図形から少しずつ難しい絵に発展させながら、プログラムの仕方を学べるようになっています。そもそもProcessingの開発者はそういう学習方法を実現するためにProcessingを作ったようです。深さはあまりありませんが、挫折する確率の小さいプログラミング入門書だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 立替払1級 投稿日 2014/12/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書を読んで真っ先に思い出したのは、80年代前半のBASICのマニュアルでした。
あの頃はパソコンというものが、それ自体役に立たなくても楽しかった。
それを思い出させてくれるような内容になってます。
Processingがそんな言語でもあるわけですが。

当時を知っていて、今のソフトウェア開発に疲れた方は一度本書を読みながらProcessingで遊んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gra 投稿日 2014/8/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
プログラミング未経験者向けのProcessingの入門本。
普段コードを書いている人には、お決まりの文法解説は少し退屈かもしれない。
中で使われているビジュアル化の技法は参考になりました。
巻末にリファレンスもついているので、入門本としてはオススメ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック