Would you like to see this page in English? Click here.

¥ 3,623 + ¥ 350 関東への配送料
通常2~3週間以内に発送. 販売元: グローバルメディアデリバリー

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Portrait of a Lady
 
 

Portrait of a Lady [Soundtrack, Import]

Portrait Of A Lady CD

価格: ¥ 3,623
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、グローバルメディアデリバリー が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

Amazon の Portrait Of A Lady ストア

Portrait Of A LadyのAmazonアーティストストア
すべてのミュージックやディスカッションなど.

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報


1. Prologue: My Life Before Me
2. The Potrait Of A Lady
3. Flowers Of Firenze
4. Twilight Cellos
5. A Certain Light
6. Cypresses
7. Impromptu In G Flat, D.899 No.3
8. Impromptu In A Flat, D899 No.4
9. String Quartet In D Minor, D810: Death And The Maiden
10. Epilogue: The Potrait Of A Lady
11. Phantasms Of Love
12. The Kiss
13. Love Remains
14. End Credits

商品の説明

Amazonレビュー

This sumptuous adaptation of Henry James's enormous novel, is full of psychological dramas. With a firm idea how music would chronicle Isabel's destiny, director Jane Campion called upon Wojciech Kilar for that which his music achieves so well. In his own words: "I think the best film music repeats its basic themes--each time with small variations." His writing style of taking a motif and spinning us around and around with it is perfectly suited to the idea of a turn-of-the-century woman walking circles within an enclosed world. There's at least three primary themes represented on the album. The title cue is perhaps the most outstanding: strings swirl upwards to a peak, before swiftly moving down to the start of the piece to begin again with an additional layer. If you know his score to Bram Stoker's Dracula this description will be familiar. The method is also applied to the reed ensemble that work the theme introduced in "Flowers Of Firenze", and for the aptly named "Twilight Cellos". With a delightful Schubert interlude midway, this is symphonic film music at its most soulful. --Paul Tonks

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック