Pioneer AVアンプ 6.2ch AirPl... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Pioneer AVアンプ 6.2ch AirPlay/MHL/4K/ハイレゾ対応 VSX-S510

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 70,457
価格: ¥ 34,558 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 35,899 (51%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでスポーツイヤホンを割引 3 件

残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 34,558より 中古品の出品:1¥ 39,800より
  • ●本格的なサラウンドを楽しめるスリムなAVアンプ
  • ●高効率&ハイパワーClassDアンプ搭載110W/ch
  • ●HDMI6(5+1)in/1out
  • ●《製品仕様》
  • ●パワーアンプチャンネル数:6
個装箱で発送:
Amazon.co.jp が発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


簡単設定「Start-up Navi」やDSD対応ハイレゾ再生など、先進のネットワーク機能を満載。
Pioneer 5.2ch AVアンプ VSA-830 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Pioneer AVアンプ 6.2ch AirPlay/MHL/4K/ハイレゾ対応 VSX-S510
  • +
  • HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m ゴールド 4K/60p 3D HEC ARC リンク機能 HDM15-891GD
総額: ¥35,232
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法51.4 x 40.8 x 15.8 cm ; 5 Kg
発送重量5 Kg
メーカー型番VSX-S510
ASINB00FGTL1O4
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/9/27
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 9,888位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

「本格的なサラウンドを楽しめるスリムなAVアンプAVアンプ」"
"【VSX-S510の主な仕様】"
"高効率&ハイパワー Class Dアンプ搭載110 W/ ch (1 kHz、1 %、4 Ω、1 ch駆動時)"
"HDMI 6(5+1)in / 1 out "
"4Kパススルー (24p/30p) "
"MHL for Android(3D対応) "
"AirPlay、Made for iPod iPhone iPad DLNA 1.5/ Windows 8 認証 "
"インターネットラジオ (vTuner)"
"AIFF/Apple lossless(96kHz/24bit) ・FLAC/WAV 192kHz/24bit 再生・ギャップレス再生対応 "
"Bluetoothオプション対応 "
" Air Jam App "
"Pioneer Control app(端末内の音楽コンテンツを再生できるPUSH PLAYER機能搭載 "
"iOSデバイス&Androidデバイス)"
"HDMIスタンバイパススルー"
"GUI(ネットワーク)、OSD(セットアップ)、シンプルオーバーレイ対応"
"ECOモード"
"Auto MCACC"
"FM、AMチューナー内蔵

Pioneer(パイオニア)について

Pioneerロゴ

Pioneer(パイオニア)創業者である松本望が、生まれて初めて聴いたダイナミック・スピーカーの音に心の底から感動し、「いつかきっと、このような素晴らしいものを作ってやろう。」と決心したことが、パイオニア創業の原点です。
1937年、パイオニアの創業者 松本望は、国内初のHi-Fiダイナミックスピーカーの開発に成功し、翌年の1938年にパイオニアの前身である「福音商会電機製作所」を創業しました。

「音楽の感動を、あまねく、多くの人々に」、この言葉を創業の理念としてうたい、そのスピリットは時代を超えて変わることなく、理想の音を探求し続ける現在のパイオニアブランドの姿勢に受け継がれています。

Pioneer(パイオニア)ストア


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

発売当初に購入しましたが、
最近プリアウトからも繋いで6.1ch構成にしたことと、
現在でも一定の評価が上がっていることもあり、
レビューしました。
まずデジタルアンプである故の低消費電力・低発熱。
AVアンプとして珍しい省スペースな筐体とあいまって
これは書斎や寝室に設置する際に非常に良いアドバンテージ。
大げさにならないのが良いですね。
となると、サラウンド周りのスピーカもなるべく目立たない
設置で行いたく、いい感じの壁面設置方法を見つけたため
思い切ってサラウンドバック*2台をプリアウトから別デジアン経由で
繋いで使用し、フロント*2、リア*2、Sバック*2、SW*1で
構成しました。
メーカーの商品紹介でも5.1ch構成で描かれており、
仕様を見てもSW2台接続とか、読み解きにくいんですが、
要は7.1CHが出来るアンプなんです。
(SW2台繋いでも2台同時には音がでない?)

リアとサラウンドバックは高めの設置で角度はこうして等、
設置は気をつけたほうがいいですが、
この構成にして、ジブリや攻殻、ハリウッド系アクションものとか
見なおしてみると、前後だけではなく上下の音場感覚も
しっかり楽しめて、非常に良い感じです。
中々楽しめるアンプですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 AirPlayが出来るという事で2015年8月に購入しました。設置は2015年8月23日に行いました。音的にどうのこうのは気にしていなくて、「AirPlay」と「設置スペース」を最優先しました。
 サイズについては本当にスリムで、言うことなしです。黒があればもっといいのになぁと思います。AirPlayに関しては、iOS8デバイスによるAirPlayが全くできないので、当初の目的を達成出来ず星1つとします。
 ちなみにAirPlayに関して、デバイス上でAirplayを選択し、再生ボタンを押すと、自動でVSX-S510の電源が入り、自動でAirplayモードになり、アンプの準備が整うと音が出ます。既に電源が入っている場合は気にするほどのタイムラグもなく、Airplayに切り替わり音が出ます。また、Airplay中はVSX-S510付属のリモコンでもスキップなどの操作が出来ます。ところがMacOSX10.8.5のMacbookPro13のWiFi接続環境では問題なく、また、iOS6.1.6のiPod Touchでも完璧に再生、操作出来ますが、iOS8のiPhone5s、iPhone6 2台、iPhone4sはVSX-S510を認識はするも音が出ないと言う状況です。
 という事で私にとっては、カスタマーセンターとのMailでのやり取りの方法の評価も含めて星
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
DVDを観る為に昔の5.1ホームシアターアンプを使っていたが、最近のBDのドルビーTrueHD DTS-HD Master Audioに対応させる為に購入

値段の割には6.2chで3Dや4K対応で一通り揃っているのが良い、リモコンの反応も良く同じパイオニアのBDプレーヤーと違ってこちらは使いやすい
HDMI接続で注意が一つ、各BDプレーヤーは本来テレビの2ch音声で接続なのでプレーヤーの方のHDMI設定を変更しないとアンプ本来の性能が発揮されない

HDMIには信号の種類が別々に設定出来るのに気が付かず、BDプレーヤーの初期設定のテレビ用2chでHDMI信号をアンプに送っていて気が付かなかった
アンプの設定は簡単だったが、メーカーによってはDVDやBDの信号出力側のHDMIにも設定がありダイレクト信号に変更しなければならない場合がある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
VSX-S510 と PCを ビデオカードのHDMI出力でつなげてみました。
WIN 7 64bit GeForce GTX 470 ドライバ355.60 DVI×2 とミニHDMI出力の ミニHDMIから。
VSX-S510 DVR/BDR 入力へ
VSX-S510 のモニタHDMI出力からPanasonic TH-55CX700 テレビに。

PC NVIDIA コントロールパネルにVSX-S510の項目が出ました。

サウンドの項目でVSX-S510-1が出ました。

構成の項目で6種類 7.1サラウンドまでサポートしてると出てきます。
この項目でテストが出来ます各スピーカから音が出ました。

プロバティの全般ではLR HDMI デジタルジャックと出ました。
プロバティのサポートされている形式で4種類のオーディオ形式がサポートされていると出ました。

Panasonic TH-55CX700は3840x2160の解像度までサポートしているのに1920x1080でしか表示できません
VSX-S510 は4Kパススルーなのでビデオカードが古すぎるのか。

ちなみにGeForce GTX 470のD
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー