Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 26,400
+ 関東への配送料無料
発売元: かえるワンネット
カートに入れる
¥ 26,600
+ 関東への配送料無料
発売元: 株式会社コジマ
カートに入れる
¥ 26,622
+ 関東への配送料無料
発売元: ビックカメラ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム Bluetooth対応 HTP-SB560

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 34,033
価格: ¥ 24,179 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 9,854 (29%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでSIMカード割引 2 件

残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:13¥ 24,179より
  • ●テレビの前をすっきり演出するスリムデザインを採用
  • ●低音で発生する振動を抑える「マナーモード」搭載
  • ●Bluetooth接続がより簡単に、さらに高音質に
  • ●薄型テレビの周りにすっきりと納まるスリムでコンパクトなスタイリッシュデザイン。
  • ●テレビの前に手軽に設置できる横幅80cmのバータイプスピーカー採用。


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


よく一緒に購入されている商品

  • Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム Bluetooth対応 HTP-SB560
  • +
  • HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m ゴールド 4K/60p 3D HEC ARC リンク機能 HDM15-891GD
総額: ¥24,853
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
HDMIポート数3
出力ワット数60 W
ワイヤレス対応Bluetooth
  
登録情報
商品パッケージの寸法85 x 62 x 22 cm ; 13 Kg
発送重量13 Kg
メーカー型番HTP-SB560
ASINB00MNZMWO2
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/8/7
おすすめ度 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 2,293位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

1;基本性能を満たして、さらにスリム、コンパクト、スタイリッシュ - お部屋の景観を乱さない質感高いデザイン - 多彩な音声フォーマットに対応。ドルビーTrueHD/DTS-HDのロスレスサウンドに対応 - HDMI入力3系統出力1系統搭載。(4K/60P対応) - 角度調節機能、IRリフレクターでTV前での使い勝手を向上 2;時間帯や生活空間にあわせて迷惑な音漏れや騒音をカットするための新機能搭載 - 低音の振動を低減させ、周囲への迷惑を気にすることなくTVや映画を楽しめる『マナーモード』搭載 - 深夜でもしっかり楽しんでいただけるよう、ヘッドホン端子搭載(PHONES SURROUND搭載) 3;音質向上を果たしつつ、ご家族全員で使っていただける リビングオーディオシステムを実現 - 単品スピーカーの技術を活用し、銅キャップを付加する事で高音まで伸びやかでクリアな音を実現 - 楽々操作の簡単リモコン。TVの操作も簡単ARC機能搭載 - Bluetoothでワイヤレスを楽しまれる時も高音質で楽しめるApt-X/AACなど高音質コーデックに対応 - Bluetooth接続をより簡単に“NFC"“BT STANDBYモード"搭載 - Bluetooth接続時の楽しさをさらに追及“Pioneer Wireless Streaming APP"対応 - アナログ入力を新たに追加しCDやポータブルプレーヤーなども接続可能

Amazonより


Pioneerフロントサラウンドシステム比較表

Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム Bluetooth対応 HTP-SB550
HTP-SB550
Pioneer 3.1ch サウンドバーシステム HTP-SB560
HTP-SB560
Pioneer ワイヤレスサウンドバー Bluetooth対応 SBX-N700
SBX-N700
Pioneer ワイヤレスサウンドバー Bluetooth対応 SBX-N500
SBX-N500
スピーカーサイズ(W×H×D)
重量
800×57×85(mm)
1.5kg
800×57×86(mm)
1.4kg
900×86×121(mm)
4.4kg
900×86×121(mm)
4.4kg
サブウーファーサイズ(W×H×D)
重量
435×128×363(mm)
7.6kg
435×115×363(mm)
7.6kg
200×415×271(mm)
6.7kg
入出力端子
HDMI入力:3系統
HDMI出力:1系統
光デジタル音声入力:1系統

HDMI入力:3系統
HDMI出力:1系統
光デジタル音声入力:1系統
HDMI出力:1系統
光デジタル音声入力:2系統
USBデジタル入力:○ (Type A)
IR出力:1系統
LAN端子:○
HDMI出力:1系統
光デジタル音声入力:2系統
USBデジタル入力:○ (Type A)
IR出力:1系統
LAN端子:○
サブウーファー ○ (ワイヤレス) ×
出力 100W 100W 220W 140W
備考 ・銅キャップ付きの新スピーカーユニット採用(全3ch分)
・2種類のマナーモード搭載
・BluetoothのNFC対応
・Bluetoothスタンバイモード、Bluetoothオートコネクト機能搭載
・BluetoothのApt-X/AAC 高音質コーデック対応
・「Pioneer Wireless Streaming」アプリ対応
・最新HDMI2.0準拠(4K/60p対応)
・ネットワーク機能対応 「Miracast」 「Wi-Fi Direct」 「YouTube Send to TV」
・ビルトインサブウーファー
・「Pioneer ControlApp」アプリ対応
・BT Transmitter機能 (本機で再生される音をBluetooth受信機で聴く)
・ネットワーク機能対応 「Miracast」 「Wi-Fi Direct」 「YouTube Send to TV」
・ビルトインサブウーファー
・「Pioneer ControlApp」アプリ対応
・BT Transmitter機能 (本機で再生される音をBluetooth受信機で聴く)

商品の説明をすべて表示する

メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

僕はそんなに音にこだわらないんですが…初めてシアターバーを買いました。
こんなにシアターバーがいいとは
思いませんでした。
ARC対応なので接続もとても
簡単でした。
テレビは東芝REGZA42z1です。
ARC対応だったのでHDMIケーブル
一本ですみました。
音が良くてビックリしました。
いつも聞こえないような音も
聞こえますよ。ドラマで歩いてて
木の葉を踏んだ音とか聞こえます(笑)
ちょっと感動します。
音がいいとドラマいつもと
違う感じで観れました。
ちょっと気になるポイントは…
電源入れて立ち上がるまで
3秒ぐらい音が出なくなります。
仕方ないとは思いますけど…
タイムロスがなくなると嬉しいです。
結論は買って良かったと思います。
音で我が家のテレビ
臨場感UPしましたから(笑)
これはいい買い物だと思います。(^ ^)
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
旧機種のSB550との違いは、4K対応(パススルー)、BluetoothのNFCとapt-X、ヘッドホン端子、アナログ入力、スリープ/オートタイマー、銅キャップスピーカーです。
apt-Xは普通のBluetoothより音が良いので、対応した機種をお持ちなら、あったほうが良いですし、銅キャップのフルレンジスピーカーも良い音です。そもそも、同じパイオニアのバータイプでも、このシリーズ(SB560,SB760)だけ音が良いです。

N700やN500は多機能だけれども、本体に無理にサブウファーを詰め込んだため、肝心の音が期待はずれです。
特にN700は音質的には何をやりたいのか理解できません。ダメなサブウーファーが2つに増えただけです。
一方、5.1ch対応のHTP-S363やS353は映画重視で、他のメーカーと同レベルの音質。サブウファーが共通なので低音は悪くはなく余裕も感じられますが、高域が伸びず明瞭さに欠け、音楽再生が良くありません。1つの箱にかけるコストが違ってくるのでしょうか、S560のスピーカーにはスピーカー ターミナルが付いています。
音質的に気になるのは、サブウーファーとのクロスオーバー付近(125Hz〜250Hz)で、音に癖があるところですが、高域の明瞭度がそれを補って余りあるほど良いです。結果的に大編成のクラ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
46インチの液晶テレビを壁に取付ましたが、低音が全く足りないため口コミの★の数をみて購入しました。
32インチのテレビ台の上にサブウーファーを横置き、その上にサウンドバーを置きましたが、邪魔にならず
満足しています。
音楽番組や映画では重低音の迫力で番組が更に充実した感じです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この商品のいいところは何と言っても他製品に比べて安いところです。私は今までテレビのスピーカーを使っておりました。
商品としてのレビューですが素の状態で使ってもあんまり変わった感じはしませんでした。ですが低音を上げると迫力と臨場感がかなり出ます。映画の銃撃戦などではテレビ台がカタカタと震えておりました(笑)またデフォルトだと高音が足りず篭ったような感じの音なのですが映画モードにすることでリバーブが効き音が篭もらずまるで映画館のような音質となりました。この商品を買うことで映画を見るのが楽しくなりましたのでテレビのスピーカーからランクを上げたいという方には大変オススメです。
ですが商品の目玉である3Dサラウンド機能は大して臨場感は出ず周囲から音が反響することはありませんでしたので5.1chスピーカーの代用としては成り得ないというのが残念でした。また音楽を聞くのにも微妙でしたので、あくまで映画を楽しみたい方向けだと懐います
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
やはりこれを利用した方がいい音で聞こえます。
ブルートゥースで接続できて、アイフォンの音楽を楽しみこともできます
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
Panasonic SC-HTB10(寿命4年5ヶ月)がお勤めを終えられたので本商品を買ってみました。 SC-HTB10は2.1chで本体にフルレンジ・スピーカーとウーファーが一体になっていて低音がボヤけた音だったのですが本商品はセパレート・タイプなので納得な低音がバッチリ聴こえます!(ズンドコですよ) 高音、中音も文句なく聴こえ音の分離、解像度も平均なのでこの価格でこの音質なら満足感がありますよ♪ ウーファー一体型2.1chバー・スピーカーの購入を考えてる方には本商品をオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー