アルバムを再生 外出先で再生できるように、iOS または Android 用の無料 Amazon ミュージックアプリを取得
現在、Amazon ミュージックアカウントがこの国に関連付けられていません。プライムミュージックをお楽しみいただくためには、ミュージックライブラリに移動して、アカウントを Amazon.co.jp に転送してください。
  

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Piano Sonatas D 845 & 575 Import

5つ星のうち 5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 3,341より 中古品の出品:7¥ 989より

~ミュージック 輸入盤ストア~
各ジャンルの輸入盤を販売中。輸入盤ストアでは、厳選タイトル2点で10%OFFの輸入盤セール実施中。(~2016/3/31) ミュージック 輸入盤ストア


Amazon の 内田光子 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック


登録情報

  • 作曲: Franz Schubert
  • CD (2000/1/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Philips
  • ASIN: B000031X81
  • EAN: 0028946259627
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 82,584位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
13:28
アルバムのみ
2
30
11:37
アルバムのみ
3
30
7:32
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
4:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
8:01
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
6
30
6:00
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
7
30
6:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
5:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 

商品の説明

Amazonレビュー

In 1825, Schubert, who had been extremely ill, experienced a change of fortune. He recovered his health, his songs were sung even by strangers, and his new piano sonata--unlike his previous 15--immediately found a publisher. It is to this somewhat confessional work that Mitsuko Uchida devotes the first half of this CD. She whispers the opening phrase like one preparing to divulge a confidence. The first subject admits painful regrets. The repeated-note motif is over-careful and rather self-absorbed--other pianists make it more throwaway. The andante variations plug into repeated Gs like an obsession; the minor episode resembles Chopin's raindrops. Uchida captures the stuttering nerviness beneath the scherzo's opaque cheerfulness. Schubert's recovery was a false dawn. The rondo finale spills all with a loose-tongued rush that is gripping if not always perfectly articulate.

The other half of the disc features the Piano Sonata in B major of 1817. The note suggests that the sonata was written for a female pianist with whom Schubert was briefly infatuated and certainly there is an element of contrived showing off in the clever key-changes and abrupt turns. The slow movement begins in sunshine but has a disturbingly violent middle section to which Uchida gives demonic expression. No wonder the affair ended--and thank goodness! --Rick Jones


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
シューベルトが無くなって

160年もの時を経て

内田光子と言うピアニストが

「これは死んだ友人が書いた悲劇なの、あの人だけの力じゃ広めることが出来なかったから、私も、その友人の友人と同じように、死んだ友人の悲劇を…ただただ残しただけなのよ」

ピアノソナタ第16番イ短調D840

金、名誉、欲望…‥

いいや、

…最終的に、死んだ友人の悲劇が、僕のこころに残る。

シューベルトの音楽は聴けばよいのではない。
残らなければ、残さなければ、友人を忘れ去ってしまうことになろう。

内田光子。僕はこの人が最高に好きである。
良き音楽家!
良き仲介者!
ありがとう、新しい友人が出来ました。
コメント 7人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD
シューベルトのピアノソナタ16番は実際聴いてみるとスケールの大きい素晴らしい名曲なのだが、全集録音以外で録音される事はあまりない。内田光子の演奏はここでも深い洞察力と高度なテクニックによる幅広い表現力でこの難しい作品を見事に弾き切っている。そして何よりも素晴らしいのは、内田光子の演奏がシューベルトへの共感に満ちているのだ。シューベルトの音楽を弾くためには何よりもこの共感が必要だ。アンスネス、ブレンデル、ぺライアなどどんなに素晴らしくシューベルトが弾けても、シューベルトの感情の流れに完全に共感していないため音楽に距離感が出てしまう。そこがシューベルトの演奏で一番難しいところだと思う。

ピアノソナタ14番で、感情の激しい揺れが作品に現れ始めたシューベルトのピアノソナタだが、深い絶望ばかりが目立っていた14番に対して、この作品ではさらに幅広い感情の揺れが大きなスケールで表現されている。内田光子の素晴らしいところは、シューベルトの和音のソノリティを理解していて、どんなところでもその和音のバランスから出てくるニュアンスを大切にしているところだろう。
和音のニュアンス、そしてその移行から表現される心の移り変わり、この襞をまるでシューベルトの心を知っているかのように内田光子は表現している。
スケルツォ〜トリオへの展開でのロウソクがともったかのような人の温
...続きを読む ›
コメント 3人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD Amazonで購入
シューベルトのソナタは、素晴らしい作品で、世界中のどこでも通用する価値を持っているけれども、同時に非常にローカルで、方言で話されているような感じを抱くことがある。シューベルトのソナタでは、長いことリヒテルの演奏を愛してきた。それは彼の演奏が上記の両方の要素を含み、そしてどちらかというとローカルな、そこの空気を吸い、物を食らった人でないとわからないような味わいを漂わせていたからだ。しかし内田光子の演奏は、ローカルでわかりにくい方言を話すシューベルトという男を磨き上げ、ローカルであると同時に、嬉しいことに日本人の回路で理解できる演奏にしてくれている。シューベルトのソナタ16番は彼自身会心の作と考えていたようだが、まさにその通りの作品である。なおこの作品も二ノ宮知子の音楽漫画「のだめカンタービレ」に登場した(と思う)。こういう演奏を聴くと、自分が日本人であることを意識する。内田さんにとってはこういう評言は不本意かもしれないが、でも素晴らしい演奏であると私は思う。
コメント 28人中19人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD Amazonで購入
演奏は素晴らしいと思います。すごくしつこい曲想をすっきりとまとめて上品に聞かせてくれます。素晴らしい演奏です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック