この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Piano Concertos Import

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:15¥ 774より 中古品の出品:2¥ 1,781より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • オーケストラ: Bochum Symphony Orchestra
  • 指揮: Steven Sloane
  • 作曲: Joseph Marx
  • CD (2005/6/21)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Asv Living Era
  • 収録時間: 72 分
  • ASIN: B00095MKWM
  • EAN: 0743625117424
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 49,950位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. I. Lebhaft (Allegro Moderato)
  2. II. Nicht Zu Langsam (Andante Affettuoso)
  3. III. Sehr Lebhaft (Allegro Molto)
  4. I. Villa Hadriana. Allegro (Ma Non Tanto)
  5. II. Tusculum. Andante
  6. III. Frascat. Presto

商品の説明

Les concertos pour piano : Concerto pour piano romantique - Castelli Romani, pour piano et orchestre / David Lively, piano - Orchestre Symphonique de Bochum, dir. Steven Sloane

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
後期ロマン派のピアノ協奏曲を探しているときに見つけた作品。

「ロマン派」の作品だと思って購入したが

主観的感情の表現、押し出しのような印象よりも、録音状態も相まって

特に第2番「ローマの城」は傍観者的・おとぎ話的・メルヘンな印象が強い。

「ローマの城」は世界初録とのこと。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BOMSANG 投稿日 2008/7/6
形式: CD
楽章の開始から人をひきつける魅力にあふれていて、また曲想は瑞々しくピアノは絢爛にしてそれでいてチャーミング。
暗く重苦しい音楽も良いが、このような純粋に美しい曲も素晴らしい。
聴いているとなにやら嬉しくなってくる。
どうぞ御一聴あれ!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CRIM VINE メンバー 投稿日 2011/5/23
形式: CD Amazonで購入
一部ではドイツ印象派とも呼ばれた、ヨゼフ・マルクス。
ピアノ曲は可憐で香り豊かな健やかなものだったが、
ピアノコンチェルトは、ロマン溢れる絢爛豪華な音世界。
ちょうど絵画で言うなら、金をふんだんに使ったクリムトのような世界観であろうか。
レーガーほど難解でなく、ラヴェルほど取り澄まして無く、ラフマニノフほど演歌ではない。
それが故に、戦後の音楽界では忘れられてしまったのであろうか?
今の耳で聞けば、素直にその価値を受け入れられる、素晴らしい逸品である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Desulius 投稿日 2010/1/14
形式: CD
その作風が保守的だった事と併せて作品自体の演奏の難しさの故に、これ等の作品は
長い間世間に注目もされず、歴史の中に埋もれてしまっていた。
そのオーストリアの作曲家ヨーゼフ・マルクスとはどの様な人物だったのだろう。
 当然ながら録音にも恵まれてはいなかったので彼を知る手だては少ない。
見つけられるのはほんの少しの歌曲だけ。
 楽譜だけは何とかちらほらと散見されたが貴重なもの。たまたま発見した彼のピアノ協奏曲は
【ロマンティックコンチェルト】と名付けられており、その名の通り後期ロマン派風の濃厚な香りに
満ちており、そのピアノパートは高度な技巧を必要とすることで知られており、
弾き手がなかなか現れなかった。それ以上にその演奏時間の長さもかなりのものである。
ヴィルトゥオーゾピアニストであるアムランがハイペリオンレーベルで録音を残しているが
マルクスのピアノ協奏作品を2曲とも収録しているのはこの盤のみ。
ロマンティックコンチェルト以上のテクニックを必要とされる協奏曲第二番も聞けることが
出来る点でもお勧めかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック