Piano Concertos 4 & 5: Em... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Piano Concertos 4 & 5: Emperor CD, Import

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,038 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 795より 中古品の出品:5¥ 794より

Prime Music Prime Music


Amazon の Staatskapelle de Dresde ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


登録情報

  • オーケストラ: Staatskapelle Dresden
  • 指揮: Colin Davis
  • 作曲: Ludwig van Beethoven
  • CD (2001/3/13)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Philips
  • 収録時間: 78 分
  • ASIN: B000051YD6
  • EAN: 0028946468128
  • 他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 334,989位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Piano Concerto No. 4 In G Major, Op. 58: I. Allegro moderato
  2. Piano Concerto No. 4 In G Major, Op. 58: Andante con moto
  3. Piano Concerto No. 4 In G Major, Op. 58: Rondo: Vivace
  4. Piano Concerto No. 5 In E Flat Major, Op. 73 'Emperor': I. Allegro
  5. Piano Concerto No. 5 In E Flat Major, Op. 73 'Emperor': II. Adagio un poco mosso
  6. Piano Concerto No. 5 In E Flat Major, Op. 73 'Emperor': III. Rondo: Allegro

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
録音も含めて最高度に素晴らしい演奏。特に第4番ト長調はピアニストに対する敬意と共感に溢れたサー・コーリン・デイヴィスとシュターツカペレ・ドレースデンの伴奏も含めて、驚くべき叙情性・精神的美に満ちた奇跡的な演奏と評しても過言ではない。もしかすると史上最遅かもしれないアラウの悠然かつ精緻な輝きに満ちたピアニズムが、この曲の細部に込められた意味合いを真に自然に浮き彫りにする。伴奏者もそれにぴったり寄り添いながら、パンチの効いた劇的トゥッティも揺るがせにしない。神秘的かつ厳粛な孤独な中での神との対話。至福の時間。「皇帝」も技術的な衰えを感じさせない見事な出来栄え。一生持つにふさわしい宝物だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 織工 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/10/29
形式: CD
アラウ晩年の「皇帝」。一切の気負いがなく、高音部が粒の揃った丁寧な演奏(特に第2楽章が絶品)。一音一音大切にリスナーに届けようという誠実さが伝わってくるようで、そこに感動の「原質」があるように思う。

さて、コリン・デイヴィスの演奏が聴きもの。コヴァセヴィッチとのバルトーク(協奏曲3曲)ではけっして出すぎず引き立て役に徹していたデイヴィスが、ここでは恬淡たるアラウに対して、バックで少しく劇的な背景を提供しているように感じる。あくまでもアラウの至芸を前面に、しかしいつになくアクセントをつけた熱っぽい追走である(特に第3楽章)。これは一種の感動への「触媒」といっていいかも知れない。その心栄え、掛け合いがなんとも清清しい。

→ Philips Years にて聴取。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ベートーヴェンのピアノ協奏曲で、いつまでも記憶に残っているのが、このクラウディオ・アラウとサー・コリン・デイヴィス指揮、シュターツカペレ・ドレスデンの4番である。ベートーヴェンのピアノ協奏曲では、クリスツイアン・ツイメルメン(ツイマーマン)やマウリツイオ・ポリーニなどがバーンスタインやカール・ベーム指揮のもので優秀な録音を聴いたが、4番においては解釈、聴き応えの面では、やはりこのクラウディオ・アラウがどうしても捨て難い。滋味豊かとか当時そんな表現で紹介されていたが、具体的には緩やかに流れる陶酔の時間というに違和感がない。コリン・デイヴィスのベルリオーズを聴いた時よりも
集中力をもって聴き終えた。何故かゆっくり弾いているようにも感じるがそれにしてもあっという間に過ぎて行く時間の経過が何度も辿りたくなる欲求に駆られる。アラウは、静的な表現により、ピアノの独特の世界を演出している。第2楽章も哀愁を感じさせる印象的な緩徐楽章である。第3楽章は華麗というほかは無く、ベートーヴェンの曲全体に流れる雰囲気を壊すことなく悠然とフィナーレに結びつく。
5番に関しても、精神力に衰えのない強靭さを見せ付ける大家の名演というほかは無い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ベートーヴェンのピアノ協奏曲、それも4番と5番を一枚に収めたという、一見お買い得感あふれる一枚。肝心の演奏は、ちょっとおとなしすぎるが問題ない水準だ。聴き手に元気を与えるような5番の終楽章はいつ聴いてもいいものだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック