アルバムを再生 外出先で再生できるように、iOS または Android 用の無料 Amazon ミュージックアプリを取得
現在、Amazon ミュージックアカウントがこの国に関連付けられていません。プライムミュージックをお楽しみいただくためには、ミュージックライブラリに移動して、アカウントを Amazon.co.jp に転送してください。
  
Piano Concertos 1 & 2 がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,261
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

Piano Concertos 1 & 2 CD, Import

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,282 通常配送無料 詳細
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで最大2,500円OFF対象 1 件

残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:21¥ 1,371より 中古品の出品:5¥ 1,732より

~ミュージック 輸入盤ストア~
各ジャンルの輸入盤を販売中。輸入盤ストアでは、厳選タイトル2点で10%OFFの輸入盤セール実施中。(~2016/3/31) ミュージック 輸入盤ストア



キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売するCD、DVD、Blu-ray等のミュージック商品と、対象のスピーカーのまとめ買いで最大2,500円OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • キャンペーン 対象商品:「PCソフトとまとめ買いで最大2,000円OFF」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。


登録情報

  • オーケストラ: Berliner Philharmoniker
  • 指揮: Eugen Jochum
  • 作曲: Johannes Brahms
  • CD (1996/9/17)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Deutsche Grammophon
  • 収録時間: 125 分
  • ASIN: B000001GQY
  • EAN: 0002894474462
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 105,714位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
24:14
アルバムのみ
2
30
14:48
アルバムのみ
3
30
12:37
アルバムのみ
Disc 2
1
30
18:18
アルバムのみ
2
30
9:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
3
30
14:03
アルバムのみ
4
30
9:46
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
2:10
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
6
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
3:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
7
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
3:12
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
4:21
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
9
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
2:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
10
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
3:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
11
30
- アーティスト: エミール・ギレリス
2:15
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 

商品の説明

Amazonレビュー

Emil Gilels is magisterial in these concertos, his playing volcanic and poetic at the same time. Eugen Jochum and the Berlin Philharmonic add considerable grandeur to the undertaking, spanning Brahms's long developmental arches with convincing sureness. Within the warm ambience of Berlin's Jesus-Christus-Kirche, where both concertos were recorded in June of 1972, the engineers do a good job of capturing the pianist's ringing tone. --Ted Libbey


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 織工 殿堂入りレビュアートップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/4/28
形式: CD
 ブラームスは4曲の交響曲を世に出したが、ピアノ協奏曲2曲はいわば「ピアノ独奏」付交響曲とでもいうべき壮大な構築を誇る。特に第1番は交響曲以上に激しいパッションが第1楽章から示されブラームス作品のなかでも異色の劇的要素に富む。また第2番の終楽章は、それまでのパセティックな重い色調が一変し、明朗な感情が思いがけなくも素直に語られるような意外性がある。それゆえ、両曲演奏には、複雑なパッセージの処理など高度な技術性が要求されることはもちろんだが、それ以上に、ブラームスの心象風景を際立たせ、これぞという納得感のある作品に仕上げることは至難であると思う。

 ギレリスもヨッフムも超一流のアーティストだが、ともに派手さを嫌う理性的なタイプ。しかし、この2曲での両者の<競演>は、達意のプロ同士が、己の力を賭した真剣勝負の鍔迫り合いによって、ときに激烈な感情表出を、ときに天国的至福感を見事に描ききったという点において、予測を超えた最高の仕事をなしえたといった感がある。そして両者を繋ぐ最良のパートナーとして、抜群の追走をしたベルリン・フィルがあったことには疑う余地がない。

 かつてドイツ駐在中、一時期この演奏を持ち歩いて、毎日聴いていたが飽きるということがなかった。これぞブラームスの本姿ではないかという勝手な連想すらしていた。1972年の録音だが、今日聴きなおして、なおいまでもこの三者の組み合わせを超える音源に出会ったことがないと思う。
コメント 4人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/3
形式: CD
ギレリスの強烈な打鍵とヨッフムに導かれた黄金期のベルリン・フィルが奏でるハーモニーの強さ、美しさ、しなやかさ。
このメンツなら「ドイツ的」なのは間違いない。強靱な音の洪水が味わえる。
美しさ?
ギレリスもこの頃になると、信じられない美しさを見せるようになり(セル&ウィーン・フィルのベートーヴェンで見せるような)、このロマン期ピアノ協奏曲の傑作が若干ゆっくりしたテンポの中、鮮やかに甦ってくる。
しなやかさ?
弱音部では信じられないほどのしなやかさを見せるのもこの演奏の凄いところ。
第1番に関しては他の追随を許さず、第2番に関しても恐らくベーム&バックハウス、セル&ゼルキン等のみがこの演奏に比肩しうるであろう。
(ただ、突き抜けてくるようなチェロのソロとブラームスらしい構成感において、ギレリス&ヨッフムに勝るモノは無いと思う。)
コメント 10人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: CD Amazonで購入
録音史上に残る名演奏といわれているようで大変期待しましたが、私には今一望む方向が違っていました。テクニックもバックも申し分ないのですが、特に第1番は私は若きブラームスのロマンチックでメランコリックな気持ちのあふれた作品だと思いますがギレリスを迎えてベルリンフィルが張り切りすぎているというか、優しくロマンチックというよりとにかく全身に力が入って息つく事も無く一本調子で突っ走っているという感じで通して聴くとブラームスに浸るというより押し捲られて疲れる・・・といった感じです。2番は作品自体がより完成度が高いというかこのような演奏でもしっかり耐えられますが、同じといえば同じです。打って変わってというか独奏のファンタジア作品116のほうは緩急自在、すばらしいテクニックでロマンチックな雰囲気が抑え気味ながらあふれておりすばらしい演奏だと思います。ゆったり歌うグールドの名演と比べてまた違った趣がありこの作品だけでも購入した甲斐がありました。
コメント 2人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック