数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥1500.00MP3アルバムを購入

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Piano Concertos 1 & 3 CD, Import


価格: ¥ 2,190 通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,366より 中古品の出品:10¥ 540より

デジタルミュージックストア
読書に最適なクラシック25曲入り100円コンピレーションほか、 クラシックの名盤も取り揃えたクラシックストアはこちら。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア をチェック。


Amazon の マルタ・アルゲリッチ ストア

ミュージック

マルタ・アルゲリッチのアルバムの画像

写真

マルタ・アルゲリッチ点の画像

動画

Rachmaninov's Complete Works
マルタ・アルゲリッチのAmazonアーティストストア
322 点のアルバム, 13点の写真, 動画、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • まとめ買いでお得 対象商品:「最大5,000円OFF PCソフト」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • クーポンキャンペーン 対象商品:「CDを買うとMP3クーポン200円プレゼント」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


登録情報

  • オーケストラ: Montreal Symphony Orchestra
  • 指揮: Charles Dutoit
  • 作曲: Béla Bartók, Sergey Prokofiev
  • CD (1998/6/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B00000C2J8
  • EAN: 0724355665423
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 378,526位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


試聴してMP3を購入

このアルバムはMP3で購入できます。MP3を楽曲ごとに購入するには「楽曲を購入」をクリックしてください。 MP3アルバムのページを見るにはこちらをクリックしてください。.
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

試聴
曲名アーティスト名 収録時間 価格
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  1. Piano Concerto No. 1 in D Flat, Op.10: I. Allegro briosoシャルル・デュトワ 6:57¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  2. Piano Concerto No. 1 in D Flat, Op.10: II. Andante assaiシャルル・デュトワ 4:34¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  3. Piano Concerto No. 1 in D Flat, Op.10: III. Allegro scherzandoシャルル・デュトワ 4:31¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  4. Piano Concerto No. 3, Sz.119: I. AllegrettoMartha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal 7:22¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  5. Piano Concerto No. 3, Sz.119: II. Adagio religioso -[poco più mosso] - tempo IMartha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal10:45アルバムのみ
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  6. Piano Concerto No. 3, Sz.119: III. Allegro vivace - [presto]Martha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal 6:50¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  7. Piano Concerto No. 3 in C, Op.26: I. Andante - AllegroMartha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal 9:43¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  8. Piano Concerto No. 3 in C, Op.26: II. Tema (Andantino) & VariationsMartha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal 9:39¥ 250  楽曲を購入 
%E8%A9%A6%E8%81%B4%E3%81%99%E3%82%8B  9. Piano Concerto No. 3 in C, Op.26: III. Allegro ma non troppo - meno mosso - AllegroMartha Argerich/Charles Dutoit/Orchestre Symphonique de Montréal 9:51¥ 250  楽曲を購入 

商品の説明

Amazonレビュー

The Prokofiev No. 1, with its intense driving opening and closing and its dreamy slow movement, is one of the most spectacularly inventive works ever to be offered as a graduation exercise; the future Soviet conformist won the Rubinstein prize, but the press called for his incarceration as a lunatic; perhaps his finest concerto, the Piano Concerto No. 3, is a less flashy work, but even dreamier and even more delightful--Prokofiev could be a charmer when he wanted to. As could Bartók--his Third Concerto starts with experimental pyrotechnics of the sort we associate with its two predecessors, and moves in its finale, without betraying their radical promise, to a Romantic Big Tune to end all such. What these three concertos have in common--their combination of aggressive athletic solo writing with a bitter-sweet emotional content--is precisely what makes Martha Argerich one of their ideal interpreters. The sensitive intelligence of her playing is matched by its ruthless brilliance of sound and energy; Charles Dutoit's discreet management of orchestral sound make these very much soloist-dominated performances, unlike some recordings of the Prokofiev 1 and Bartók 3 where the temptations offered by the orchestration are too much for some conductors. --Roz Kaveney

Product Description


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2007/2/4
形式: CD
アルゲリッチのプロコフィエフのピアノ協奏曲3番、アバド指揮ベルリンフィル(77年盤)と聴き比べると、

円熟という部分ではもちろん新盤が勝ってますが、

じゃじゃ馬ぶりが影を潜めて、妙に落ち着いた演奏になっている点でマイナスです。

アバドと共演した旧盤を、青春の中をひた走る二人をイメージすると、

元ダンナであるデュトワとのものは、離婚した二人がふと街角で出会い過去を語り合うという感じです。

それと、モントリオール響に一頃のきらめくサウンドが無くなりつつあるというのも

気になります。録音の悪いEMIだというのが、英デッカの鮮烈な録音と異なるということかなあ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/3/7
形式: CD
1997年10月、カナダ、モントリオール、聖ユスターシュ教会で録音。おそらくはマルタ・アルゲリッチが最も得意とする協奏曲であろう、プロコフィエフ第3番に初録音のプロコフィエフ第1番とバルトークの第3番という実に魅力的な構成のアルバムだ。

そして、ライナー・ノートは二人の実子、アニー・デュトワがとつとつとこのアルバム録音までの経緯を書いている。なかなか知ることができないこの録音までの深い深い経緯が書かれていて一読に値する。シャルル・デュトワとマルタ・アルゲリッチは1974年に離婚し、たった1枚チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の録音だけを残していた。それがデュトワが60才にならんとする1996年に、再度二人は急接近し、デュトワはアルゲリッチの得意中の得意のピアノ協奏曲を二人の手で残す決意をした。そのレコーディングが本作のプロコフィエフ第3番であり、別録のラヴェルのト長調ピアノ協奏曲だ。

この時の二人の思い、そしてアニー・デュトワの想いがつまった素晴らしい演奏だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タイタニック 投稿日 2006/4/23
形式: CD
アルゲリッチによるプロコフィエフとバルトーク。バルトークは初めて聴いたしプロコの3番は過去グラモフォンに録音しているから再録音ということになる。指揮はもと旦那のデュトワ。離婚しているとはいえ今でもたまに共演しているから音楽家としていいパートナーなのかも。聴いてみるとやっぱりすごく迫力と即興性があり、いい演奏となっている。プロコ1番はアシュケナージの整った演奏に即興性とアタックをプラスした感じ。3番は旧録の荒っぽさがなくなり締まっていて音もクリア。プロコ1,3番の間にあるバルトークは聴けばすぐアルゲリッチが弾いているとわかる。快演だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 ゆうたま VINE メンバー 投稿日 2007/7/14
形式: CD
聴いていて気持ちがいい演奏だ。快演と言えるだろう。とにかくアルゲリッチがのびのびと弾いている気がする。曲自体がアルゲリッチのスタイルに合っていると思う。特にプロコフィエフの3番が良かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック