Piano Concerto No.2 in C ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Piano Concerto No.2 in C Minor Op.18 CD, Import

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,279 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
2016年5月13日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 1,184より 中古品の出品:3¥ 928より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ユジャ・ワン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Piano Concerto No.2 in C Minor Op.18
  • +
  • Piano Concerto No.3/Prokofiev: Piano Concerto No.2
  • +
  • Transformation (Stravinsky/Scarlatti/Brahms/Ravel)
総額: ¥4,888
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/5/7)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Imports
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B004G8AM2I
  • EAN: 0028947793083
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 21,953位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2011/8/30
形式: CD
北京生まれのピアニスト、ユジャ・ワン(Yuja Wang 1987-)とアバド(Claudio Abbado 1933-)指揮マーラー室内管弦楽団によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とパガニーニの主題による狂詩曲。2010年イタリア、フェラーラ(Ferrara)での「ライヴ」録音。

私は、これまでこの若いピアニストのソロ録音を聴いてきて、感銘を受けたので、このたびの協奏曲の録音もたいへん興味深く聴かせてもらった。聴いてみての感想であるが、きわめて特徴的な演奏であり、録音であると思う。

協奏曲第2番の冒頭の和音の鳴りは見事で、幅があって、情感もある。やや早めのテンポで、感情の起伏は小さく、ただちにオーケストラの主題提示を導くが、ここでピアノに焦点を当てきった録音がまずはポイントとなる。この協奏曲の場合、オーケストラと渾然一体となったシンフォニックで濃厚な部分に一つのクライマックスがあると思うが、彼らの演奏は、その部分をある程度削除し、ソリッドなトーンで透明感を増した上で、明瞭にピアノをライトアップしている。マーラー室内管弦楽団という名称の通り、オーケストラの規模もやや小さい印象で、金管が鋭角的なサウンドを出す部分でも、バックの弦楽器陣の音の層は薄い印象だ。そのため、いわゆる従来型のロシア的なセンチメンタリズムをまとったラフマニノフというよ
...続きを読む ›
5 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
アバド指揮、ピアノ演奏がユジャ・ワンという組み合わせでのラフマニノフの演奏である。

アバドも今では老練な指揮者の世代に入っているが、このアルバムではアバドらしさよりも、ユジャ・ワンのピアノ演奏の性格に管弦楽団の演奏を合わせているように感じられた。

ユジャ・ワン特有の音の明瞭さと煌き、正確無比さを前面に押し出す形で、管弦楽団の演奏も通常のラフマニノフの演奏のような幻想的な雰囲気ではなく、管楽器のシャープさを押し出して明瞭さをアピールしている。

全体として、本来ゆったりした曲が際立って煌いた印象になっている。
ラフマニノフをシャープに演奏すると、このような煌きのあるメロディーにもできるのかと感心させられた。

普通とは違うが、ひとつの解釈の仕方として面白いと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
グスターボ・ドゥダメルと共演したことがあるピアニスト、ということで興味を持って聴きましたが、これはハズレ。なかなかのテクニシャンで、早いパッセージでの指の回りには目を見張るものがありますが、緩徐楽章になると詩情が足りず、表現力不足を露呈しています。技巧の冴えたピアニストは、個人的には好きですが、テクニックがラフマニノフの音楽そのものに奉仕されていなければ、聞く価値もない。彼女はライブでのファッションも注目されているようですが、どうなのかな。以前テレビで見た、ワンレン、ボディコンにハイヒールというスタイルは、私はダサいと思いましたが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
アバドとユジャ・ワンの組み合わせで、彼女を世の中に有名にした
CDです。このCDが出るまで、彼女の存在すら知らなかった私は、何故か
彼女のCDを集めるようになりました。ラフマニノフの2番だけでなく、
選曲もいいし、何と言ってもピアノがうまい。
タワーレコードのベスト40にはいっていたので、偶然買ってしまった
私ですが、功を奏した感があります。
ああ、買って良かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nnet 投稿日 2013/11/30
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
パガニーニの主題によるラプソディは録音がひどかった。最後はブツブツ切れてとても聞けたものじゃなかった。組曲を分けて録音したのが大きな間違い
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック