Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Piano Concerto No 2
 
その他のイメージを見る
 

Piano Concerto No 2 [Original recording remastered, Import]

ブラームス CD
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,806 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デジタルミュージックストア
読書に最適なクラシック25曲入り100円コンピレーションほか、 クラシックの名盤も取り揃えたクラシックストアはこちら。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア をチェック。

Amazon の ブラームス ストア

ミュージック

ブラームスのアルバムの画像

写真

ブラームス点の画像

動画

German Requiem - www.amazon.com/dp/B007W8REA2/

バイオグラフィー

J.S.バッハ、ベートーヴェンと並び「ドイツの三大B」と... Amazonのブラームスストアで詳しく見る

ブラームスのAmazonアーティストストア
180 点のアルバム、写真、動画や1点のストリーミング用楽曲をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • まとめ買いでお得 対象商品:「最大5,000円OFF PCソフト」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • クーポンキャンペーン 対象商品:「CDを買うとMP3クーポン200円プレゼント」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券プレゼント。買取価格は事前に検索可能。 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


登録情報

  • 指揮: Erich Leinsdorf
  • 作曲: Johannes Brahms
  • CD (2004/7/9)
  • SPARSコード: ADD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B0002DD5U2
  • EAN: 0828766086027
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 261,854位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. "Piano Concerto No. 2, Op. 83 in B-Flat"
2. "Piano Sonata No. 1, Op. 1 in C"
3. Allegro non troppo
4. Allegro appassionato
5. Andante
6. Allegretto grazioso
7. Allegro
8. Andante
9. Scherzo: Allegro molto e con fuoco
10. Finale: Allegro con fuoco

商品の説明

Amazonレビュー

Two supreme masterpieces of the piano literature played by a supreme master of the instrument--could there be a more felicitous combination? Brahms wrote his first sonata in 1853, his second concerto almost 30 years later; Richter recorded the concerto in 1960 on his first American tour, the sonata almost 30 years later live at a barn in Germany. The sonata is so formidable technically and musically that it is performed very rarely; the concerto, one of Brahms's greatest mature works, has become a beloved staple of the repertoire. Richter, a well-hidden Soviet treasure until the end of the Cold War, became an instant sensation in the West, and this recording proves again that his playing was unique. It combined seemingly incompatible qualities: his tone had the transparent lucidity of fine lace, with impeccably articulated passage-work and perfectly balanced voicing both in contrapuntal lines and chords, yet it also had an infinite range of colors and inflections; sonorous and sustained, as if he were caressing rather than striking the keys, it was never harsh and could go from massive power to an elfin, gossamer delicacy. His mental and emotional concentration were riveting: he could spin long, arching phrases, build up tension and intensity, and maintain a sense of structure and coherence; his transitions and mood changes were poised and organic. His Brahms interpretation is monumental: classically austere, yet romantically free and ardent, it enters into the youthful, heroic tempestuousness of the sonata and the wistful, dreamy melancholy and profound inwardness of the concerto; the slow movements are pure magic. From the first notes of the very expansive, other-worldly opening of the concerto we know that we are about to embark on an extraordinary experience. The orchestra matches the pianist's every mood and expression and sounds rich and glorious; the prominent horn and cello solos are wonderful. --Edith Eisler

Product Description


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 わたしにとってのベスト盤 2012/11/12
形式:CD
 まず最初にトラック表示の間違いを示しておきます。トラック1〜4がブラームスのピアノ協奏曲第2番。トラック5〜8が同じくブラームスのピアノ・ソナタ作品1、です。
 この演奏の録音が1960年。先んずること1958年にギレリスが渡米してライナー/CSOが同じブラームスのピアノ協奏曲を実現させています。この曲には第3楽章冒頭でチェロがソロで美しい旋律を奏でる部分がありますが、ギレリス盤のほうにはヤーノシュ・シュタルケルという名がクレジットされています。次のリヒテル盤ではシュタルケルなのか、どうか。記載されていないのでわかりません。

 なぜライナーがリヒテルと協演するのを断ったか。これは解説に明記されていますが、1960年にハンガリーとソ連は仲が悪かったという理由によるものです。
 しかし、文字通りバトンタッチされたのがラインスドルフ。言ってしまえばそれまで冷や飯を食っていた補欠指揮者。それが物凄いような腕力を示します。勇将の下に弱卒なし、という構図(なるほど、これではマルティノンの入るスキがないわけだ)です。

 このブラームスのピアノ協奏曲第2番は、・・素晴らしいというより爆発的ですと言うべきか・・とにかくわたしにとってベストです。なんでもリヒテル本人は、この演奏と、同じ渡米中に録音したベートーヴェンの「熱情」の販売の差し
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック