Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
Amazon.co.jp カートに入れる
¥ 1,498
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Piano Concerto 1 in D Minor
 
イメージを拡大
 

Piano Concerto 1 in D Minor [Import]

バーンスタイン(レナード), グレン・グールド CD
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,486 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ONLINE WESTが販売し、Amazon.co.jp が発送します。  返品については出品者のリンクからご確認ください。この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

Piano Concerto 1 in D Minor + Beethoven: Piano Concerto No. 3 in C Min + Beethoven: Piano Concerto No. 4 in G Maj
合計価格: ¥ 3,133

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (1998/9/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B00000C28M
  • EAN: 0074646067529
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 64,386位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. 'Don't Be Frightened. Mr. Gould Is Here....'
2. Concerto For Piano And Orchestra No. 1 In D Minor, Op. 15: Maestoso
3. Concerto For Piano And Orchestra No. 1 In D Minor, Op. 15: Adagio
4. Concerto For Piano And Orchestra No. 1 In D Minor, Op. 15: Rondo. Allegro non troppo
5. Excerpt Of New York Philharmonic Intermission Radio Interview

商品の説明

Amazonレビュー

Newly remastered from a Voice of America mono off-line aircheck, one hears more detail and ambiance here than in previous reissues of this controversial performance taped live at Carnegie Hall April 6th, 1962. The conductor's infamous "disclaimer" disassociating himself from Glenn Gould's slow tempi is preserved along with a snippet from an interview in which Gould defends both his interpretation and Bernstein's actions. The first movement starts slow, but insidiously speeds up to a tempo not far from the norm. Flickering in and out of Bernstein's turgid orchestral backdrop, Gould downplays the music's fiery intensity, seeking to emphasize its meditative qualities and contrapuntal implications. If Sony wanted to issue a Gould Brahms D- Minor, why not the more incisive, and far better-engineered October 1962 Baltimore version? --Jed Distler

Product Description

The circumstances surrounding this April 6, 1962 concert at Carnegie Hall are as legendary as the performance itself. Pianist Gould desired to play the piece at a slower-than-usual tempo, Bernstein (who was conducting the New York Philharmonic) did not. Gould prevailed, but Bernstein shared his disavowal in an infamous pre-concert speech to the audience. This CD-the concert recording's first authorized release-includes Bernstein's speech, the complete performance and a revealing Glen Gould interview recorded two years later.

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 このブラームス、わたし好きです。 2014/7/21
By pamela hayes トップ500レビュアー
形式:CD|Amazonで購入
グレン・グールドとレナード・バーンスタイン、
優れた才能に恵まれた独奏者と指揮者、お二人の間にはこのブラームスのピアノ協奏曲をめぐる解釈の相違から大きな確執があり、当時の新聞でも、その模様はことさら、スキャンダラスに報道されたそうです。

また、天才にありがちなわがまま(?)からなのでしょうか、グールドは、以前から演奏を土壇場でキャンセルする奇癖があったそうです。

このことに、ユーモラスに触れながら、

"Don't be frightened. Mr. Gould is here・・・"
「ご心配なさらないでください。グールド氏はちゃんと来ていますから」で始まるバーンスタインの演奏前のスピーチは、
この<Brahms Piano Concert No.1>の素晴らしさを、さらに、素晴らしいものにしているように、わたしには思えます。

「何故、これほどの確執がありながら、私はグールド氏のこのピアノ協奏曲を指揮するのか?」
この、ご自分への問いかけに対して、スピーチの中で、カーネギー・ホールの聴衆い向かってバーンスタインは述べています。

「それは、頻繁に演奏されるこの作品を新たな視点から見るということに私が魅せられ、喜びを感じ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 バーンスタインの話術に脱帽 2010/7/20
By S1W
形式:CD|Amazonで購入
"Don't be frightened Mr. Gould is here" で始まる有名なバーンスタインのpre-performance speechを聴きたくて購入。どんなにひどいスピーチかと思っていたら、彼独特のユーモアと芸術家としての好奇心あふれるなんとも機知に富んだ素晴らしいもの。グールドとグールドのこのピアノコンチェルトに対する解釈に関しては、持ち上げては落とし、落としては持ち上げる、なんとも憎らしいほど達者な話術。結局バーンスタインはグールドのことを芸術家として大変尊敬しており、かつ人間としてとても深い友情を感じていたことが聴き取れる。二人の信頼関係なくして、このような素晴らしいスピーチはありえなかったであろう。

もうひとつ興味深いのは当時のコロンビアレコードのディレクターによるライナーノーツ。当時バーンスタインはスタジオ録音盤を出したかったそうだが、このディレクターはリハーサルおよび二回のパフォーマンスに立ち会い、繰り返し聴くに値しないと判断しスタジオ録音しない決定を下した。もちろん、大きな判断ミスだったと告白している。

演奏について、残念ながら私は通常より「遅い」という以外、批評するほどの耳を持ち合わせていません。他のレビューを参考していただくか、皆さんご自身の耳でお確かめください。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 いわくつきの演奏 2010/9/5
By anonymous4 殿堂入りレビュアー トップ100レビュアー
形式:CD|Amazonで購入
ブラームスのピアノ協奏曲第1番、グールドとバーンスタイン、ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏。
バーンスタインが、「これは自分の意図した演奏ではない」と断った後に演奏したことで、グールド関連書籍では必ずといっていいほど取り上げられる、非常に有名な演奏です。

1962年の演奏。冒頭のバーンスタインのスピーチと、後のグールドのインタビューを収録。
このディスクはラジオ局の音源を新たにリマスターしたそうで、それまで出回っていた録音より、かなりクリアになっています。
(以前に私が何かの機会で聴いた録音は、客席で録ったような、ずいぶん悪いものでした)
しかしモノラル録音で、この時代の演奏としては、よい音質ではありません。

テンポは、第一楽章は確かに少しゆっくりですが、第二楽章はもともと遅いし、第三楽章は通常の演奏とそれほど変わりないようです。
正直、なぜそれほど物議をかもしたのかわからない、ごくまっとうな演奏のように思えます。
米アマなどでは、ほんの少しだけ聴くことができます。

この安さなので、グールド好きにはおすすめですが、この曲を初めて聴く人にはあまりおすすめできません。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック