この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥1300.00MP3アルバムを購入

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Peter Gabriel 4 [12 inch Analog] Import


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


Amazon の ピーター・ガブリエル ストア

ミュージック

ピーター・ガブリエルのアルバムの画像

写真

ピーター・ガブリエル点の画像

動画

Artist Video

バイオグラフィー

60年代後期にジェネシスのアート・ロック小僧として出... Amazonのピーター・ガブリエルストアで詳しく見る

ピーター・ガブリエルのAmazonアーティストストア
64 点のアルバム, 19点の写真, 動画、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • LP Record (2003/6/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Classic Records
  • ASIN: B0000A0DUZ
  • EAN: 0601704000411
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 red-bear VINE メンバー 投稿日 2004/5/14
形式: CD
正式なタイトルがつけられることがなく発表されてきたPeter Gabriel、82年発売4作目のSACD盤(非Hybrid、2chステレオ仕様)。
衝撃度では前作、セールスでは次作SOに劣るのかもしれないが、彼のキャリア中、一つのピークを築いた名盤であることは確かだ。

これはSACD全般についての私の印象だが、CDとの音質的な違いは音が立体的に聞こえること。
それは2スピーカーSTEREO再生でも同じことがいえる。
各音域にふくよかさと距離感が生まれ、高級スピーカーで聴いた時のように音色が奥の方から出てくる感じだ。

本来、音質にこだわりを持つPGが、圧倒的なソングライティング力を示し民族音楽におけるリズム(打楽器)に焦点を当てた本作。
CDでもその魅力は十分味わうことができた、と私も思っていた。
だがSACDで聴くThe Rhythm Of The Heatのコーダ部はまさに鳥肌モノ。
隠れた名曲Wallflowerも本作でしか聴くことができない。
本作の緻密さ完璧さを改めて感じるにはSACD再生が最適と思われる。
尚、ブックレットは品のいいデザインが施され、歌詞も掲載されている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 wrath 投稿日 2012/1/4
形式: CD
何度でも聞いてしまいます。オープニングのエスニックなドラミング。原始的リズムの躍動感が最新鋭の音響機材でその原初的なエレメントが削られる事なくそれでいてまた現代的な解釈が奇跡的に融合し、いい意味での泥臭さを感じる事なく耳
にすんなり入りこみます。まさにピーガブの最高峰!!間違いなく必須アイテムです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "harunourarano" 投稿日 2004/1/17
形式: CD
前作サード・アルバムの発売が、新鮮な音を理解できない3流のA&Rマンによって、アトランティック・レコードから拒否されたのは1979年のこと。しかし、そのサードアルバムが、全英ではチャートの1位になり、アメリカでもそれまで以上の驚異的売り上げを誇りました。そのことにあわてたアトランティック・レコードが権利を買い戻そうとしたものの、ピーター・ガブリエルによって蹴られた話は有名です。前作での成功をうけて、この4作目ではさらにエレクトロニックとエスニックの要素が深化したかたちで取り入れられ、ポップ・ソングとしての完成度を高めています
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 6色林檎 投稿日 2004/9/29
形式: CD
他のレビュアーが書かれているような事情は全く知りませんでしたが、4だけではなく3にもドイツ語版があります。アナログ盤では、12インチ・シングルで「洪水」のドイツ語版もあったとか。
さて、ドイツ語版ですが、3ではガブリエルの歌のみの差し替えで、全体の印象も、英語版とさほど違いません。
しかし、4では全く異なります。これは、別テイク集と言ってもいいくらいです。演奏も、基本的には同じなのですが、ところどころ英語版とは違っています。
とにかく一番目立つのは1曲目冒頭のガブリエルの声。
英語版ではエコーの奥に引っ込んでいますが、ドイツ語版はドライで、まるで目の前で思い切り叫ばれたよう。もう、この一声だけで買う価値はあると思います。
また、最後の曲の終わり。英語版は一斉に「ジャン」で終わってしまいますが、ドイツ語版では短いものの、ピアノの弾き語りが入り、静かに終わります。
アナログ盤の頃から、両方聞いていますが、どちらかというとドイツ語版の方が好き。一度だけ国内発売があったような気もしますが……。旧作リマスターの流れで、また出してくれないかなあ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ないなかしかしかないな 投稿日 2012/12/29
形式: CD Amazonで購入
1作1作歩んで、ここまで来ました。発表当時は、時代を超えていた感じ。今、聴くと、21世紀的ポップロックといいたくなるほど、みみになじみます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ura403 投稿日 2003/8/31
形式: CD
ピーターのアルバムの中でも最も素晴らしく、最もとっつきにくい作品です、1回聴いたくらいではまず良さは解りませんが、何回か聞き込むごとにメロディなんか無いと思っていた曲がアフリカの原始的なビートと相乗効果で素晴らしい昂揚感を得られるでしょう(リズム・オブ・は特に詩を見ながら聴くと魂が燃え上がるね)良さを解るまで何回か聴く努力が必要ですが、その努力は報われるでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/1
形式: CD
1982年9月発表。ピーター・ガブリエルのソロ第4作。ピーター・カブリエルは1950年5月13日生まれだから32才の時の作品ということになる。現在60才ということになるが、Webサイトの彼のページに出ている近況写真ではもう70才くらいに見えるくらい老け込んでしまった。寂しい限りである。

路線的には1→3でやって来たものの延長線上の音である。約2年ごとにアルバムを発表してきたが次の第5作『So』には4年の月日そしてその次の第6作『Us』ではそのあとなお6年の月日を費やしている。ここにピーター自身の新たな音楽への序奏をこのアルバムに感じる。

最も好きな曲は2『San Jacinto』だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック