数量:1
Penderecki - Symphony No.... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon出荷書籍同時購入で送料無料!】帯・応募券・シール・カード・プロダクトコード等の封入物は付属しない場合があります。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用で
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,506
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Penderecki - Symphony No. 7 "Seven Gates of Jerusalem" CD, Import

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,665 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 758より 中古品の出品:4¥ 368より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 演奏: Olga Pasichnyk, Aga Mikolaj, Wieslaw Ochman, Ewa Marciniec, Boris Carmeli
  • オーケストラ: Warsaw National Philharmonic Orchestra
  • 指揮: Antoni Wit
  • 作曲: Krzysztof Penderecki
  • CD (2006/10/31)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Naxos
  • ASIN: B000I2IUTS
  • EAN: 0747313276622
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 547,920位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
11:19
アルバムのみ
2
30
2:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
6:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
5:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
17:12
アルバムのみ
6
30
5:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
11:36
アルバムのみ

商品の説明

Symphonie n°7 "Les 7 Portes de Jérusalem" / Ch忖r & Orchestre Philharmonique National de Varsovie, dir. Antoni Wit

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
Penderecki
Symphony No. 7 'Seven Gates of Jerusalem'
Warsaw National Philharmonic Orchestra
Antoni Wit
Recorded: 2003

ペンデレツキという人は、難解な技法を用いる一方、聴衆を楽しませるエンターテインメント的要素を作品に盛り込んだ人ではないかと思う。たとえば「ウトレンニャ(1970 - 71)」という曲も、難解な歌唱の中に、まったく普通の讃美歌のような歌が何度も歌われていて退屈しなかった。この交響曲第7番「エルサレムの7つの門 (1996)」も、第6楽章の歌詞と音楽が面白く効果的であり、それに続く第7楽章のクライマックスは、過去の大作曲家の傑作と同様、祝典的であり楽しめる(第1楽章の主題がその楽章の終わりに再現するところはベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」の「グロリア」「クレド」に似ており、第1楽章の主題が最終楽章に再現するところは、マーラーの第8番に似ている)。この作品は、カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」に似てるかも知れないし(【注】その点については私は「カルミナ・ブラーナ」を恥ずかしながらよく知らないので不明)、ショスタコーヴィチの声楽付き交響曲よりは、間違いなく娯楽的だと思う。ペンデレツキはこの
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
衆目の一致するところペンデレツキの合唱曲の代表作はルカ受難曲であり、
あれは協和音と無調のバランスが良く
20世紀後半を代表する合唱曲の一つと言って良いだろう。
対して本作は無調や詩の朗読を挟むといった技法を用いてはいるものの、
ほぼほぼロマン主義的な調性のしっかりある合唱曲である。
形式としては交響曲なのだが早い話エンタメ合唱曲である。
当然、メロディが通俗的に過ぎ品格がない、商業主義に堕した、などの批判あるが、
本作は完成度も高く私は傑作だと思う。
確かに某RPGのラスボスBGMみたいなベタなメロディラインもあり、
一瞬ギョッとしたのも事実だが。
そもそも前衛作曲家が通俗作品書いて何が悪いのか?
バッハの宗教曲だってマタイ受難曲のような崇高なものもあれば、
クリスマスオラトリオのようなハッピーなエンタメ曲もあるわけで、
両方やったっていいじゃないと思うのだ。
バッハは当時においても前衛とは言い難い作曲家だったろうが。
まあこの人の場合radioheadのジョニー グリーンウッドと一緒にやったりしてるので
そもそも俗な臭いはするのだが。
録音、演奏も結構いいと思う。
自作自演の方を聴いてないので比較出来
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック