Amazon Kindleでは、 Pen (ペン) 2010年 12/15号 [雑誌] をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

Pen (ペン) 2010年 12/15号 雑誌 – 2010/12/1


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

この雑誌について

男のためのハイクオリティ・マガジン

登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ; 月2回刊版 (2010/12/1)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ASIN: B004BA5R4Y
  • 発売日: 2010/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 21.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ray VINE メンバー 投稿日 2010/12/6
形式: 雑誌 Amazonで購入
「ディズニー完全読本」と銘打ち大特集を組んだ号です。
ウォルト・ディズニーに関する考察やクリエイティブ集団としてのスタジオやPIXARの特集など読み応えがあります。
特に週刊ダイヤモンド的なアプローチでメディアコングロマリットとして企業像を分析し、フィルムド・エンターテイメント、パーク、TV、コンシューマー・プロダクツなどの事業部門に分けて解説している流れは非常に読みやすく構成されています。
「白雪姫」から始まるディズニー・クラシックスから最新作「トロン・レガシー」まで映画作品の解説もきちんと押さえています。
願わくばライブアクションの歴史、ディズニーの実写作品(「砂漠は生きている」等)の歴史やタッチストーン映画、ハリウッド・ピクチャーズ、ミラマックス映画などの実写作品についても触れてもらえたら完璧でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 はるうらら☆ 投稿日 2010/12/7
形式: 雑誌
男性誌でのディズニー特集、買うしかないでしょう!
歴史的視点から、企業としてのディズニーまでも読めておもしろいです。
ディズニーファンなら読むべしですね〜♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かつん 投稿日 2011/2/5
形式: 雑誌 Amazonで購入
ウォルト・ディズニーの人柄とキャラクターや映画への思い、ディズニーに関わるいろいろなエピソードなど、興味深い内容が特集されています。
また、キャラクターやグッズを眺めるだけでも、わくわく。
最初、美容院でこの雑誌を読んで、これは欲しい!と思い購入。
ディズニー好きの姉に見せたら、「私も欲しい!」と言うので、追ってもう1冊購入。
・・つまり、一度目を通して満足、ではなく保存版で持っていたいと思わせる内容なのです。
どうやら男性誌に分類されるようで「pen」という雑誌の存在すら知らなかったですが、
この号をきっかけに、女性の私でも「pen」を愛読しようという気になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 roi3sei 投稿日 2011/1/21
形式: 雑誌
日本作品でここまでの金額を創作活動に費やす事ができたらと単純に考えてしまう。絵と物語、そして経営手腕。決して一人の力でディズニーは大きくなってきた訳ではないことがわかる。白雪姫、ピノキオ、バンビ、シンデレラ、そして実験的で革新性に富んだファンタジア。音楽との融合はまさに芸術です。ただ、現在進行形の作品群は殆ど見ていませんが。今回の特別企画でもある新キャラはキャラクターマーケティングに踊らされるのはまっぴらなので興味ありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック