¥ 1,944
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
PHP: The Good Parts がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

PHP: The Good Parts 大型本 – 2010/12/9


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 245


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

PHP: The Good Parts + PHP Hacks ―プロが教えるWebプログラミングテクニック
合計価格: ¥ 5,832

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、PHPの最も便利な機能を取り上げて詳しく解説し、さらに、どうすればウェブ開発のプロセスをスピードアップできるのか、よく利用されるPHPのエレメントが誤って実装されてしまうことがあるのはなぜなのか、どんな「パーツ」がオブジェクト指向プログラミングに適するのかといった実際的な問題の理由を解き明かす。PHPの初学者から他の言語で開発経験のある開発者まで幅広い読者を対象としており、基本項目を軸にしてていねいに解説。手早くPHPについての理解を深めることができる。プロフェッショナルな開発者にとっては、既存の知識やテクニックを棚卸しして、新鮮な視点を取り入れるきっかけとして役立つ。

著者について

Peter B. MacIntyre(ピーター・B・マッキンタイヤー):ソフトウェア開発の分野を中心に、IT 業界で20 年以上の経験を持つ。Peter の技術的なスキルは、PHP、MySQL、PowerBuilder、Visual Basic 、Active Server Pages やCA-Visual Objects を含む、数種類のWeb 開発言語、サーバー/ クライアントのツール類、リレーショナルデータベースシステムに渡っている。Peter はPHP 4.x の認定試験に合格したZend 認定のエンジニアであり、カナダ大西洋岸地域で最初にその資格を取得したことを誇りに思っている。長年にわたり、プリンスエドワード島の政府機関のためにプログラミング言語Clipper でX ベースのシステムを開発しながら、PowerBuilder によりSybase SQL Anywhere を使用して複数の大規模システムも開発してきた。

登録情報

  • 大型本: 176ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2010/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873114780
  • ISBN-13: 978-4873114781
  • 発売日: 2010/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 1 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,013,034位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

33 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Mj 投稿日 2010/12/13
形式: 大型本
日本語版オビに「Good Partsシリーズ第2弾!」とあったので、期待して買ってみた。
残念ながら、名著『JavaScript: The Good Parts』とは比ぶべくもない。
使うべき「言語サブセット」が提示されていないどころか、
「べからず集」項目があるわけでもなければ、
ライブラリや php.ini の実務的観点からの推奨リストがあるわけでもない。
しまいには、「付録 パッドパーツ」(pp.149-。バッドパーツの誤植(初版第1刷))章で、
「私の考えでは、PHP は本当に悪い部分は持っていない。
ただ、意識して回避すべき難しいポイントを若干持っているだけだと思ってきた」
とのたまう。ちなみに、同付章でバッドパーツとして、
「goto」、「関数の命名と引数の順序」(標準組み込み関数の脈絡ない命名法などを指している)、
「弱い型付け」、「グローバル変数の登録」(セキュリティ問題)
の4つが挙げられているだけである。
パッと私が考えられるだけでも、
・大文字/小文字区別
・後方互換性
・スレッドセーフ
・64ビット対応
・比較演算子(==, ===)
・3項条件演算子(?:)が右結合でない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック