¥ 3,442 + ¥ 350 関東への配送料
通常3~5週間以内に発送します。 販売元: Ergodebooks_Ships_From_USA

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 800MP3アルバムを購入

Out of the Cellar Import

5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,442
通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Ergodebooks_Ships_From_USA が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ラット ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Out of the Cellar
  • +
  • Invasion of Your Privacy
  • +
  • ダンシング・アンダーカヴァー(紙ジャケSHM-CD)
総額: ¥6,818
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1987/6/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Atlantic / Wea
  • ASIN: B000002IGP
  • EAN: 0075678014321
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 246,907位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
3:20
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
4:26
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
3:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
3:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
3:45
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
8
30
3:34
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
9
30
2:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
10
30
4:59
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 

商品の説明

Amazonレビュー

Along with Motley Crue, Quiet Riot and Twisted Sister, Ratt was one of the main players of the '80s glam metal movement. Although many of their songs lacked diversity and emotional poignancy, their guitarist Warren De Martini possessed the flash and technical ability to escalate the group above most of its peers. Out of the Cellar is by far the band's best record, but between the blazing solos and call-and-response choruses are many lackluster moments. What saves it from the bargain bin, however, is the quintessential metal anthem "Round and Round," one of the greatest three-or-so minutes in '80s rock. --Jon Wiederhorn


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
80年代といえば、ハードロックバンドを数多く輩出した時代。
Mötley Crüe、Nightranger、Bon Jovi…チャートを賑わしたロックバンドは数知れず。
中でもこのRATTのノリの良いハードでキャッチーなロックンロールは忘れ難い。
メジャーデビュー作である『Out of the Cellar』がいきなりのトリプルプラチナを獲得。
ナンバーワンバンドに上り詰めた。
30年以上経って聴いてみても、またまた聴き惚れてしまう名盤。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
リマスターは嬉しいのですが、ブックレットなどの写真の年代がバラバラ。バックジャケットはミニアルバム時と同じで何だかなだし、中身のレア写真はほぼ翌年のinvasion ツアーのモノだし、グループショットなんてdancing undercover 時代の写真。あまりにも酷い。ロックキャンディのリマスター盤のブックレットは、いつもこんなです。 まぁ、再発してくれただけで感謝してますが、少し溜め息ついてしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2004/1/19
形式: CD
3曲目だけを聴くために買っても、絶対に損はしないアルバムです。この曲のリフは今聴いてもシビレます。そして7曲目の重厚な響き。このアルバムがLAロックを象徴していた80年代は、勢いが先行した時代でした。そんな中で、対立し反発しながらも、こんな素晴らしいアルバムを作り上げた彼らの創造性は、本当に素晴らしかった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
L.A.メタル華やかなりし時代に咲いたあだ花、RATT。
このアルバムは彼らの記念すべきメジャー・デビュー・アルバムで、桁外れの大ヒットとなった作品。
このRATTサウンドを説明するには「とにかく聴いてみて」というしかない。
スティーヴン・パーシーのあまりにも独特な声質にフラッシーなギター、妙なノリのドライヴ感溢れるリズム。
その中でも好悪が分かれるのはパーシーの声なのではないだろうか。
狭い音域に限定された表現力。
彼の声はRATTサウンドを特徴付けるとともに、ある意味で足枷をはめてしまったように思う。
このアルバム以降RATTは音楽的成長とパーシーのVoのジレンマに苦しむことになる。
ともあれ"Round And Round"や"Morning After"といった名曲・代表曲の収められたこのアルバム。
L.A.メタルが最も輝いていた時代を知るためには欠かせない1枚だ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1984年、空前絶後のLAメタルブームの最中、最強の新人ハンドが突如、現れた。メンバーは全員派手なコスチュームを身にまとい、ビジュアル系の長髪に化粧という出で立ちながら、乗りのよいポップでキャッチーな楽曲に、テクニカルな泣きのツインギターといった斬新なスタイルがリスナーに大いに受け、モトリーと並んで産業的にも大成功を収めたRATTの華麗なるメジャーデビューアルバムである。今作品は、80年代のHR/HMシーンを語る上でも、まさに鉄板アルバムと言っても過言でない。そんな是非とも聴いて欲しい一枚である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 プロデューサーのボー・ヒル、一番の大仕事となった作品。自主制作ミニ・アルバムを経て発表された、メジャーでのファースト・アルバム。決して名プロデューサーとまでは言われない!?ボー・ヒル。しかし、彼の如何にもなアレンジに、当時参ってしまったキッズもたくさんいたハズ。僕もその一人だ。

 オープニングの(ラットの代表曲となった)「Wanted Man」のイントロ「ダダダァーン」の前に小さなSEの音。こういった細かい作業に参ってしまう(笑)。誰でも出来そうなのに・・・なんて摩訶不思議なへヴィーで怪しげな効果音なんだろう。曲も、それに見合った妖しげなミドル・チェーンだ。もちろん、HR/HMでリフが悪ければ話にならない。ソングライターとして、ロビンが絶好調!ソロ・パートはウォーレンが怪しげなソロ・プレイを披露する。

 ヴォーカルは批判も多い、オーヴァーダブしたアレンジが曲調を壊さず、素敵だ。ラットはスティーブンの存在なしには語れないが、ラット以外での活動を見る限り、プロデューサーのボー・ヒルの見誤りがあったのでは?。バックコーラスはライブで再現するのが困難な程、音量分厚く、処理されている。同じ手法でアレンジされた、デフ・レパードのアルバムと比べて、機械的な処理を施したバックコーラスである。

 ギター・サウンドが中心だが、テンポの
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック