New [12 inch Analog] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,700MP3アルバムを購入

New [12 inch Analog] Import

5つ星のうち 4.6 170件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,200 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,784より
Music商品とスピーカーがセットでお得
CD・音楽DVDなどとBluetoothスピーカーがセットでお得
CDや音楽DVDなど音楽商品とセットで買うとUEの防水・耐衝撃・高音質Bluetoothスピーカーが10%OFF。6/2まで。 セール会場はこちら

~アナログレコードストア~
各ジャンルのアナログレコードを販売中。アナログレコードをまとめてチェック。 アナログレコードストア


Amazon の ポール・マッカートニー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


よく一緒に購入されている商品

  • New [12 inch Analog]
  • +
  • Kisses on the Bottom -Deluxe-
  • +
  • ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造
総額: ¥6,446
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • LP Record (2013/12/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Hear Music
  • ASIN: B00EUS9JNW
  • EAN: 0888072348486
  • その他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 170件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 113,296位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

6年ぶりの通算16作目となるソロ・オリジナル・スタジオ・アルバムが登場

2013年11月12日~21日に11年ぶりの奇跡の来日公演が決定し、日本中の期待度マックスに高まる中、6年ぶり通算16作目となるソロ・オリジナル・スタジオ・アルバムが登場!

エ イミー・ワインハウス等を手掛けてきたトップ・プロデューサーのマーク・ロンソン、アデルのヒット・メーカーのポール・エプワース、キングス・オブ・レオ ンのコラボレーターのイーサン・ジョンズ、ジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンといった、気鋭の若手プロデューサー陣が名を連ね、 ポールが各プロデューサーのスタジオに赴き、“今”の自分が作りたい音を純粋に追求し、1年かけてじっくりと若き才能とともに完成させたという作品。

「楽 曲の性格が多種多様だね。もともとは試しに1曲を異なるプロデューサーで制作してみて、誰が今回のアルバムに向いているかを判断するつもりだったんだけ ど、結局みんな気に入ったので数曲ずつ全員と仕事をすることにしたんだ。みんな個性が素晴らしいし、全員アプローチが違うからね。」とポールは語る。

米 国Rolling Stone誌のインタビューでポールは「これは“バック・トゥ・ザ・ビートルズ・アルバム”なんだ」と語っており、エヴァーグリーンなビートルズの音楽的 エッセンスと2013年の新しいサウンドが融合した仕上がりが期待される。ファンにとっては、2013年待望の来日の直前に届いた、最高のプレゼントとな る。「まったく新しいショーにするから、楽しみにしておいてほしい。」とポールが語る来日公演に向けて、まさに絶好のタイミングでのリリースとなった。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
想像以上でした。

個人的にはMAF以降の『I Want to Come Home』や『My Valentine』などの渋いタイプの曲が大好きで、今回もそんな雰囲気のアルバムになるのかなと予想していましたが、ふたを開けてみれば『Memory Almost Full』、ひいては『Electric Arguments』に通ずる、かなりエモーショナルな作品になっていました。
特にPaul Epworthと共に作り上げたT1、T4、T12などは顕著でインプロヴィゼーションによる奔放な力強さが作品をリードしています。

サウンドは70年代前半の頃の感じがほのかにする中、それらを現代の音で再構成しているような印象です。生々しさとエレキな音色がうまく交じり合って、単純に今風というわけでもなく、かといって懐古的な音に偏っているわけでもない独特の雰囲気を醸し出しています。
そしてなんといっても、静と動を絡めた息をつかせない展開はまさしく圧巻で、それでいて作品自体は良い意味でとてもコンパクトにまとまっている気がしました。(コンパクト感はCD時代の作品の中では一番じゃないでしょうか?)このあたりはぜひともボーナストラックの入っていない輸入盤で味わいたいところです。

最後に、発売日にもかかわらずこの作品をゴミだとかやっつけ仕
...続きを読む ›
1 コメント 237人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
嫌味な書き方をしますと、日本人がいつまでもビートルズ、ビートルズと言っている間に、ポールは次々と新しい境地をみずから拓き、ビートルズからの脱皮を試みてきたように思います。それがファンの期待に背く事があっても。

日本では、今回も例のごとくポールの新作に「ビートルズ」を強引に絡めて宣伝されてきましたが、中身を聴いてみて、これらの作品に「ビートルズ」を感じられる人がどれだけいるのだろうかと、まず疑問が浮かんできますね。

“バック・トゥ・ザ・ビートルズ”という語句は、ポールがローリングストーン誌に語ったインタビューの記事から取られている言葉だと思いますが、これは完全な誤訳だと、これから買う人にはご忠告してしておきたいです。ポールは今作が一見まとまりがなく、散漫に思えるほどバラエティに富んだ作品になったことに“I thought back to the Beatles albums(ビートルズのアルバムを思い出す)”と語っただけであり、今作が「ビートルズ風」だとか、「ビートルズ回帰のアルバム」だなんて一言も語っていませんでした。

わざとか本気で間違えたのかは分かりませんが、こういう宣伝の仕方はビートルズやポールのファンを欺く、馬鹿にしたような行為だと思うので、今後考えて頂きたい物ですね。

ポールももう 7
...続きを読む ›
コメント 169人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
本作は、2013年11月2日付け全米アルバムチャート初登場で最高位3位を記録しました。
前妻ヘザー・ミルズとの関係がぎくしゃくする中2005年9月に発売された傑作アルバム Chaos And Creation In The Back Yard では、収録曲 Riding To Vanity Fair でヘザーへの不満を示唆するなど当時の心境を伺い知ることができます。
しかし、2008年のヘザー・ミルズとの離婚を経て、ナンシー・シェヴェルと2011年に結婚したことにより状況は一変。
ナンシーとの新たな生活は、心身共にリフレッシュしてポジティブで充実したものとなったことが、本作のタイトル・トラック NEW からも想像できます。
生活が"暗"から"明"へと変化する中で、ポールの創作は、再び攻めの姿勢へと転じていきます。
そのような状況下で制作された本作が、創作意欲の高まりとともに、とても充実した内容となったことは、あえて言うまでもありません。
インタビューの中で、Paul は、今回のアルバムについて次のように語っています。
「新しい曲、新しい試み、新しい姿勢、新しい演奏方法、すべてが新しい。」

11月の来日公演では、ボーナストラックを除く全12曲の中から次の4曲が演奏されました(カッコ内は公演での
...続きを読む ›
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アルバム『NEW』のデラックス・エディション(全14曲+シークレット・トラック)にDVDが付いた限定版の情報です。

本作は、カナダCBCテレビで放映された番組 A Rendez-vous with Paul McCartney(22分間)がボーナスDVDとして付いています。
内容は、ポールへのインタビューと OUT THERE TOUR の演奏シーンが交互に放映されます。
私が数えたところ演奏している曲は、22曲ありましたが、どの曲もインタビューの間に短く流れる程度です。
22分間に22曲の演奏が収録されていると言えば、だいたい想像できるでしょうか。

参考に、22曲の曲目は以下のとおりです。
1. Band On The Run
2. Eight Days A Week
3. Mull Of Kintyre
4. Honey Don't
5. Lady Madonna
6. Magical Mystery Tour
7. Ob-La-Di Ob-La-Da
8. (unknown)
9. We Can Work It Out
10. The Long And Winding Road
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック