Amazon Kindleでは、 Never Look Back (English Edition) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,401
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Never Look Back (英語) マスマーケット – 1993/1


すべての 6 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 45,540 ¥ 4,406
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 1,401
¥ 1,401 ¥ 4,824


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ボリコウスキーはブルガリア情報機関DSの職員である。変装の名人で、演技力と語学力には自信がある。今回の任務は、米政府が開発した画期的なエネルギー源の研究成果を盗むことだったが、つい母国語で罵声をあげたのがもとで計画変更が重なり、無用の殺人を犯してしまった。彼を兄の仇とつけ狙う米情報部の男も、身近に迫っているようだ。追う者と追われる者が錯綜する緊迫の二週間。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • マスマーケット: 310ページ
  • 出版社: St Martins Mass Market Paper; Reissue版 (1993/01)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0312929757
  • ISBN-13: 978-0312929756
  • 発売日: 1993/01
  • 商品パッケージの寸法: 10.8 x 2.1 x 17.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 2,152,262位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/10/25
形式: 文庫
原書は1985年に出版されたR・ピアスンの処女作である。もともとロック音楽の世界で
活躍していたピアスンだったが、1980年に作家への転向を決意、現在では多くのヒット
作を世に出す人気作家になっているようだ。だが本作品の出来はいいとは言えない。

"百の顔を持つ"といわれる腕利きのブルガリアのスパイ、ボリコウスキーがカナダに
入国する。その際、彼のうかつな失態によって、その事実が米加両国に知れてしまう。
ボリコウスキーの狙いを突き止めるため、SIA長官テリー・ストーンはボリコウスキーと
因縁のあるアンディ・クレイトンに事に当たらせるが、恐るべき計画が背後にあった。

この作家だが文体に妙な気取りがあって、それが筋を掴みにくくしているように思える。
クロスカッティングの手法で話が進むが何ともキレがなく、何が進行しているのか実に
分かりづらいぼんやり感がある。ふたりの主人公と女との小洒落た会話が長々と続く
のにも辟易。しかもそれらは本筋とはつながらないのだから尚更だ。設定にも無理が
感じられるし(カナダがモントリオールを除いて電話が不通になるとか)、興ざめな点が
多い。最後の三分の一くらいからアンディの追跡劇になり、ようやく熱を入れて読める
ようになったが、結末にも締まりが感じられず、なんとも空虚な寂寥感ばかりが残った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 8 件のカスタマーレビュー
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
more boring than stalled traffic 2001/8/12
投稿者 Roger - (Amazon.com)
形式: マスマーケット
Wow. I've enjoyed other Pearson books when I'm looking for a quick read, but this book was painful to finish. It seems at times to be parody of the international spy novel -- the character, dialoge and story lines are so cliche I found myself laughing out loud at times. I resorted to keeping this in my car to read only when stalled in traffic -- even then, sometimes the traffic was more interesting. Avoid this one.
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
couldn't finish 2001/5/22
投稿者 Ralph Adam Fine - (Amazon.com)
形式: マスマーケット Amazonで購入
normally love Pearson ... his books are taut -- good characters -- _realistic_ characters ... but not this time ... everyone in the US gov't is a brilliant patrician ... suave ... handsome .. cool ... and, oh yes, independently wealthy too! come on! not one likable character ... even the villain was one-dimensional ... tossed it after reading just a third of it -- even that was too much! ... not worth the effort -- quite annoying ...
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
SHOULD NOT HAVE READ "NEVER LOOK BACK" 2002/1/30
投稿者 Mac Blair - (Amazon.com)
形式: マスマーケット
This was a really waste of time for me. I have read all of the Lou Boldt series so I thought anything by Ridley Person would be good, boy, was I wrong. There were many, many boring pages, to much description of what I think was going on. So much was really unbelieveable. Clayton or what ever his code name is at the present time, is a superman, cannot be killed no matter what. Just an all around bad book for me. I did read it all thinking it had to get better, but it did not. Read something you know you like or some of the Lou Boldt books and leave this one alone.
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Quite unreal 2002/2/26
投稿者 chen man - (Amazon.com)
形式: マスマーケット
We gonna have patience while reading thick fiction!Never Look Back was extensively researched and the background(the place where the protagonists have moved to) was believable,too - Hostile,hungry and indigent folks staring at the main character while she plowed her way through the slum.What wasn't quite believable were the protagonists - I do not mean,people do not act like those fictitious people,predictable and one-dimensional characters only do average readers injustice.Perhaps "simpler"(I do not mean to belittle!)readers will share the protagonists' thoughts and ideas,but I guess average readers are always waited to be impressed ,or touched deep inside,let alone the critics' wants.
Never Look Back 2010/4/22
投稿者 Eugene J. Walden - (Amazon.com)
形式: マスマーケット
I have had no previous experience with any of Ridley Pearson's writings and maybe my mistake was in reading "Never Look Back" as a starter rather than as a finisher. I'm unable to compare this to any of his eight prior writings and seriously question whether I will bother to read any of them, but I won't say that positively.

I found the writing to be rather far-fetched and not too believable...maybe not even understandable. Some of the situations were totally unbelievable and bordered on the ridiculous. This writing is not rated highly by me, somewhat of a loser, actually. Sorry to be so negative.

E.J. Walden, author of "Operation Snow Owl"
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック