¥ 3,456
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Nagios統合監視[実践]リファレンス (Software Design plus) 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/25


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 1,200


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Nagios統合監視[実践]リファレンス (Software Design plus) + Zabbix統合監視徹底活用 ~複雑化・大規模化するインフラの一元管理 (Software Design plus) + 改訂版 Zabbix統合監視実践入門 ~障害通知、傾向分析、可視化による省力運用 (Software Design plus)
合計価格: ¥ 11,016

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

著者について

佐藤 省吾(さとう しょうご)
 株式会社エクストランスで10年近く監視・運用・ユーザサポートを担当。趣味は2人の娘と遊ぶことと山登り。自然が恋しい1975年生まれ。好きなエディタはVim(Linux)、vivi(Windows)、mi(Mac OS)。

●Team-Nagiosメンバー
成原 敬義(なりはら けいぎ)
 Team-Nagiosまとめ役。1983生まれ。映画の道に進もうと高校と大学は芸術系に進む。しかし、大学生のときに映像を作成しながらインターネットでの動画閲覧サイトの普及を肌で感じ、インターネットのインフラに興味を持つ。大学卒業後、ネットワークを学び入社。TwitterやFacebookにも手を出している。iPhoneユーザ。赤い眼鏡と赤いヘッドフォン装備☆ なお、Team-Nagiosの活動は(http://nagios.x-trans.jp/)にて。

岡田 茂伸(おかだ しげのぶ)
 自宅にサーバラックとネットワーク警告灯があり、自宅でも会社でもNagiosで監視中なエクストランス屈指のギーク。就寝中、自宅のNagiosからのアラートで起こされて対応することもしばしば。好きなエディタはEmacs。

竹島 健作(たけしま けんさく)
 1984年京都府生まれ。大阪学院大学を卒業後、エクストランスに新卒第1期生として入社。以降、サーバ、ネットワークの構築・運用に携わる。本書ではメイン設定ファイル、オブジェクト設定ファイルの一部を担当。趣味はネットサーフィン・アニメ。Nagios・Linuxについては、家でサーバ環境を構築し鋭意勉強中。

安井 秀憲(やすい ひでのり)
 アニメの影響でIT業界に憧れを抱き、新卒第2期生として入社。本書では紙面スペース的に取り上げられなかったNSClient++に詳しい。自転車をこよなく愛するスポーツマン。からいものが苦手。愛車はFELTのF85。

正橋 佳央理(まさはし かおり)
 Team-Nagios最年少。Nagiosに関わったのはこの1年半程。まだまだわからないことだらけで右往左往しているが、先輩方にフォローしていただきつつ日々成長中。それほど新し物好きではないが好奇心は旺盛な方といえるかもしれない。非常にマイペースでのんびりした性格。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 368ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2011/3/25)
  • ISBN-10: 4774145823
  • ISBN-13: 978-4774145822
  • 発売日: 2011/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 197,367位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 porcaroラブ 投稿日 2011/5/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
Nagiosに関する日本語の書籍は2006年に出ているものがありますが2011年5月
の時点で絶版です。プレミアがついているのかちょっと手が出せない値段が
ついてたりします。
運用でZabbix、Hinemosなども使ってますが、Nagiosも使いやすくて好きです。
Nagiosの導入についてはWebを調べればいくらでもあるのでそちらに任すとして、
この書籍のパラメータなど私にとって有意義でした。
技術評論社の本書の目次ページを見ていただくとわかりますが内容に無駄が
ありません。本書は2011年に出たばかりですので、これからNagiosを使おう
かな、あるいはすでに使ってるけど深く知りたいという方におすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 so- VINE メンバー 投稿日 2014/11/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
内容はどちらかと言うと、リファレンスです。なので、勉強会など行って他の方々がどういった使い方をしているのか学ぶ必要はあります。ただ単に設定を行っただけで監視とは言えないでしょうから。

残念なことに、Nagiosに関しての良書はこの本くらい。そもそもNagiosに関する本が少ないです。一時期、どこでも使われている様なソフトウェアだったのに、なんでだろう。。。と思いますが、そこが日本のIT人間達の閉塞的な部分かと思います。

この本でNagiosの設定方法や、注意点を理解して、まずは小規模から運用しましょう。
大規模でNagiosは死にます。まぁ、それがお仕事なら仕方ないと思いますが。。。大規模を監視するなら今はUIも良い感じの有料サービスがいくらでもあります。

そういったサービスへ移行するまでに、監視の基本というか、日本ではデファクトスタンダートになっているNagiosについて学んでおくのも良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他のレビュワーさんも書いていますが、「これ一冊」で nagios を理解して、設定して運用するのはかなり困難です。

パッケージをインストールした後、あなた自身が数日間フリーズします。しかしそのような情報は WEB 上に断片的にあるので、自分が慣れた方法で構築していくことは出来るでしょう。

その「一線」を超えられれば、本書はネットワーク管理者の手放せない一冊となります。Nagios 自体は高価で投資価値が理解できない出来合いの管理ツールではなく、プラモデルのように「自分で作って鍛え上げて」使いこなすツールです。本書はその一つ一つのパーツであるプラグインなどのコマンドについて俯瞰し、詳細に解説してある良書です。

まず、Nagios を実装できて「見える化」を実現して、次に本書をたよりに一つ一つのパーツを理解してより深くネットワーク管理を行うことです。

出来れば各設定ファイルの関連性、依存性、設定のサンプル事例、全体の概要などが本書にあると、Nagios 導入の敷居はもっと低くなるでしょう。その点は残念でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆうたま VINE メンバー 投稿日 2011/11/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
オープンソースの監視ツールの中で、Nagiosはユーザが多くインターネット上にも多くの情報がある。
したがって1つ1つわからないことをインターネット上から検索していけば事足りるのだが、いちいちそれをするのは面倒だし、体系的に設定を理解するには本書を読んだ方が絶対に早いと思う。そんな理由から本書を購入し、実際にその通りだった。
特にNagiosは設定次第で自由な監視を実現できるし、その設定を記述するためのルールを理解することが最も重要なため、設定の理解がまず必要となる。

しかし、物足りない点もあった。
Nagiosを立ち上げるための基盤、特にOSの設定に必要な情報が乏しかった。OSから新たに立ち上げる人にとっては、本書を読んでもそこでつまずくだろう。特にアラートをEメールで送信するには、メールを送信できる環境をOS設定とともに準備しなければならないため、かなり苦労した。
また、いくつかの設定ファイルの関係や、設定ファイルをつくる上での制約事項の情報が乏しかったため、動くと思った設定ファイルが実際にはエラーで動かない、といった事態が多発した。

あくまでも監視設定のリファレンスであり、Nagiosによる監視環境を構築するためのトータル的なガイドではないことを認識しておくべきだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック