中古品
¥ 1,000
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙は若干使用感があります。中は特に問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

NYCのシェアハウス~「共に住む家」の個性派インテリア 単行本 – 2009/2/20

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 900

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容説明

ニューヨークでは経済性とファッション性の両面から、高価な集合住宅などでの「シェアハウス」が新しいライフスタイルとして定着しつつあります。本書では、実際に「シェアハウス」を実践している約20組の方のインタビューを収録。また、インテリアを間取り図や写真を多数掲載してフォーカスしています。


■目次
・ニューヨークのシェアハウス
ニューヨークの住宅事情/ニューヨークの住宅/ニューヨークの「シェアハウス」とは/シェアの方法/ルームメイトの見つけ方/「共同住居」ということ
・ロフト・アパートメント編
ブッシュウィックの手づくりロフト/ベッドフォードの白い家/橋のたもとのアーティストロフト/ゼロから作る、木のロフト/住むことを楽しむシェアロフト/倉庫街のスケーターズロフト/人の集まる家に住む
・コラム
ジェントリフィケーション(高級化現象)によって進化する街/冷蔵庫に見るニューヨーカーの食生活/手軽にチェアを楽しむ
・アパートメント編
友人と住むレイルロード・アパートメント/ロウアーイスートサイドの小さなアパートメント/フラットブッシュのタウンハウスに住む/移民の街のアパートメント/ステューディオにふたりで住む/ニューヨークカルチャーが生まれる場所/ふつうの家に、ふつうに暮らす
・コラム
ニューヨークで見つけた個性派照明/インテリアを彩るマテリアル/洗濯はコインランドリー
・アパートメント編
クレイグズリストで見つけたシェアアパートメント/建築家が暮らす家/パートナーとふたりでつくる家/建物をシェアする「CO-OP」/ギャラリストたちのアートを楽しむ家/トライベッカのペントハウス
・おわりに
「共に住む」ために

内容(「BOOK」データベースより)

ブルックリン~マンハッタンのリアルなインテリアと暮らしがたっぷり!「共同居住の新しいかたち=シェアハウス」のヒント満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: エクスナレッジ (2009/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4767808499
  • ISBN-13: 978-4767808499
  • 発売日: 2009/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 620,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ふと手に取って、どこから開いても何度見ても飽きない本。
開くたびに、新しい目線やインテリアのヒントを発見。
冷蔵庫の中身拝見コーナー(笑)もあり、Offのくつろぎ生活感も伝わってくる。
これから自分の家を建てるため、間取り図も含めいろんなテイストを盗みたい・・・。

シェアハウスについて・・・住居・部屋・空間を、複数の他人が共有する・・・この感覚は、当初ピンと来なかった。
しかしこの本からは、まるで自らの持ち家みたいに、心地よく思うがままにカスタマイズされた部屋やインテリアが、イキイキした写真で目に飛び込んでくる。
築50〜100年経過した元工場やアパートメントが、こんなに心地よく楽しく、リメイク&シェア できるなんて!
主に、クリエイティブな職業かつ多人種なニューヨーカーをとりあげているせいか、同じ空間に住みながらも、きちんと自分を主張し、相手の表現を認めたり互いに刺激しあったり。

シェアハウス・・・日本にはまだまだありえない感覚が、新鮮!である。
コメント 7人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
今までありそうで無かった共同生活のインテリア本は資料的価値有り。
一過性のブームに捕らえられがちだが、日本の都心でもシェア物件の供給が微増しているように、これからは都市をサバイブする術として「シェアハウス」という選択肢も大いにありだなと考えさせられる1冊。NewYork発のシェア文化がどこまでTokyoで受け入れられるかは疑問だが。。
コメント 8人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
私がこの本を手に取ったのは発行してすぐでしたから、09年だったかと。
当時はインテリアの見本としてこの本を購入しました。

内容はといえば、家賃がそこまで高くない、
アーティストが多く住む地域のシェアハウスのインテリア、
そしてそこに住まう主とはどんな人なのかを丁寧に取材しています。

きっと地震の少ない国だからなのでしょうか。
築100年なんてざらの味のあるビル(得てしてだだっ広い!)に手をかけ
住みやすく、お洒落に暮らしているのをうらやましく眺めてました。
でも玄関で部屋に入ってすぐが檻状になっていたり(強盗対策?)
NYCらしさが散見されるのも、すごく興味深く熟読していました。

そして月日は流れ、12年。

改めて手に取ったとき、自分の中で『シェアハウス』というものを見る視点が
全く変わっていたことに驚きました。

震災を経て”絆”が尊ばれ、人口減少の傾向の中、東京都心でも空き家・空き部屋を活用すべく、
シェアハウスという住み方が当たり前になってきています。

そのなかでNYCというシェア先進地域で暮らす人々がどういった思いで、
どういった人生を歩もうとして
...続きを読む ›
コメント 3人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

関連商品を探す


フィードバック