Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
NO CALL NO LIFE
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

NO CALL NO LIFE [単行本]

壁井 ユカコ
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「時間を超えて電話が繋がるなんてこと、あると思う?」携帯電話に残された、見知らぬ男の子からの留守メッセージ。奇妙な間違い電話に引き寄せられて、東京湾に臨む埠頭で出会った有海と春川。17歳と19歳、オトナとコドモのあいだで押し潰されて行き場を失った2人の、それはあまりにも刹那的で欠陥だらけのつたない恋―。怖いものなんてなかった。無敵になった気分だった。明日地球に隕石が衝突して世界中の人類が滅んで2人きりになったって、困ることは何もないような気がした。

内容(「MARC」データベースより)

携帯電話に残された、見知らぬ男の子からの留守メッセージ。奇妙な間違い電話に引き寄せられて出会った有海と春川。17歳と19歳、オトナとコドモの間で押し潰されて行き場を失った2人の、刹那的で欠陥だらけの恋を描く。

登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/08)
  • ISBN-10: 4840235643
  • ISBN-13: 978-4840235648
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 684,380位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
20 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 青春サイダー☆ 2006/9/5
By シロ
形式:単行本
夏にぴったりの一冊。17歳の有海と19歳の春川のつたない、そして不安定な恋。力の抜けた十代の青年と少女を書かせたら壁井ユカコはピカイチではないでしょうか。目新しい設定はないのに、なぜか惹きこまれてしまう。おそらく作者の描写力のうまさが全てをカバーしているのでしょう。こんな小説があったらいいなと思い描いていた一冊。ある意味このジャンルの小説としては完成しているのでは?

また、ページをめくりラスト近づくにつれ、せつなさが増していくのがこの本の特徴です。イメージは墜落していくペットボトルのロケット。落ちてしまうとわかっているのに、見ていたい、そして、もしかしたら本当のロケットのように飛んでいくかもという希望と期待。

この作品は、まさに墜落するような恋をした青年と少女の青春ストーリーです。ラスト周辺では大方の読み手が「この二人の恋がうまくいきますように」と願わずにはいられなくなるでしょう。壁井ユカコ特有の痛せつなさにやきもきしますが、けして不快なやきもきではありません。とても綺麗な宝石箱をみせてもらった気分です。

ハードカバーで少しお値段も張りますが、装丁も綺麗で買って損はない作品だと思います。(あと読了してから本にちりばめられている挿し絵をみるともう一度せつない気分になります)
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ちょっぴり涙の恋 2006/8/12
By yui
形式:単行本
わたしは壁井さんの文章の雰囲気が凄く好きなので、発売を楽しみにしていました。

まず、キャラクターですが、主人公は17歳の女の子。章が変わると19歳の男の子の視点で描かれています。といっても、一人称ではありません。一人称ではないのに人物の描写がぐっと来ます。

幼い男の子の留守電がきっかけでこの二人は東京湾で出会います。ちょっと変わったところがある19歳の男の子はどことなく『キーリ』のハーヴェイとかぶってしまいます。女の子の方も……ちょっとだけ、キーリに似ているような。でもそこが壁井さんらしいなぁと。

最初は男の子の一方的な恋に振り回されていた女の子でしたが、彼の過去を探ることで、彼女もまた、不器用に恋をしていく…そんなお話です。

最後は涙腺がゆるんでしまいました。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 しみじみ 2006/10/2
形式:単行本
壁井先生の話はいつもしみじみさせてくれます。

今回もラストは良かったです。泣きそうでした。

この作品はしっかり句読点が打たれたりしていて以前の作品より読みやすくなったのではないかと思われます。

設定はというと、登場人物の設定がちょっと重いかもしれません。

壁井先生が擦り切れそうな恋という設定で話を作ろうとした結果でしょうが読むのが少し辛いところがありました。

多少の覚悟は必要です。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ドロドロ 2006/9/16
形式:単行本
帯にもあるように『擦り切れそうな恋をした』とありましたが、擦り切れそうじゃなく擦り切れてしまったのでは?といったところがありました。それと、擦り切れそうな恋と書いてありますので甘酸っぱい青春モノかと思いきや家庭内の問題がいろいろあってけっこうドロドロしてます。

話は最高にいいです。泣けます。壁井ユカコ先生のキーリからファンタジー要素を抜いたらこの作品になると思います。

共感できるところも多々あり、本当にいい作品だと思います。(大人からしてみれば主人公の二人はただのバカな子供なのかもしれませんが。)

ただし、キーリからファンタジー要素を抜いただけな感じがします。

同じ作者が同じジャンルのものを描いているので多少は仕方ないとは思いますが。ですのでキーリとは一味違った話を期待している人には物足りないかもしれません。ですので星5つのところを星4つにしました。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xa5c67ef4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック